日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    浜田酒造、立春限定「海童 春雲紫」を上市(2019.01.11)

     【九州】浜田酒造は本格芋焼酎の海童シリーズから、立春限定の「海童 春雲紫 25度1800ml/900ml瓶(写真)」を2月4日に数量限定で全国発売する。標準小売価格(税抜き)はそれぞれ2500円、1280円。

     中国の「…

  • 外食

    ピエトロ、エビとカニ堪能フェア全店開催(2019.01.11)

     【九州】ピエトロは8日、冬の味覚であるエビとカニを堪能できるフェア「SHRIMP&CRAB Festival」をレストラン全店でスタートさせた。昨年はカニのみでフェアを開催したが今回通年メニューで支持が高いエビも追加。

  • その他

    19年上期食品市場、健康・機能・時短・簡便・即食がけん引 社会構造変化を反映(2019.01.09)

     19年上期の食品マーケットでは、引き続き健康と簡便性で特徴づけた商品が好調な動きを示しそうだ。本紙が独自選定した102の食品カテゴリーのうち、上期に前年比3~7%増以上の成長が見込めそうな25業種から明確に浮かび上がるキーワードは、…

  • 酒類

    乾杯後、新年を祝って歓談した

    酒類食料品業懇話会、新年賀詞交歓会を開催 難局に業界一丸(2019.01.09)

     酒類食料品業懇話会は5日、東京・ロイヤルパークホテルで新年賀詞交歓会を開催し、メーカー・卸など263社900人が参集し新年を祝った。國分勘兵衛会長(国分グループ本社会長兼CEO)は、「今年は国内外で経済的な緊張が高まることが予想され…

  • 味噌・醤油

    品評会大賞の4品、今期から包装での受賞告知が可能になった

    日本醤油協会と全醤工連、消費喚起へ本腰(2019.01.09)

     日本醤油協会と全国醤油工業協同組合連合会(全醤工連)は、消費喚起に本腰を入れている。食育授業は2年連続で年間610校、来3月期に累計5000校を超える。昨年10月の「醤油の日の集い」は一般消費者を初めて招き、アンバサダーマーケティン…

  • その他

    笹本裕社長

    ツイッタージャパン・笹本社長「異次元高収益を」 利用者拡大へ(2019.01.09)

     米国ツイッター社の日本法人であるツイッタージャパンの笹本裕社長は、18年第3四半期業績が、前年比44%増と高い収益を上げ、全世界で最も高い成長を遂げたことを明らかにした上で、19年戦略について、新元号施行やスポーツイベントの開催で、…

  • 酒類

    本坊酒造、マルス信州蒸溜所の生産設備を増強 ウイスキー拡大(2019.01.09)

     【九州】本坊酒造は国産ウイスキーの需要拡大を受け、将来にわたり安定してモルト原酒を確保するため、マルス信州蒸溜所(長野県宮田村)=写真=のウイスキー生産設備を増強する。生産体制拡充という面では、2016年のマルス津貫蒸溜所、マルス屋…

  • 小麦加工

    山田貴夫会長

    製粉協会、新年賀詞交換会を開催 社会的使命全う(2019.01.09)

     製粉協会は7日、東京都内の製粉会館で新年賀詞交換会を開催した。山田貴夫製粉協会会長(日清製粉社長)は、「製粉業界は日本国民の主要食品を担っていることから、消費者ニーズに応えながら小麦粉の安定供給を図るという、社会的使命を全うしていか…

  • 酒類

    アサヒビール・平野社長 新たな消費創出 最高の満足のために(2019.01.09)

     アサヒビールの平野伸一社長は4日、社内であいさつし「今年は変化に富んだ1年となる。先を見据えた活動を徹底することで、新たな消費を生み出すストーリーを描き、お客さまの最高の満足のために挑戦し続けよう」と呼び掛けた。具体的な活動としては…

  • 小麦加工

    安藤宏基社長・CEO

    日清食品HD・安藤社長・CEOが年頭訓示 社会と企業、共有価値観重要(2019.01.09)

     日清食品ホールディングス(HD)の安藤宏基社長・CEOは7日、東京本社で開かれた日清食品グループ合同初出式において、年頭訓示を行い、国内外118事業所に同時配信された。訓示内容は以下の通り。

