変革時代の組織育成(9)人事用語に見る昨今の課題

総合 連載 2019.06.12 11891号 03面

 最近タクシーに乗ると、後部座席の画面から流れてくる広告の圧倒的多数が人事分野のサービスに関する内容であることに驚く。採用、評価、転職、労務管理など、どの企業も人材や組織の課題に悩み、有効な解決策を模索している証拠だろう。  最近よく耳にするカタカナの人事用語からも昨今の人事課題が見えてくる。まずは「リファーラル採用」。エージェントを通さず、社員の紹介などで直接採用を行うものだ。社員を通して人柄やある程度の実力も把握しており、企業サイドのリスクは少なく、転職者にとっても知人を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら