今日は何の日

6月5日。今日はデンマークの憲法記念日

6月5日はデンマークの憲法記念日。デンマークは酪農や畜産業が盛んである。

乳肉・油脂 今日のキーワード: チーズ

先覚者がデンマークで学んだ酪農

チーズの民間製造の歴史はバター、練乳にくらべてはるかに新しい。

トラピスト修道院(北海道・ 湯ノ川)の女子部では、1904 (明治37)年頃、ソフトチーズやゴーダ系のブリックチーズを造った。当別の男子部の方でもやや遅れてゴーダチーズを製造し、1955年頃まで続けていた。

出納農場の出納陽一は北海道酪農の先覚者、宇都宮仙太郎の娘婿である。宇都宮は1890(明治23)年にアメリカでチーズ製造を学び、1911(明治44)年日本でわずかにチーズを造った。一方、出納はデンマークで酪農を学び、1925年にチーズの製造を始めた。つまり、宇都宮のチーズ造りを引き継いだことにな る。1928(昭和3年)、北海道製酪販売組合連合会(現雪印メグミルク(株)がチーズの試作を開始し、翌年の1929年に4,930ポンド(2,033kg)のブリックチーズを製造、ピメントを加えてスプレッドタイプの瓶入りチーズを発売した。その後1932(昭和7)年、北海道遠浅地区にチーズ専門工場を設立、1934(昭和9)年にプロセスチーズ450gを発売した。当時の生産量はわずかに20~30tであった。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:林 弘通))

平和食品工業、業務用小袋ラーメンスープに新商品 個食対応で新スタイル提案
2020.07.02
西友、大人の野菜克服レシピ 青果の販促策で提案
2020.07.02
白子、ギフトが久しぶりに回復 前期連結は赤字
2020.07.02
国分グループ本社、缶詰付き歴史マガジンを発売 デアゴスティーニ社とコラボ
2020.07.02
サプリメント的オイル、ブームから定着へ 第3の付加価値カテゴリーに
2020.07.02

タイアップ企画広告一覧

HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル