野菜・野菜加工特集

農産加工 2019.09.17
野菜・野菜加工特集

 カット野菜などの野菜加工業界は、時短や簡便調理などのトレンドに加え、健康志向の高まりから好調な推移を続けている。サラダなどに用いられるカット野菜は惣菜のサラダ売場で一定の売場を確保し、炒め物や鍋調理用のカット野菜も市場で着実に地位を築いている。また、最近はニンニクやショウガなどで、生鮮からチューブタイプへの移行が続いている。エスビー食品に続き、ハウス食品もチューブタイプで大容量タイプを発売。生鮮の代替需要として今後も成長が見込まれる。野菜や野菜加工業界はその新鮮さや健康イメージに加え、簡便性を訴求したさまざまな商品が市場をにぎわせていることから、今後も大きな成長が見込まれる。(高木義徳)