日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

プラ容器再商品化 44団体が入札の優先枠撤廃要望 単価高止まりで

その他 2018.06.22 11720号 01面

 プラスチック製容器包装のリサイクル(再商品化)委託先を決める入札制度で、材料へのリサイクルに設けた優先枠が落札単価の高止まりを招いている。入札制度が16年12月に突然変更され、競争環境が低下した結果だとして、食品産業センターなど食品産業に関連する44団体は、環境負荷低減と社会全体のコスト低減を図るとした規制改革会議や産業構造審議会の方針に反すると主張、同優先枠の撤廃など入札制度の見直しを強く求めていく。(川崎博之)

 要望の柱となるのは、同優先枠撤廃のほか、競争環境の整備、入...続きを読む

  • その他

    プラ容器再商品化 44団体が入札の優先枠撤廃要望 単価高止まりで(2018.06.22)

     プラスチック製容器包装のリサイクル(再商品化)委託先を決める入札制度で、材料へのリサイクルに設けた優先枠が落札単価の高止まりを招いている。入札制度が16年12月に突然変更され、競争環境が低下した結果だとして、食品産業センターなど食品…

  • 乳肉・油脂

    パシフィコ横浜で開いた総合展示会「フードショー2018」の自社オリジナル商品ブースで提案

    三井食品、コレステロール95%カットのチーズ代替品発売 ヘルシーで低コスト(2018.06.22)

     三井食品は植物油脂を使用し、市場の標準品よりコレステロールを95%カットしたイミテーションチーズを発売する。昨今の健康志向をとらえたヘルシーな設計に加え、通常のチーズに比べ低コスト、冷めても固くなりにくいといった特性を訴求し、食品ス…

  • 味噌・醤油

    6月13日にCoCoLo長岡で試食会を実施し、味噌の新たな需要喚起へ意欲を示す柳和子代表取締役

    味噌屋が本格ピザ販売 柳醸造、生存かけ起爆剤に(2018.06.22)

     【新潟】味噌や漬物を展開する柳醸造は6月から、味噌をソースにブレンドした薪釜焼きの本格ピザ3品を発売した。柳和子代表取締役は「毎年消費が1~2割減少する危機感から若い人にも味噌を手にとってもらいたい」と味噌屋の生き残りをかけた開発の…

  • 農産加工

    神明・トオツカ、「大粒ダイヤ」作付け拡大 コメ需要回復へ(2018.06.22)

     コメ卸最大手の神明とトオツカ種苗園芸(トオツカ)は20日、良食味多収穫品種「大粒ダイヤ」の作付け拡大に向けた共同取組みで合意した。今後両社は、作付けから集荷、販売まで一元的に取り組む。生産者収入の安定化や、実需ニーズに合致した良質米…

  • その他

    日本公庫、大阪府内全支店に相談窓口を設置 大阪北部地震(2018.06.22)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)は18日に発生した大阪府北部を震源とする地震で被害を受けた大阪府内に事業所を有する中小企業・小規模事業者を対象に同日、「平成30年大阪府北部を震源とする地震に係る災害に関する特別相談窓口」を大阪府…

  • 乳肉・油脂

    AOPバター使用・添加物表示の「シャラント」で提案する「ブロワイエ・デュ・ポワトゥー」。商品名にも関したバター名産地の伝統菓子

    ミヨシ油脂、「レス」ニーズに対応 AOPバター使用、乳アレルゲンフリーなど(2018.06.22)

     ミヨシ油脂は今夏、業務用加工油脂の今季新製品群を展開する。6月から順次、「こだわり素材で『レス』ニーズに対応」をコンセプトとするマーガリン・加工油脂を提案。仏産AOP認証発酵バター使用の添加物表示不要のコンパウンド「シャラント」や、…

  • その他

    正社員職種別年収ランキング2018 食品工場長12位に 求人検索エンジンのスタンバイ(2018.06.22)

     会員制転職サイトなどを展開するビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」は19日、「正社員職種別年収ランキング2018(提示年収の中央値ベスト30)」を発表した。「食品工場長」が12位にランクインした。同ランキングは、「スタ…

  • 飲料

    日清食品、「奇跡のモリンガ青汁」発売 有機JAS認定農場で栽培(2018.06.22)

     日清食品は、次世代スーパーフードとして注目を浴びる“モリンガ”を使用した「奇跡のモリンガ青汁」=写真=を18日から日清食品グループオンラインストアで新発売した。

     同社は「美健賢食」(美しく健康なカラダは賢い食生活から)…

  • 酒類

    最後発の「クリアセブン」は、食事に合うキレのよい後味が特徴

    高アル新ジャンル、競争激化 アサヒビール参戦、今夏4社揃う(2018.06.22)

     高アルコール度数のビール系新ジャンル市場で今夏、大手4社が火花を散らす。最後発のアサヒビールが主力ブランド「クリアアサヒ」からアルコール度数7%の「クリアセブン」を7月3日に発売する。26年までに酒税率の一本化が予定されているビール…

