日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 菓子

    ネスレ日本、キットカット製造工場26年ぶり新設(2017.07.10)

     ネスレ日本は7日、「キットカット」を製造する新工場を姫路工場内に建設し8月1日から稼働を始めると発表した。キットカット専門店「キットカットショコラトリー」全7品を製造する。「キットカット」の国内製造工場の新設は、基幹工場の霞ヶ浦工場…

  • 農産加工

    金賞受賞メーカー担当者

    「日本雑穀アワード」に業務用部門新設 中食・外食に雑穀需要増(2017.07.10)

     中食、外食で健康ニーズが高まる中、雑穀の需要が高まっている。一方、外食やスーパーの惣菜売場などでは人手不足が深刻化。前処理を必要とする雑穀は、メニューに取り入れたくても煩雑な調理や白米との炊き分け、さらには廃棄ロスなどの課題が壁とな…

  • 調味

    「しゃぶしゃぶごまだれアーモンド」、ラベルはマット加工して上質感を出した

    にんべん、実績の高級路線継続 9月発売「ごまだれアーモンド」(2017.07.10)

     にんべんは9月から、「しゃぶしゃぶごまだれアーモンド330g」といった新商品を発売し、成果を挙げている高級路線を貫く。チルド売場向け調味料も新たに販売し、「強みの鰹節起点で提案し続ける」(神谷俊光執行役員家庭用事業部部長)。既存品は…

  • 乳肉・油脂

    日清オイリオグループ、中鎖脂肪酸の研究報告 認知症への効果示唆(2017.07.10)

     日清オイリオグループはこのほど、中鎖脂肪酸の新たな研究成果として認知症の改善効果の測定・解析結果、症状の具体的な改善内容に関する研究成果を、沖縄・宜野湾市で開催した「第18回日本認知症ケア学会大会」で報告した。

     症例報…

  • 農産加工

    岡田結実(中)とねば~る君、うめねばちゃん

    納豆クイーンに岡田結実 全国納豆協同組合連合会、納豆の魅力を発信(2017.07.10)

     全国納豆協同組合連合会(納豆連)は4日、7月10日の「納豆の日記念」を前に納豆クイーン表彰式を東京・時事通信ホールで開催。17年度の納豆クイーンにMC、モデル、女優として幅広く活躍する岡田結実を選出した。納豆を食べてキレイになること…

  • 小売

    「豆腐ハンバーグのチーズ焼き」

    マックスバリュ東海、「じもの」使い惣菜発売 管理栄養士が監修(2017.07.10)

     【静岡】マックスバリュ東海はこのほど、同社の管理栄養士が監修した惣菜6種類を発売した。同惣菜は健康志向の高まりを背景に、塩分や炭水化物量の抑制にこだわりつつ、野菜をおいしく摂取できるよう作られている。

     同社は、方針とす…

  • 小売

    マックスバリュ東海、「土用の丑の日」商品を22日まで予約受付(2017.07.10)

     マックスバリュ東海は22日まで、土用の丑(うし)の日に向けた各種商品の予約を受け付けている。老舗・京丸うなぎが加工した「国内産うなぎ長蒲焼」(原料原産地=静岡県・1尾約140g・税込み1922円)をはじめ、串蒲焼、うな重、ウナギを取…

  • その他

    ハンディー種まきツール「カリカリくん」

    タキイ種苗、種まきツール「カリカリくん」発売 一粒ずつ種まきできる優れもの(2017.07.10)

     【関西】タキイ種苗はハンディータイプの種まきツール「カリカリくん」を3日に発売した。

     同商品は一粒ずつ種まきができる優れもので、その名の通りスプーンの根元に種を乗せ、柄の持ち手部分にある凹凸を爪で「カリカリ」するだけ。…

  • 農産加工

    記者会見に臨む浅沼誠司大麦工房ロア社長(中央)と長谷川農場の長谷川良光社長(右)、来賓の足利市農業委員会森山進平委員長

    大麦工房ロア、農業子会社を設立 国産スーパー大麦で小売市場に参入(2017.07.07)

     大麦工房ロアは、大麦を通じて地域活性化の取組みをさらに進めることを基本理念として農業子会社の大麦工房アグリを設立し、栃木県足利市の耕作放棄地削減に寄与しながら、国産スーパー大麦「ビューファイバー」を中心とした本格栽培に乗り出す。

  • 水産加工

    桃屋、海苔佃煮値上げ(2017.07.07)

