日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 小売

    川野澄人社長

    ヤオコー、都市型小型店で別屋号を検討 高販売効率へ(2017.05.17)

     ヤオコーは今秋に東京都内に出店予定の300坪型(990平方m)の都市型小型店について別屋号で展開する考えを示した。従来の郊外型標準店とは一線を画する店づくりのため、それとは別の屋号を検討する。小型店でも高い販売効率を目指し、品揃えは…

  • 小売

    いなげや、グループでコラボ店実験 ドラッグストア・上質SMと(2017.05.17)

     いなげやは、グループ会社と連携した業態開発に挑戦する。いなげやが食品を、グループのドラッグストアのウェルパークと役割分担したコラボレーション型の店を5月末に実験する。子会社の上質SM(食品スーパー)の三浦屋ともいなげやと組み合わせた…

  • 小売

    酒類も飲みきりサイズの小容量生産者の直送野菜コーナーで生鮮品も充実商品が充実している

    ファミリーマート「バスタ新宿店」、売場面積3倍に拡張(2017.05.17)

     ファミリーマートは、高速バスターミナル・バスタ新宿4階で営業する直営「ファミリーマートバスタ新宿店」(東京都新宿区)を4月28日に移転・拡張オープンした。売場面積は3倍の約64平方m、取り扱い商品は2倍の約1200品目に増やした。バ…

  • 小売

    イートインコーナーには厨房も備えて料理講習会なども開ける

    カスミ、「アルコ越谷店」に最大のイートインコーナー(2017.05.17)

     カスミは「フードスクエアカスミ アルコ越谷店」(4月21日開店、埼玉県越谷市)で同社最大席数となる94席を持つイートインコーナーを展開した。休憩するだけでなく、厨房も備えて料理教室なども開け、地域のコミュニティースペースとして活用す…

  • 小売

    1階にうさまるカフェ、2階にLINEフレンズストア、アイスモンスター、マックスブレナー・チョコレートバーが営業する

    三越伊勢丹トランジット、情報発信型カフェ「新宿ボックス」開設(2017.05.17)

     三越伊勢丹ホールディングスのグループ会社・三越伊勢丹トランジットは、情報発信型カフェスペース「新宿ボックス」(東京都新宿区)を4月28日にオープンした。3ヵ月単位でテナントを入れ替え、最新トレンドを発信する。月商目標は4000万~5…

  • 小売

    生産者の直送野菜コーナーで生鮮品も充実

    東急ストア、「渋谷キャスト店」開店 新立地で小型店検証(2017.05.17)

     東急ストアは小型業態「東急ストア フードステーション 渋谷キャスト店」(東京都渋谷区)を4月28日に開店し、複合施設「渋谷キャスト」内で検証する。これまで駅直結の立地で実験してきたが、今回は都心の住宅、オフィスの新立地で地域に応じた…

  • 小売

    初の焼きたてピザは原料、製法にも成城石井らしいこだわり

    成城石井、90周年で新旗艦店育成へ 初の焼きたてピザも(2017.05.17)

     成城石井は創業90周年の記念事業の一つとして、「成城石井 池尻大橋店」(東京都目黒区大橋2-22-9)を4月27日に開店し、新しい旗艦店として育成する。品揃えは焼きたてピザを初めて導入したほか、生鮮や惣菜も扱うフルラインで1万品以上…

  • 菓子

    カンロ、「ジュレピュレ 紀州梅ぼし味」発売(2017.05.17)

     カンロは16日、ピュレグミのラインアップ「ジュレピュレ」シリーズから、ピュレグミで初の梅干し味となる「ジュレピュレ 紀州梅ぼし味」(写真)を発売した。

     同社は、これまで多くの「梅」をテーマとした商品を発売し、のど飴(あ…

  • 菓子

    ヒット祈願の絵馬も一緒に奉納

    栗山米菓、映画「メッセージ」の“ばかうけ”祈願 飛行体に酷似で(2017.05.17)

     栗山米菓は、本社敷地内に実在する「ばかうけ稲荷」で、映画「メッセージ」が“ばかうけ”することを祈願した。

     これは、アカデミー賞8部門でノミネートされるなど、世界中で驚きと称賛をもって迎えられたSF感動作「メッセージ」(…

  • 惣菜・中食

    Shinmei Delica、今期売上げ100億円へ 3年後150億円に現実味(2017.05.17)

