日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マルトモ、「家庭用かつお製品」を9月に価格改定

水産加工 2017.07.21 11560号 01面

 【中国】マルトモは、「家庭用かつお製品」の価格改定を9月1日出荷分から実施することを発表した。主原料のカツオが国際的な漁獲規制や主要漁場の世界的不漁の影響から、現在でも高値のまま推移。国内の鰹節原料は、非常にタイトな需給状況を反映して高値が継続しており、今後も漁獲コストの高騰や漁獲量不足により価格下落は見込めない状況となっている。

 デフレ環境が続く中で、同社も業務の合理化や効率化など企業努力を続けてきたが、吸収できる限界を超え、現状価格を維持することが困難な状況となっており...続きを読む