FABEX関西2020特集

FABEX関西2020特集:ビジネス復活の好機に

総合 2020.11.11 12145号 08面
SDGsを掲げたブース。ポプラや竹など天然素材が原料の容器を提案

SDGsを掲げたブース。ポプラや竹など天然素材が原料の容器を提案

 今回の「FABEX関西」は、さまざまな新型コロナウイルス感染防止対策と事前来場登録を推奨するなど感染リスクを抑える手法を取り入れ開催した。
 海外・国内ともに新型コロナ感染症の影響は大きく、出展規模は314社・431小間、来場者も昨年に比べ規模が減少。しかし、出展社からは「冷やかしや付き合いでの来場が少なく、意図を持って情報収集している人が多い」「昨年に比べ、ブースを訪問する人数は減ったが、問屋やスーパーマーケットのバイヤーが多く、しっかり商談できる

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • FABEX関西2020特集

    FABEX関西2020特集

    総合

     日本食糧新聞社は、関西唯一で最大の業務用食品・食材・機器・容器の総合見本市「FABEX関西2020」を10月28~30の3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪1、2号館で開催。新型コロナウイルス感染拡大後の主要な食品 […]

    詳細 >