ジャム特集

ジャム特集:信越食品工業 素材や仕立て方など試行錯誤を

菓子 2021.06.02 12237号 09面

 ヒット商品「りんごバター」など、「付加価値型の家庭用ジャムを充実させたい」と話すのは信越食品工業の雨宮宏和社長。「『りんごジャム』だけでは大きな売上げにつながらなかったものが、バター・スプレッドで“一人前”になった。素材との組み合わせ、仕立て方次第で、ヒットの可能性はまだある」と続ける。主要な取引先である百貨店や土産・物産品系チャネルが、長引くコロナ禍のダメージで苦しむ中、同社もこうした販路への売上げを落としているが、スーパーなど一般市場向けのアイテムが内食化を追い風に順調

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • ジャム特集

    ジャム特集

    菓子

     新型コロナウイルス感染症による内食需要の増加で、20年のジャム市場は拡大した。21年に入ると、需要急増の反動で、1~4月の累計では前年を下回って推移しているが、コロナ禍前の19年と比較すると市場は着実に成長している。2 […]

    詳細 >