     桃屋は、10月から海苔佃煮を値上げする。原料のアオサ海苔が過去9年平均から倍増以上となり、コスト吸収が追い付かなくなった。アオサの需要増は今後も続くとみられ、10年ぶりの改定を余儀なくされた。

     10月2日出荷分からの実…

  • 調味

    長南収社長

    キユーピー、利益力を強化 調味料・サラダ惣菜が下期けん引(2017.07.07)

     キユーピーは今下期、各事業の利益力を着実に強化、過去最高となる売上げ5600億円、営業利益310億円を視野に入れた施策を打つ。新体制に移行した上期、順調な折り返し(後日続報)となった同社だが、下期は調味料やサラダ・惣菜などが全体をけ…

  • その他

    日本政策金融公庫、INA,WORLDに融資(2017.07.07)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)大阪支店中小企業営二事業はこのほど、INA,WORLD(大阪市中央区)に「海外展開・事業再編資金」を適用し、1100万円の融資の契約を行った。

     同社は特注のプリフォーム(PETボトル…

  • 小売

    専用コーナーを作り訴求(ピーコックストア上池袋店)

    イオントップバリュ「やさしごはん」 徹底した製造管理、使い勝手も考慮(2017.07.07)

     ●アレルギー団体から喜びの声

     食物アレルギー特定原材料7品目不使用のイオントップバリュが開発したプライベートブランド「トップバリュ やさしごはん」シリーズは、アレルギー原因食材の混入を防ぐため専用工場で製造し、原材料や…

  • 水産加工

    業界初となる新商品を発売し海苔市場の活性化を図る

    日本海水、新コンセプト海苔3品発売 差別化で存在感高める(2017.07.07)

     「浦島海苔」ブランドを展開する日本海水は今秋、今まで業界に存在しなかった新しいコンセプトの新商品3品を全国発売する。他社との差別化を打ち出し、その特徴や利便性を訴求。各カテゴリーで存在感を高める。

     「切らずにカンタン手…

  • 小売

    ASC認証をPOPでアピール

    イオンリテール東海・長野カンパニー、独自でトップバリュフェア 73店が開催(2017.07.07)

     【中部】イオンリテール東海・長野カンパニーは6月30日から7月2日の3日間、トップバリュの商品作りのこだわり紹介を主軸に置いた「トップバリュフェア」を東海・長野エリアの73店舗で開催し、折り込みちらしをはじめ売場ではPOPや試食を大…

  • 飲料

    新コーポレートロゴ

    三井農林、新ロゴ導入 お茶で驚き、感動を(2017.07.07)

     三井農林は3日、新コーポレートロゴを導入し同日から展開することを発表した。7月から新ビジョン「Life Innovation with Tea」を掲げたことに伴うもので、「お茶で今までにない新しい驚き、感動を世界に届ける」という思い…

  • その他

    dely、動画サービス「クラシル」で豆苗出荷60%増(2017.07.07)

     日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」を運営するdelyは、5月の豆苗の出荷量が同サービス内レシピ動画配信の効果により、前年比60%増と急伸したことを発表した。豆苗は野菜高騰時に出荷量が増えるが、動画を配信した5月は野菜価格が例年…

  • 飲料

    大泉工場、コンブチャの限定フレーバー4種販売(2017.07.07)

     大泉工場は運営する「大泉工場NISHIAZABU」で、6月29日から夏の特別企画としてKOMBUCHA(コンブチャ)の限定フレーバー4種類を販売を開始している。第1弾は「コンブチャ×ショコラミント」で、1樽(18L)を開栓して販売し…

  • 小麦加工

    白石興産、シールド乳酸菌入りそば・そうめん発売(2017.07.07)

     【東北】白石興産(宮城県白石市)は「Noodlesシールド乳酸菌そば(無塩)」「同そうめん(同)」の2品=写真=を8月1日から新発売する。“腸まで届くシールド乳酸菌100億個入りのそば、そうめん”を訴え、健康志向の乾麺として流通、消…

  • 飲料

    日本アクセス、夏の「ミロ」提案 レシピ動画で飲み方配信(2017.07.07)

     日本アクセスは、ネスレ日本が販売する麦芽飲料「ミロ」の料理動画を1日から公開している。レシピ動画サービス「kurashiru(クラシル)」から配信し、POPなどを活用した店頭販促を実施する。「ミロ」の需要が高まる7~8月に、夏にぴっ…