今日は何の日

5月4日。今日はラムネの日

1872年5月4日に東京の実業家・千葉勝五郎がラムネの製造販売の許可を取得したことに由来する。

飲料 今日のキーワード: 炭酸

日本でラムネを製造しはじめたのは別の人物

1865(慶応元)年長崎の商人藤瀬半兵衛氏がラムネの製造を学び、レモン水と名づけて販売したが、この名前は使われずラムネといった。ラムネという名称はレモネードが「ラムネ」となったといわれる。1874 (明治17)年に、大阪で初めてラムネの製造をしたのは洋酒の製造に従事していた橋本清三郎氏であったといわれる。玉びん、いわゆる玉ラムネが流行しだしたのは1888年頃からで、1890年東京本所の洋水社により日本人によるラムネの商業化がされ、各地で製造が行われるようになった。

1863(文久3)年に、わが国での清涼飲料の製造元祖ともよばれる英国人ノースレー氏は横浜で「ノース・アンド・レー商会」を開業し、1868(明治元)年横浜居留地でレモネード、ジンジャーエール、ミネラルトニック、シャンペン、サイダーなどを製造した。また1884年摂津の国平野郷で三菱鉱泉平野水のびん詰を始めている。その後三ツ矢サイダーが1905(明治38)年、リボンシトロンが1909年、キリンレモンは1928年に登場、透明炭酸は清涼飲料の一大カテゴリーとして台頭していく。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(一般財団法人 日本清涼飲料検査協会、久保喜寛))

大塚食品「マイサイズ」 食事による健康管理をサポート
2021.05.18
デニーズとロイヤルホスト、食品ロス削減で協働 持ち帰り実証実験に着手
2021.05.18
農産品販売ベンチャーの坂ノ途中 ハウス食品、味の素社などから資金調達
2021.05.18
CJ、「美酢」が年間1000万本突破 韓国発果実酢が再ブーム
2021.05.18
幸南食糧、「農産物加工協会」設立 加工や販売先と連携、6次産業化支援
2021.05.18

タイアップ企画広告一覧

デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