  • 農産加工

    木村良理事長

    全国米穀販売事業共済協同組合、コメ需要拡大へ具体策(2018.06.22)

     米穀卸売業者が組織する全国団体、全国米穀販売事業共済協同組合(全米販)は今期、コメ需要拡大取組みに具体的に乗り出す。ネット通販への本格参入や、組合員を対象に、ご飯食の有用性などに関する知識の習得機会を設ける。「コメの需要が年間8万t…

  • 水産加工

    日本水産、ESG投資に適格 今年も構成銘柄に(2018.06.22)

     日本水産(ニッスイ)は、急増中のESG(環境・社会・ガバナンス)投資に適格であることを意味する「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、昨年に引き続き今年も選定された。同インデックスは損保ジャパン日本興亜アセットマネジ…

  • 菓子

    小高愛二郎理事長

    全日本菓子輸出促進協議会、「規制緩和」に期待 中国の日本食輸入(2018.06.22)

     菓子の輸出促進を図る全日本菓子輸出促進協議会の小高愛二郎理事長は、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故による中国などによる食品輸入規制について、「農林水産省が対処いただき、中国の輸入規制緩和について前進が見られると聞いている」…

  • 農産加工

    左から鶴保庸介参議院議員、二階俊博幹事長、林幹雄衆議院議員、小渕優子衆議院議員

    梅振興議員連盟、決議案を採択 「梅」を学校給食に(2018.06.22)

     「第22回梅振興議員連盟総会」が13日、参議院議員会館講堂で開催された。前年総会での、梅の健康効果を立証し消費拡大を図るなどの議決内容に対し、農林水産省が特徴ある品種のラインアップによる需要拡大に取り組んでいることなど対応を報告した…

  • 乳肉・油脂

    平野敏樹社長

    マルイチ産商、「信州白樺若牛」発売 赤身訴求の新ブランド(2018.06.22)

     【長野】マルイチ産商は新たなブランド牛「信州白樺若牛(わかうし)」を14日、発売した。「豪州生まれ、信州育ちの肉専用種」(同社)で、健康志向などを背景に消費者ニーズが高まっている赤身肉のうまみと軟らかさが特徴。飼育コストを抑えること…

  • 酒類

    左から高島英也サッポロビール社長、猪森聡彦1等海佐、滝川伸輔千葉県副知事、松戸徹船橋市長、天野仁工場長

    サッポロビール、千葉工場30周年で「黒ラベルツアー」刷新(2018.06.22)

     サッポロビールは、千葉工場(天野仁工場長)の30周年を記念し、工場見学の「黒ラベルツアー」を全面的に刷新、工場の竣工日である20日から一般公開を再開した。

     同工場はサッポロの最大の製造工場であるとともに、主力ビール「黒…

  • 酒類

    (左から)イタリア大使館貿易促進部のアリスティデ・マルテッリーニ氏、マリア・パトリツィア・ニエーロ副会長、フランチェスコ・ミネッティ氏

    イタリア大使館貿易促進部、ソアーヴェワインをPR 13年から急成長(2018.06.22)

     イタリア大使館貿易促進部は7日、東京・青山の同促進部事務所で、イタリア白ワインの雄ソアーヴェの試飲プロモーションを実施した。同ワインの紹介はソアーヴェワイン保護協会のマリア・パトリツィア・ニエーロ副会長が行い、PR担当のフランチェス…

  • 調味

    日清オイリオグループ、「はずせるニュートンキャップ」開発 取り外し可能に(2018.06.22)

     日清オイリオグループは、ドレッシングの一部商品に採用していた開けやすく使用量が調整しやすい「ニュートンキャップ」をこのほど改良、取り外しが可能な「はずせるニュートンキャップ」を開発し、5月末から順次切り替えを進めている。

  • 機械・資材・IT

    レンゴー、第42回木下賞「包装技術賞」受賞(2018.06.22)

     レンゴーはこのほど、日本包装技術協会主催「第42回木下賞」において、低摩擦段ボール「コスレン」で「包装技術賞」を受賞した。

     コスレンは、輸送中の振動によって段ボール箱と内容品との摩擦で発生する包装フィルムのピンホールや…

  • 乳肉・油脂

    ユーグレナ社の渡邉翔太氏

    ユーグレナ社、比内地鶏うまみ向上へ ユーグレナ・クロレラで飼育(2018.06.22)

     ユーグレナ社は、タンパク質をはじめとした豊富な栄養素をもつユーグレナやクロレラの飼料活用研究を進めているが、研究の一環として実施した、秋田県名産の比内地鶏にユーグレナ粉末とクロレラ粉末を飼料として与える試験で、肉質のうまみや脂の色味…

  • 調味

    じゃこときくらげのサッパリおかか

    タマノイ酢、コラボで酢を啓もう 薬膳への取組みも(2018.06.22)

     【関西】タマノイ酢は、ラーメン店や惣菜開発、イベントなど、多彩な切り口のコラボで主力商品の酢や、同社がかねてより注力する薬膳の取組みを、広く啓もうしている。

     同社主力商品の酢では、ラーメンチェーン店の麺屋武蔵とコラボし…