日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 小売

    セブンイレブン、西日本高速道路管内に20店(2018.02.14)

     セブン-イレブン・ジャパンは、4月下旬をめどに西日本高速道路管内のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)内計20ヵ所に店をオープンする。開店するのは名神高速道路、近畿自動車道、中国自動車道、山陽自動車道、高松自動車道、徳島…

  • 味噌・醤油

    17年味噌出荷、底打ち前年維持 格差拡大も回復の兆し(2018.02.09)

     味噌の出荷量の減退が底を打ち、業界ではV字回復への期待が高まっている。全国47組合887社が加盟する全国味噌工業協同組合連合会によると、17年の累計出荷量は40万9583tで前年並みを維持した。業界団体が進めるPR施策が奏功したこと…

  • その他

    GFSI、日本初の世界食品安全会議を開催(2018.02.09)

     世界食品安全イニシアチブ(GFSI)は、3月5~8日の4日間、グランドニッコー台場東京(東京都港区)で年次会議「世界食品安全会議2018(http://www.tcgffoodsafety.com/ja/)」を開催する。日本で初めて…

  • 調味

    新商品をPRする平田伸行マーケティング部部長

    ハナマルキ、即席スープに参入 簡便・本格・徳用で市場深耕(2018.02.09)

     ハナマルキは即席スープ市場に参入する。拡大するスープ市場で簡便・本格・徳用をキーワードに、味噌汁で実績のあるシジミを使用した商品を投入する。拡大が続くスープ市場を深耕するのが狙い。7日に東京本社で行われた新商品発表会では、香りに焦点…

  • 乳肉・油脂

    馬瀬紀夫社長

    ハーゲンダッツジャパン、売上げ3%増計画 群馬工場に新棟建設も(2018.02.09)

     ハーゲンダッツジャパンは1日、本社(東京都目黒区)で18年度(18年1~12月)の事業計画を公表し、売上げ目標に前年比3%増の543億円を掲げた。また、17年度の売上げは、前年比5%増の527億円だったと報告した。ミニカップ「バニラ…

  • 調味

    新商品を手にする林孝昌 氏(左)と山本彩乃氏

    キユーピー、新サラダスタイル提案 “塩”で新需要を(2018.02.09)

     キユーピーは今春、“塩”でスタイリッシュに楽しむ新スタイルのサラダを提案する。16日発売の粉末タイプ野菜調味料新シリーズ「サラダソルト」(3品・後日詳細)を通じ、シンプルな食べ方で野菜本来の魅力の楽しむサラダスタイルを広く訴求する。…

  • 乳肉・油脂

    板橋登志雄常務

    雪印メグミルク、春の新商品発表 マーガリン類一新(2018.02.09)

     雪印メグミルクは1日、リーガロイヤルホテル東京(東京都新宿区)で春季新商品発表会を開催し、新商品27品、改良品33品を披露した。「健康とおいしさを選べる喜びを、あなたに!」をキーフレーズに「健康」と「おいしさ」を両立する充実の60商…

  • 酒類

    サントリービール、「頂〈極上ZERO〉」発売 高アルコールと糖質ゼロを両立(2018.02.09)

     サントリービールは高アルコール度数と糖質ゼロを両立したビール系新ジャンル「頂〈極上ZERO〉」(写真)を4月17日に発売する。

     「アルコール度数7%と糖質ゼロを兼ね備えた商品は、ビール類でも新ジャンルでも史上初」(同社…

  • 小売

    Eストアー、横浜信用金庫とEC拡大で協業(2018.02.09)

     電子商取引(EC)サイトの構築と運営を支援するEストアーは5日、横浜信用金庫との業務提携を発表した。横浜信用金庫の顧客を対象に、EC事業の提案や運営サポートを行う。

     Eストアーが支援するのは企業の独自ECサイトで、これ…

  • 酒類

    日本酒造組合中央会、海外業務の委託者募集(2018.02.09)

     日本酒造組合中央会は海外でのイベント開催やPR活動などを行う業務委託者を募集している。対象は業務の責任者と補助者で人数は若干名。英語力や文章作成の能力が必要。酒類の知識を持った流通などの実務経験者が望ましい。期間は18年度の予算成立…

  • 酒類

    竹内博史本部長

    キリングループ18年近畿圏方針 ビール類0.8%増目指す(2018.02.09)

