日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

原料高騰で食品容器の価格改定相次ぐ、弁当・惣菜業界に打撃

機械・資材・IT 2018.04.20 11691号 01面

大手スーパーの惣菜売場。プラスチック製容器の製造コストが急騰している

 プラスチック製の食品容器の値上げが相次いでいる。弁当や惣菜容器、食品トレーなどに使用するPET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂やポリスチレン、ポリプロピレンなどの合成樹脂原料の価格が高騰しているため。段ボールや梱包(こんぽう)資材費、物流費の上昇も追い打ちをかけた。供給メーカー各社は4月以降、順次10%以上の価格改定に踏み切ったが、値上げが浸透すれば最終的にスーパーやコンビニエンスストアの店頭価格に影響が出る可能性がある。

 (涌井実)

 食品トレー、弁当・惣菜容器最大手のエ...続きを読む