FABEX関西2020特集

FABEX関西2020特集:バイヤーズデスク 調理済み冷凍加工品が好評 缶詰にも引き合い

総合 2020.11.11 12145号 09面

 予約制個別商談を行う「バイヤーズデスク」では、3日間で合計318件の商談が行われた。参加バイヤーは33社。内訳は、外食11社、カフェ1社、ベーカリー2社、洋和菓子3社、商社・卸4社、中食5社、百貨店1社、ホテル3社、その他3社。問屋やスーパーマーケットの仕入れ担当など5社のバイヤーと商談を行った水産系企業担当者は、「熱心に話を聞いてくれるバイヤーの姿勢に感謝の気持ちがいっぱいだ。ひと手間をかけるだけでおいしくなるよう調理した冷凍加工魚シリーズも好評だったが、缶詰製品が最近は

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • FABEX関西2020特集

    FABEX関西2020特集

    総合

     日本食糧新聞社は、関西唯一で最大の業務用食品・食材・機器・容器の総合見本市「FABEX関西2020」を10月28~30の3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪1、2号館で開催。新型コロナウイルス感染拡大後の主要な食品 […]

    詳細 >