菓子秋需戦略特集

菓子秋需戦略特集:明治 コロナ禍で消費者ニーズ変化 「ザ・チョコレート」刷新

菓子 2020.10.26 12136号 06面

 明治の20年秋冬期の取組みは、コロナ禍で日本の消費者の意識は、自身の健康への不安を他国以上に感じており、消費者が企業に求めていることは、「安全・安心な商品・サービスを提供することである」との分析の下、こうしたことを踏まえ、(1)個人で愉しむ癒し・ストレス解放=こだわり・プチ贅沢・ご褒美・我慢しない・からだにイイコト(2)家族で楽しむおうち時間の活性化=ハロウィン・すごもり施策(3)誰かとつながる。同じ気持ちを共有する=オンライン交流。大切な人に伝える=感謝・リコメンド--の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 菓子秋需戦略特集

    菓子秋需戦略特集

    菓子

     菓子が、需要期を迎えた。コロナ禍による新しい生活様式の下、各社商戦に挑む。コロナ禍での菓子の需要がカテゴリーで明暗分かれた。食事代替となる、ビスケット、スナック菓子は、2月以降の巣ごもり需要の増加で、売上げは大幅に伸長 […]

    詳細 >