日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 機械・資材・IT

    ハロウィーン、クリスマス、セントパトリックスデーなどに合わせたイベントポスターを紹介する橋本久美子社長(中央)

    吉村、本社リニューアル 今秋冬は6次産業包装資材など展開(2017.09.13)

     日本茶のパッケージを扱う吉村は、5、6日の2日間、本社社屋リニューアルを記念し秋冬向けの内覧会を行った。今回はお茶だけでなく、コメ・乾物などの6次産業の包装資材を新たに展開し、茶店や米屋への販促ツールとして24種類のレシピ付き乾物パ…

  • 酒類

    食事との相性を追求した「ローズマウント ミール・マッチャー」の赤(右)と白

    国分グループ本社、肉や魚と好相性ワイン2種投入(2017.09.13)

     国分グループ本社は7日、食事と合わせて楽しむワインを投入した。赤白の2種で、それぞれ豚肉や魚料理との好相性を追求。食事との相性を分かりやすく訴えることで、「消費者のワイン選びの悩みを解決する」(堀潤二郎マーケティング開発部副部長)狙…

  • 菓子

    三菱食品、「サクサク揚げせん」にホタテ風味追加(2017.09.13)

     三菱食品はオリジナル菓子ブランド「生活志向」から、揚げせんべいの新製品を全国発売する。ホタテ風味と食感の良さ、買い求めやすい価格設定が特徴だ。

     商品名は「生活志向 サクサク揚げせん(ほたて風味)」(写真)。11日からD…

  • 菓子

    アサヒグループ食品、素材菓子「燃えよ唐辛子」「サクサクだね」販路拡大 SNSなどで話題に(2017.09.13)

     アサヒグループ食品は25日、素材菓子として唐辛子を衣づけして揚げた「燃えよ唐辛子」(写真(右))とヒマワリとカボチャの種を一口サイズに固めた「サクサクだね」(同(左))の2品を発売する。一部店舗で先行発売したところ、SNSなどで話題…

  • 菓子

    モンデリーズ・ジャパン、「オレオ」日本限定で抹茶ラテ発売 「リッツ」も新フレーバー(2017.09.13)

     モンデリーズ・ジャパンは11日、ビスケットブランド「オレオ」から日本限定フレーバー「オレオ クリスピー 抹茶ラテ」(写真(右))、クラッカーブランド「リッツ」からは甘じょっぱさがクセになる新発想フレーバー「リッツ チョコサンド」(同…

  • 菓子

    日本ケロッグ、カカオ使用フルーツグラノラ発売 秋冬向け大人の味(2017.09.13)

     日本ケロッグは、「ケロッグ フルーツグラノラ」シリーズから、今までなかった大人テイストの「フルーツグラノラ ハーフ くちどけカカオ」(写真)を9月中旬から秋冬限定で新発売する。

     「フルーツグラノラ ハーフ くちどけカカ…

  • 飲料

    イベントでゼッコー腸ダンスをお披露目する左からパパイヤ鈴木、ヤクルトマン、本田望結、つば九郎

    ヤクルト本社、公式キャラクター「ヤクルトマン」誕生 ブランドの魅力発信(2017.09.13)

     ヤクルト本社は、乳酸菌飲料「ヤクルト」初の公式キャラクター「ヤクルトマン」を誕生させた。誕生に合わせて、パパイヤ鈴木の振り付けによる「ゼッコー腸ダンス」を作成。12日には東京・神宮球場で「ヤクルトマンナイター」を開催し、「Newヤク…

  • 惣菜・中食

    紀文、「季節の伊達巻 和栗」発売 スイーツ感覚、旬の味(2017.09.13)

     紀文は15日から23日までの期間限定で、スイーツ感覚で食べられる「季節の伊達巻 和栗」(写真)を全国発売する。秋の旬の味覚である和栗は、大粒で希少価値が高いことで知られる丹波地方のブランド栗「丹波栗」(兵庫県産)を使用。ふっくらしっ…

  • 調味

    ヤマモリ、人気店主監修の和風カレー2品発売(2017.09.13)

     【中部】ヤマモリはこのほど、東京・白金高輪の人気店「福わうち」「鬼わそと」の店主・三宮昌幸氏監修の「名店のまかない 福わうち 肉じゃがカレー」(写真(右))、「同 鬼わそと 筑前煮カレー」(同(左)、各200g・税別300円)を新発…

  • 惣菜・中食

    カネテツデリカフーズ、「おさかな五目」新投入 「ほぼホタテ」も刷新(2017.09.13)

     【関西】カネテツデリカフーズは女子栄養大学との共同開発商品「おさかな五目」(写真(上))と、新たに「醤油こうじ入万能だれ」を追加し、リニューアルを行った「ほぼホタテ」(同(下))を、1日から全国で発売している。