     M&Aを加速化する最大手コメ卸・神明グループで炊飯加工を担うShinmei Delica(旧社名=神明デリカ)は今期(3月期決算)、売上高100億円を見込み、3年後の150億円達成に現実味が出てきた。

     同社の17年3月…

  • 農産加工

    徳山物産、植物性原料100%キムチ発売 美活女性向け(2017.05.17)

     徳山物産は10日、美活女性をターゲットにした「カラダよろこぶ美人キムチ(180g、参考価格450円)」(写真)を主に高質スーパーで発売した。植物性原料100%のアニマルフリーでニンニクも不使用。無農薬青パパイアをはじめ、国産の野菜・…

  • 農産加工

    スミフルジャパン、「王様バナナ」へ刷新 食シーンに特化(2017.05.17)

     青果物輸入販売業のスミフルジャパンは9日、食べ切りサイズの定番バナナをブランドリニューアルし、「おやつの王様バナナ」(写真)として発売した。これに先立ち同社は4月5日にも定番バナナをリニューアルし、「朝のしあわせバナナ」として朝食を…

  • 機械・資材・IT

    キンレイの納入した冷却機の前で(宮内大介三浦工業社長(左))

    三浦工業、真空冷却機27年で1万台販売 記念セレモニー開催(2017.05.17)

     三浦工業は、販売台数1万台目となる真空冷却機を、鍋焼うどんをはじめとするコンビニエンスストア向け冷凍調理麺の製造・販売を手掛けるキンレイの大阪新工場に納入し、1万台販売達成の記念セレモニーを行った。

     和田博行キンレイ社…

  • 機械・資材・IT

    凸版印刷、ASEANで販促支援 2社と協業、日系企業にサービス提供(2017.05.17)

     凸版印刷はタイを中心としたASEAN地域で事業を展開するジオブレインとハンサインターナショナルタイランドの2社と協業し、日系企業向けにASEAN各国でのマーケティング全般における支援サービスを提供する。凸版印刷の持つ技術力と、両社の…

  • その他

    バイヤー必見!!近畿・中国・四国を本拠地とするメーカー夏季の新製品・いち押し商品(2017.05.17)

     右ページはここ10年間の食品界の商品、出来事の一部を写真で掲載したものである。

     10年一昔と言われた時代があったが、今や環境の変化、IT技術など科学の進展はめざましく、そのスピードは早くなっている。環境も人口の高齢化、…

  • その他

    日本産食材・酒類の海外販売、公式認定200店突破(2017.05.15)

     海外で日本産の食材や酒類を使用・販売する飲食店、小売店のうち、農林水産省の定めた指針などに基づき接客などを通じて顧客に日本産食材や日本産酒類の魅力や特徴を伝える公式認定の「日本産食材サポーター店」が209店と200店を突破した。日本…

  • 乳肉・油脂

    西尾啓治社長

    雪印メグミルク、長期ビジョン2026始動 ミルク未来創造企業へ(2017.05.15)

     雪印メグミルクは今期から、「グループ長期ビジョン2026」を始動した。10年間で連結売上高7000億~8000億円、連結営業利益300億~400億円を目指す。今後10年の新たな“羅針盤”となるもので、「ミルク未来創造企業」へ変革・進…

  • その他

    奥野長衛会長

    GAP、まずは教育 JA全中・奥野会長「必要認識している」(2017.05.15)

     全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は11日、定例の記者会見で適正農業規範(GAP)について、「必要性を認識している」として「各農協や生産部会へ教育が必要」と考えを示した。自民党・農林水産業骨太方針実行プロジェクトチーム…

  • 乳肉・油脂

    八馬史尚社長

    J-オイルミルズ、価格適正化を引き続き注力 今上期、環境悪化で減益予想(2017.05.15)

     J-オイルミルズは今期、価格適正化を全社で引き続き注力するとともに、コストダウンや高付加価値油の拡販を図ることで、前第4四半期から悪化に転じた周辺環境に対応する。前期、増益で着地した同社だが、年末からの円安化や原料高などに直撃。これ…

  • 冷凍・チルド

    味の素社、フランスで日本冷食 ブランド浸透を家庭へ(2017.05.15)

     味の素社は、唐揚げや野菜ギョウザなどの日本食の冷凍食品の「AJINOMOTO」ブランドによる販売を、欧州大手流通のカルフールとの連携を通じてフランス全土の消費者向けに本格化する。同国販路の開拓と品揃えの拡充を通じて、同国の一般家庭で…