     平成最後の今年平成31年は…

  • 酒類

    前垣壽男理事長

    西条酒造協会、新年互礼会を開催 世界へアピール “日本酒の町”に(2019.01.09)

     【中国】酒どころとして知られる広島県東広島市の酒造業者8社で構成する西条酒造協会は7日、同市内のグランラセーレ東広島で「第56回新年互礼会」を開催し、関係者約100人が出席した。

     前垣壽男理事長(賀茂泉酒造社長)は「日…

  • 卸・商社

    ニチレイロジグループ本社、マレーシア合弁の社名変更(2019.01.09)

     低温物流最大手のニチレイロジグループ本社は1日付で、マレーシアの合弁会社Cold Chain Network社(岩原功一社長)の社名を「NL Cold Chain Network社」(NLCCN社)に変更した。同時に新たな企業ロゴマ…

  • 酒類

    坂田辰久理事長

    東京小売酒販組合、軽減税率対応急ぐ レジ変更など重荷(2019.01.09)

     10月の消費増税に伴い導入される軽減税率制度を受け、東京小売酒販組合は制度対応に向けた準備を急ぐ。中小零細の酒販店にとっては軽減税率に対応させるためのレジ変更や事務作業の負担が大きい。坂田辰久理事長は各店への指導を強化するとともに、…

  • 酒類

    サッポロビール、日欧EPA受けワイン値下げへ(2019.01.09)

     サッポロビールは3月1日出荷分から一部欧州産ワインの価格を引き下げる。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効することに伴い、関税が即時撤廃されることを受けたもの。

     対象はフランスやイタリア産など…

  • 小売

    横山清社長

    アークス・横山社長語る 3社提携意義強調(2019.01.09)

     アークスの横山清社長は昨年12月26日、札幌市内で記者会見し、前日発表したバローホールディングス、リテールパートナーズとの資本業務提携について経緯などを説明し、3社を核に地方スーパーの結集軸を目指す考えなど、あらためて強調した。

  • 調味

    黒岩祐治神奈川県知事(右)から認証書を授与される高井孝佳副社長

    エバラ食品工業、「かながわサポートケア企業」に 仕事と介護、両立支援に評価(2019.01.09)

     エバラ食品工業は昨年12月19日、神奈川県が18年に初めて設立した従業員の仕事と介護の両立を積極的に支援している県内企業を認証する制度「かながわサポートケア企業」に認証された。神奈川県庁新庁舎内会議室で行われた認証式には高井孝佳副社…

  • 冷凍・チルド

    大谷邦夫会長

    日本冷蔵倉庫協会、昨年は堅調推移 外国人労働者、検討まだ(2019.01.09)

     日本冷蔵倉庫協会の大谷邦夫会長(ニチレイ社長)は昨年の年末会見で業界を概観し、「全体としてまずまず堅調に推移した。(昨年)3月に営業を再開した東京団地冷蔵も順調な滑り出しであり、12都市の在庫量を見ても(同)5月から大きく増加してい…

  • その他

    ビジネスプランを発表する高校生ら

    日本公庫「高校生ビジネスプラン・グランプリ」 南近畿から12入賞(2019.01.09)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)が主催する「第6回『創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ』」で、エントリー4359件(396校)から、13日に東京大学本郷キャンパスで開催される最終審査会に進出するファイナリスト10…

  • 小売

    18年SC、大型化の傾向 防災モールなど多様化も(2019.01.09)

     日本ショッピングセンター協会によると、18年(速報版)のショッピングセンターの開設数は37施設と前年より11減少したが、平均店舗面積は2万平方mを超えて大型化した。そのほか、オフィスや地域開発と一体の複合型や百貨店などからSCへのリ…

  • 小売

    新規コーナーで主通路に滞留スポットを創出

    サミット、大型改装へ積極投資 既存店を最新モデルに(2019.01.09)

     サミットは今期、新設3店以外にも既存店の大型改装を進めている。18年12月15日にリニューアルオープンした朝霞台店(埼玉県朝霞市)のように、活性化の投資額が数億円規模になるケースもある。

     竹野浩樹社長は改装の考え方につ…