     新発売…

  • 水産加工

    伍魚福、「ふんわり焼たら」10月発売(2017.09.13)

     【関西】高級珍味メーカーの伍魚福は、北海道産のスケソウダラを使用した「ふんわり焼たら」(写真)を10月2日に発売する。

     北海道産のスケソウダラを直火で香ばしく焼き上げ、丁寧にローラーをかけることで、ふんわりと軟わらかく…

  • 小売

    12年ぶりに復活したダイエーモリシア津田沼店

    ダイエー、イオンリテールから初の移管 業態再編で競争力(2017.09.13)

     ダイエーはイオンリテールが食品中心に運営していたイオンモリシア津田沼店(千葉県)とイオン南砂スナモ店(東京都)を移管され、5日に同社店舗として開店した。これまでダイエーの大型店をイオンリテールに移管した例はあったが、イオンリテールの…

  • 小売

    藤本明裕社長

    ミニストップ、単品集中販売に重点 セミセルフレジ導入(2017.09.13)

     ミニストップは、17年下期の重点施策として単品集中販売できる商品開発に重点を置く。強みのコールドデザートに加え、新業態シスカや海外店でヒットした商品を投入する。ポイントカード販促も積極的に展開し、客数増を図る。

     同時に…

  • 小売

    店内調理の弁当・惣菜・ベーカリーで売上げの30%、生鮮3品で16%を見込む。1日来店客数の目標は1000人

    京成ストア、ミニSM「リブレキッチン」実験 国分グローサーズ活用(2017.09.13)

     京成ストアは、食品スーパー(SM)とコンビニエンスストア(CVS)を融合したミニSM「リブレキッチン国府台店withコミュニティ・ストア」(千葉県市川市)の実験を開始した。コミュニティ・ストアを展開する国分グローサーズチェーンに加盟…

  • 小売

    セコマの丸谷智保社長(左)と北海道循環器病院の津久井宏行理事長

    セコマと北海道循環器病院、健康カレーを共同開発 道内の全店舗で販売(2017.09.13)

     【北海道】セコマは5日、同社会議室で北海道循環器病院と共同開発した健康カレーを発表した。

     両社が健康増進に寄与する食品開発、普及を目的とした「食品の協同開発等に関する協定」を結んだ。同社としては医療法人との協定締結は初…

  • その他

    7月27日に東京・明治記念館で開かれた第50回食品産業功労賞選考委員会

    第50回食品産業功労賞受賞者決まる 生産5・技術2・流通5・特別3人を顕彰(2017.09.11)

     日本食糧新聞社制定・農林水産省後援による第50回(平成29年度)食品産業功労賞は、生産部門5氏、技術部門2氏、流通部門5氏、第50回を記念した特別賞3氏に決まった。贈呈式と祝賀会は11月10日午後2時から明治記念館(東京・元赤坂)で…

  • その他

    ヤマト運輸、FSSC22000取得 物流で世界初(2017.09.11)

     ヤマト運輸は、ヤマトグループの物流の中核施設である羽田クロノゲートベースで食品安全の国際規格FSSC22000の認証を物流カテゴリーとしては世界で初めて取得したと6日発表した。ヤマトグループでは、年内をめどに、海外の接点である沖縄ヤ…

  • 乳肉・油脂

    秋冬新商品の定着を目指す三宅宏和社長(右)と中島雅一専務取締役営業本部長

    六甲バター、プロセスチーズで販売力強化 下期、厳しい原料価格見込む(2017.09.11)

     六甲バターの上期決算は増収大幅増益だったが、下期は輸入原料の高騰や円安(1ドル120円で想定)が進み、通期は増収も大幅な減益を見込む。すぐに価格改定などせず、値締めや経費削減などで対応。三宅宏和社長は4日の新商品発表会で「ナチュラル…

  • 酒類

    最大の特徴の香りに磨きをかけた

    ヤッホーブルーイング、「よなよなエール」発売20年初の刷新 理想の味が完成(2017.09.11)

     クラフトビール最大手のヤッホーブルーイングは、主力ブランド「よなよなエール」を発売から20年で初めて刷新する。井手直行社長は7日、東京都内で会見し「理想の味がついに完成した。クラフトビール市場をさらに活性化させる起爆剤としたい」と意…

  • 農産加工

    佐藤元社長

    佐藤食品工業、攻勢かけ市場創出 積極投資で減益予想(2017.09.11)

     佐藤食品工業は今期(18年4月期連結)、売上高383億円(前年比3.3%増)を目指す。営業利益は7%減の11億6000万円、当期純利益は2.4%減の8億2000万円を計画する。佐藤元社長は、「減益予想なのは、攻めの姿勢の表れ。今後も…