菓子秋需戦略特集

菓子秋需戦略特集:森永製菓 SDGs対応、原点に返り商品開発提案

菓子 2020.10.26 12136号 07面

 森永製菓の20年秋冬マーケティング方針は、コロナ禍だからこそ企業ビジョンの「おいしくたのしくすこやかに」という原点に立ち返った、商品開発、提案を各ブランドごとに行う。具体的には、企業ビジョンを「笑顔」「健康」「SDGs」をキーワードに置き換える。「笑顔」では、「ハイチュウ」でなにわ男子による「ハイチュウドウゾ」のコミュニケーションを展開し菓子ならではの楽しさを訴求。「健康」では、8月にシールド乳酸菌使用の商品として、「シールド乳酸菌ベイクドチョコレート」「シールド乳酸菌タブ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 菓子秋需戦略特集

    菓子秋需戦略特集

    菓子

     菓子が、需要期を迎えた。コロナ禍による新しい生活様式の下、各社商戦に挑む。コロナ禍での菓子の需要がカテゴリーで明暗分かれた。食事代替となる、ビスケット、スナック菓子は、2月以降の巣ごもり需要の増加で、売上げは大幅に伸長 […]

    詳細 >