     【関西】18年度のキリングループ近畿圏事業方針発表会が1日、ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)で開催された。キリンビールは、ビール、発泡酒、新ジャンルを合わせたビール類の近畿圏における販売数量を前年比0.8%増を目標とすることを発…

  • その他

    博覧会で抗糖化を伝える久保雅信社長、食品原料は人気のトビウオやアオサも供給する

    サニーフーズ、抗糖化でコトマーケティング(2018.02.09)

     永谷園グループの原料メーカーであるサニーフーズは、抗糖化のコトマーケティングを始めた。産官学の連携を深め、青汁が老化の加速を防ぐと伝える。食物繊維が豊富なクマザサの販売を始め、主力品である国産大麦若葉の供給量を増やす。東京都江東区で…

  • 小売

    ローソンは研究施設内でも電子タグを実験している

    経産省、CVSで電子タグ実験 在庫情報共有化を検証(2018.02.09)

     経済産業省はファミリーマート、ローソン、ミニストップと協力し、14~23日まで電子タグ(RFID)を使って、在庫情報をサプライチェーンで共有する実証実験を始める。実験は昨年に策定の「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」に基づくもので、…

  • 外食

    支付宝、決済可能店舗大幅に拡大 ゼンショー傘下店(2018.02.09)

     ゼンショーホールディングス傘下の牛丼チェーン「すき家」、回転寿司チェーン「はま寿司」、和食専門レストランチェーン「華屋与兵衛」は1月31日から、中国最大のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ・Alipay)」での決済可能店舗を36…

  • 飲料

    氷点下自販機を背にする岸上克彦社長

    アサヒ飲料18年方針 「財務的価値」と「社会的価値」向上軸に成長目指す(2018.02.09)

     アサヒ飲料は、18年「商品力強化による成長」と「更なる収益構造の改革」の実現を目指す。「商品力強化による成長」として「重点6ブランドへの集中した資源投資」「健康を軸とした商品開発」の二つの軸で取り組む。また、最適な生産体制の構築を目…

  • 飲料

    ジュピターインターナショナル、仏ミネラルウオーター「コントレックス」販売(2018.02.09)

     【関西】ジュピターインターナショナルコーポレーション(神戸市)と、ネスレウォーターズ マーケティング&ディストリビューション(フランス)は1日、ナチュラルミネラルウオーター「コントレックス」(1.5L=写真、500ml)に関して、従…

  • 機械・資材・IT

    シャーベットアイスで0度Cをキープし、平戸魚市からの高鮮度流通を実現している

    高砂熱学工業、水産物流通に本腰 海水シャーベットアイス活用で高鮮度輸送実現(2018.02.09)

     空調設備を軸に、ビルや工場などの設計、施工、メンテナンスまで総合的システムエンジニアリングを手掛ける高砂熱学工業は、今春から水産物の高鮮度流通事業を本格化させる。

     同社の得意とする氷蓄熱空調システム技術を応用し、海水シ…

  • 外食

    金谷実すかいらーく常務(左)と庄司啓太郎スタディスト取締役

    すかいらーく、顧客満足度向上を 「Teachme Biz」全店舗へ順次導入(2018.02.09)

     すかいらーくは、スタディストが有償提供するマニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)」を2017年10月に「ガスト」約1367店舗に導入。今後、「バーミヤン」「ジョナサン」などグループ全ブラン…

  • その他

    優良事業者表彰を受けた15業者

    輸出に取り組む優良事業者表彰式 農林水産大臣賞にスギヨなど5事業者(2018.02.09)

     農林水産省は2日、東京都内で「平成29年度輸出に取り組む優良事業者表彰式」を開催した。農水省は、農林水産物・食品輸出の優良な事例を広く紹介し、輸出を促進するため16年度から事業者表彰を始め、今回は2回目となる。

     最優秀…

  • 農産加工

    雑賀慶二社長

    東洋ライス、コーポレートスローガン制定(2018.02.09)

     東洋ライスは1月31日、コーポレートスローガン「人も自然もすこやかに」を制定した。同社は健康米の開発に注力し、でんぷん層と糠(ぬか)層の間にある「亜糊粉層」と胚芽基底部を残すことで、栄養と良食味を両立させた「金芽米」、玄米表面のロウ…