日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ビジネスフォーカス:ナリコマグループ 独自ノウハウで高成長 高齢者施設特化給食の草分け

統計・分析 2019.03.22 11852号 09面

竹内美夫社長

 【関西】高齢者給食特化型給食事業を営むナリコマグループ。高齢者施設内調理が民間受託型給食へと変化を始めた約30年前から、高齢者に3度の食を毎日提供してきた。自社セントラルキッチン(CK)ではクックチル調理法もいち早く取り入れ、独自ノウハウで高品質で安全・安心なおいしい家庭の味の常食、ソフト食、ミキサー食、ゼリー食の4形態を提供。19年5月期業績は売上高280億円超(約15%増)を見込み、北九州市と神戸市に新CK建設も計画する竹内美夫代表取締役社長に話を聞いた。(深瀬雅代)

 ...続きを読む

外食