野菜・野菜加工特集

野菜・野菜加工特集:「野菜のとり方早わかり」 栄養効率が良い摂取術を紹介

農産加工 2019.09.09 11938号 07面

 ビタミン、ミネラルなどの供給源である野菜。1日の摂取目標量「350g」は消費者へ野菜摂取を促す上で目安となる重要な数字だ。  しかし日本人の野菜の平均摂取量は288g(2017年国民健康・栄養調査)と、目標に比べ約60g少ないのが現状だ。管理栄養士の竹内冨貴子カロニック・ダイエットスタジオ代表は「適切な摂取量の訴求はもちろん大切だが、同じ350gでもどんな野菜を選び、どう調理し、組み合わせて食べるかにより摂取できる栄養素の種類や量は全く違う」と指摘する。  竹内氏と川端輝江

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 野菜・野菜加工特集

    野菜・野菜加工特集

    農産加工

     カット野菜などの野菜加工業界は、時短や簡便調理などのトレンドに加え、健康志向の高まりから好調な推移を続けている。サラダなどに用いられるカット野菜は惣菜のサラダ売場で一定の売場を確保し、炒め物や鍋調理用のカット野菜も市場 […]

    詳細 >