昆布茶特集

昆布茶特集:北海道産昆布20年生産量 2年連続過去最低 21年も低水準予想

飲料 2021.10.06 12305号 13面
取引価格が年々上昇している北海道産昆布。原料環境は非常に厳しい

取引価格が年々上昇している北海道産昆布。原料環境は非常に厳しい

 北海道全域の漁業協同組合で構成される、北海道漁業協同組合連合会(北海道ぎょれん)による20年度(4~3月)の道産昆布の供給量(生産量)は、1万2873tと2年連続で過去最低の水準となった。21年度予想も約1万3000tと非常に低い水準となる見込みで、昆布茶業界でも引き続き厳しい原料環境が続いている。
 北海道産昆布は国内生産量の9割以上を占め、戦前は約5万t、戦後も3万t前後の生産量が堅持してきたが、海水温上昇や出漁回数の減少、高齢化・後継者問題、天

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 昆布茶特集

    飲料

     屈指の伝統産業として安定推移が続く昆布茶市場。日本独自の嗜好(しこう)品だが、かねてより料理用途の拡大が飲用需要の減少をカバーする構図が継続する。20年は新型コロナの影響による内食需要の増加で家庭内での料理用途と飲用需 […]

    詳細 >