変革時代の組織育成(4)グローバル化待ったなし

総合 連載 2019.01.09 11817号 03面

 少子高齢化で日本市場が縮小するのは避けられない中、比較的ドメスティックに事業展開をしてきた食品業界も、グローバル化が避けられない時代となってきた。組織のグローバル化は待ったなしの課題である。  しかしながら、どんなところから手をつけたら良いのか、手探りの企業も多いのが現実だ。最近「グローバル人事人材が欲しい」というスカウトの要望を多数いただくのも、社内に経験者がいないことの証左であろう。  これから海外事業を始める、あるいは本格的に展開する、という場合、まずは採用である。新

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら