日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 菓子

    ブラックサンダー義理チョコパッケージ

    有楽製菓、義理チョコ文化応援 充電経てショップ復活(2018.01.12)

     ひとめで義理とわかるチョコ「ブラックサンダー」を製造・販売する有楽製菓は12日から2月14日まで、東京駅一番街 「東京おかしランド」イベントスペースで、「義理こそプレミアム」をテーマにした義理チョコ専門店「義理チョコショップ」を開店…

  • 菓子

    (左)=「18枚ばかうけ 梅味」(右)=「18枚ばかうけ あさりが旨いバター風味」

    栗山米菓、春限定ばかうけ「梅味」など2品発売(2018.01.12)

     栗山米菓は、18年の春の期間限定ばかうけシリーズとして「18枚ばかうけ 梅味」「18枚ばかうけ あさりが旨いバター風味」を22日に新発売する。期間限定ばかうけは季節に合った限定味のばかうけを届けるシリーズで、今回は春らしい鮮やかなパ…

  • その他

    三菱ガス化学、来春に工場野菜生産 国内最大規模で安定供給を(2018.01.10)

     三菱ガス化学は、2019年春に工場野菜生産事業に参入する。福島県白河市の製造・研究開発拠点「QOLイノベーションセンター白河」内に二十数億円を投資して、国内最大規模の完全人工光型植物工場を建設する。一年を通して安定的に野菜を供給でき…

  • 酒類

    アサヒGHD、台湾で製品販売加速 早期年間100万ケースへ(2018.01.10)

     アサヒグループホールディングス(アサヒGHD)は1月から、台湾での製品販売を100%出資の子会社に切り替え加速させる。今後はアサヒグループのマーケティング力を発揮し需要の掘り起こしを行うとともに、RTDや焼酎、ワインといった幅広い製…

  • 菓子

    加藤禮次郎社長

    加藤美蜂園本舗、チルド参入目指す 清涼飲料の検討も(2018.01.10)

     はちみつ国内最大手の加藤美蜂園本舗は、冷蔵(チルド)帯分野への参入を目指す。16年から稼働している富士工場(静岡県)の“地の利”や原料・素材面での競争力、商品開発のノウハウをなど生かすもので、すでにチルド製品としてヨーグルト向けオリ…

  • 菓子

    ロッテ3社が合併(2018.01.10)

     ロッテ、ロッテ商事、ロッテアイスの3社は、4月1日をもって「株式会社ロッテ」を存続会社として合併する。

     合併後の新会社ロッテの代表取締役社長には、現ロッテ商事代表取締役の牛膓栄一氏が就任する。

     合併ととも…

  • 味噌・醤油

    100周年記念ロゴは100にも見えるが見方によって「H」がつながっているように見える

    ハナマルキ、100周年事業概要を発表 記念ロゴや新施設建設も(2018.01.10)

     今年創業100周年を迎えるハナマルキは、記念ロゴの制作や新施設の建設など多彩な周年企画を展開する。“次の100年”への思いを社内外に示し、感謝の気持ちと未来に向けたメッセージを発信する。

       *   *   *

  • その他

    市川高校がグランプリを受賞

    日本公庫「高校生ビジネスプラン・グランプリ」 市川高、栄冠に輝く(2018.01.10)

     日本政策金融公庫(日本公庫)が主催する「第5回創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」の最終審査会が7日、東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールで開催され、千葉県の市川高等学校がグランプリを受賞した。第1回で審査…

  • 飲料

    プロテインマシン

    手軽にプロテインドリンクを 森永製菓とドトールコーヒー、マシンを共同開発(2018.01.10)

     森永製菓は5日、ドトールコーヒーと日本初のプロテインマシンを共同開発したと発表した。

     プロテインマシンは、シェーカーを振る必要がなくボタン一つで手軽にプロテインドリンクを作れるマシンで、大和ハウス工業が運営するスポーツ…

  • 小麦加工

    安藤宏基社長・CEO

    日清食品HD、合同初出式で安藤社長訓示(2018.01.10)

     日清食品ホールディングス(HD)の安藤宏基社長・CEOは、4日に東京本社で開かれた日清食品グループ合同初出式において年頭訓示を行い、国内外118事業所に同時配信された。訓示内容は次の通り。

     今年は創業者安藤百福が「チキ…

  • 冷凍・チルド

    佐藤誠社長

    昭和冷凍食品、効率化で利益確保 佐藤社長「売上げ回復へ」(2018.01.10)

     昭和産業グループの粉関連業務用メーカー、昭和冷凍食品(新潟市)の佐藤誠社長は年末会見で、12月期末業績の見込みと今期計画や方針など次の通り語った。

        *

     12月期末の着地は売上高が前年比2~3%減、営…

  • 調味

    キユーピー、中国4ヵ所目の生産拠点 華南エリアでマヨ・ドレ製造(2018.01.10)

     キユーピーは17年12月26日、中国・広東省広州市の華南エリアに同国4ヵ所目の生産拠点を新設することを発表した。1月中に新会社として家庭用・業務用のマヨネーズ・ドレッシングを製造する「広州丘比食品有限公司」を設立し、20年春の出荷を…

  • 農産加工

    左から新進の秋谷清経理部部長、古平誠副社長、籠島正雄社長、山本龍前橋市長、小林哲群馬銀行常務

    新進、地方創生私募債で前橋市に寄付(2018.01.10)

     新進は17年12月25日、前橋市(山本龍市長)に群馬銀行地方創生私募債「ぐんまの力」を活用した寄付贈呈を行った。

     この私募債は17年1月から群馬銀行で取り扱いを開始し、12月時点で130件の申請がある。発行は、群馬銀行…

  • 菓子

    全日本洋菓子工業会、栄養成分表示義務化へ計算ソフト(2018.01.10)

     全日本洋菓子工業会はこのほど、食品の成分表示義務化に対応する栄養成分計算ソフトを菓子業界向けに開発、10月から同工業会の組合員・賛助会員を対象に販売する。日本食品標準成分表2015年版(7訂)のデータに菓子独自の原料を補充、エクセル…

  • 酒類

    月桂冠、豆まきセット付「にごり酒 鬼伏」発売(2018.01.10)

     【関西】月桂冠は、節分(2月3日)向けアイテムとして、「にごり酒 鬼伏(おにぶし)」(写真)に豆まきセット(鬼面1枚、節分福豆1袋、紙製の豆まき用升1個)を付けて9日から数量限定で発売した。

     「にごり酒 鬼伏」は、にご…

  • 調味

    ベトナム国内で販売する「卵殻カルシウムソース」

    キユーピー、卵殻カルシウム販売 ベトナムでの摂取不足対応(2018.01.10)

     キユーピーのベトナムのグループ会社、KEWPIE VIETNAMは昨年12月から、卵殻カルシウムを配合した栄養強化食品の販売を同国内で開始した。カルシウム不足が課題の同国で健康を気遣う人に、普段の食事に加えるだけで手軽にカルシウムが…

  • 酒類

    本坊酒造、「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エイジング」発売(2018.01.10)

     【関西】本坊酒造(鹿児島市)は、シングルモルトウイスキー「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エイジング 2014」(写真)をこのほど1100本限定瓶詰で発売した。

     同品は2014年、マルス信州蒸溜所で蒸留し、鹿児島本土から南…

  • 小売

    川野幸夫会長

    JSA、外国人技能実習で緩和要望 店内作業も対象に(2018.01.10)

     日本スーパーマーケット協会(JSA)は、外国人技能実習制度について規制緩和を国や行政などに要望した。研修期間の延長や設備要件なども見直し、食品スーパー(SM)の店内での加工作業などにも研修対象を広げるよう検討を求めた。現行制度につい…

  • 小売

    セブンイレブンは小ぶりの恵方巻き、スイーツ、麺類など組み合わせたブュッフェスタイルを提案=写真はイメージ

    18年恵方巻き商戦 提案・切り口工夫 監修・コラボも多彩(2018.01.10)

     18年の小売各社の恵方巻き商戦は、太巻きを含めた組み合わせ、祈とうを受けた海苔を使うなどの提案や切り口も工夫している。有名料理店の監修やキャラクターとコラボレーションも多彩になっている。恵方巻きは季節催事として定番化しているだけに、…

  • 小売

    小型でも平台ケースを多用し生鮮の印象を高める

    スーパーバリュー、埼玉県内は20店体制 ポイント刷新で復調(2018.01.10)

     スーパーバリューは17年12月13日、今期4店目の南浦和店(さいたま市南区)を開設した。これにより店舗数は埼玉20、東京11、千葉1の32店となった。同社は食品スーパー(SM)とホームセンター(HC)の融合フォーマットを基本とするが…