野菜・野菜加工特集

野菜・野菜加工特集:長印 水平垂直経営を目指す 野菜加工で高付加価値

農産加工 2019.09.09 11938号 08面
倉崎浩長印社長(左)と岩原一弘フレッシュベジ加工社長

倉崎浩長印社長(左)と岩原一弘フレッシュベジ加工社長

フレッシュべジ加工本社・工場

フレッシュべジ加工本社・工場

 長野県の青果物卸会社「長印」は、カット野菜・おやきの野菜加工で付加価値を高めた事業にも注力している。従来の産地から収集して卸という水平展開に加工・販売の垂直展開を加えた水平垂直経営を展開していく。(福島厚子)  同社は農協の取引以外にも個人生産者からも仕入れているという地域密着取引が特徴で、青果物を通過させるだけでなく、生産から販売までのストーリーを作る。ホテルのシェフから長野フェアなどの相談があると、長野の生産者を知り尽くした同社ならではの提案は好評だ。こうした単独の企画

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 野菜・野菜加工特集

    野菜・野菜加工特集

    農産加工

     カット野菜などの野菜加工業界は、時短や簡便調理などのトレンドに加え、健康志向の高まりから好調な推移を続けている。サラダなどに用いられるカット野菜は惣菜のサラダ売場で一定の売場を確保し、炒め物や鍋調理用のカット野菜も市場 […]

    詳細 >