日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 調味

    創味食品、調味酢市場に参入 「だしまろ酢」発売(2019.02.13)

     【関西】創味食品が調味酢市場に参入する。3月1日に発売する「だしのきいたまろやかなお酢」=写真=は、国産リンゴ酢に花かつおと利尻昆布の一番だしを配合し、ほんのりユズの香りも利かせた国産素材にこだわる調味酢。同社らしくだし味が肝の調味…

  • 水産加工

    活魚ボックスでマダイを眠らせる作業

    日建リース工業と農林中金大阪支店、センター稼働で活魚流通高度化(2019.02.13)

     建物や物流などのレンタル・リース業を展開する、日建リース工業(日建リース)と農林中央金庫(農林中金)大阪支店は12日、「大阪活魚センター」を本格稼働開始した。府内漁業団体とも連携し、魚の付加価値向上と効率的な物流体制構築、漁業者所得…

  • 調味

    白井利政本部長

    キユーピー、FS部門「サポート」から「けん引」へ軸足移行 タマゴ・サラダ市場創出で(2019.02.13)

     キユーピーのフードサービス部門(業務用、以下FS)は、新中計初年度となる今期、かねて進めているタマゴとサラダでの市場創出に対し前中計までの「サポート」から「けん引」へ姿勢の軸足を移す。このほど開催した春季新商品発表会(後日詳細)で示…

  • 酒類

    成清敬之氏

    キリンビール19年戦略 色で選ぶ「氷結」提案(2019.02.13)

     キリンビールは、RTDの主力ブランド「氷結」の新たなコミュニケーションとして、缶チューハイを色で選ぶ楽しみの提案を、2月からスタートする。「従来のチューハイの枠を超えた史上初の試み。これまでにない切り口で、“氷結”を通じてワクワク感…

  • 小売

    中2階に設けた83席のイートインスペース

    ライフ桜新町店、東西の新旗艦店に リアル楽しさ集大成(2019.02.13)

     ライフコーポレーションは、6日に開設した桜新町店(東京都世田谷区)を「首都圏のみならず近畿圏を含めた旗艦店」(岩崎高治社長)と位置付ける。食品フロアだけでも2110平方mの売場にこれまでの取組みを集大成し、中期計画で追求する価値「お…

  • 外食

    グリーンハウス・みずほ銀行の学校給食導入調査、SDGsビジネス支援事業に採択(2019.02.13)

     グリーンハウスは5日、100%子会社で学校給食の受託運営を手掛けるジーエスエフとみずほ銀行の「日本型学校給食事業の導入に向けた案件化調査」が、国際協力機構(JICA)の「SDGsビジネス支援事業」に採択されたと発表した。

  • 酒類

    薩摩酒造、FSSC22000認証を取得(2019.02.13)

     【九州】薩摩酒造は2018年12月に、焼酎製造の最終工程である瓶詰工場で、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000の認証を取得した。

     これまでもISO9001を取得し、生産工程を管理してきたが、今…

  • その他

    SFSS、フェイクニュースレベル4と判定 週刊新潮・食べてはいけない「超加工食品」実名リスト(2019.02.13)

     ●ファクトチェック実施 意図的な虚偽の疑い

     食の安全と安心を科学する会(SFSS)は、週刊新潮の1月31日付記事に掲載された「食べてはいけない『超加工食品』実名リスト」を「フェイクニュース」(レベル4=言説は事実に反す…

  • 酒類

    合同酒精、北海道地震からの復興願い200万円寄付(2019.02.13)

     オエノングループの合同酒精は4日、日本赤十字社に200万円を寄付した。昨年9月に発生した北海道胆振東部地震の復興支援に役立てる狙い。寄付金は、地震発生を受けて同年10月から12月末まで出荷した「北海道応援シール付き」の「鍛高譚(たん…

  • 味噌・醤油

    目録を手渡す花岡俊夫社長(右)と白鳥孝伊那市長

    ハナマルキ、長野県伊那市に50万円寄付(2019.02.13)

     ハナマルキはこのほど、「第52回グッドカンパニー大賞」優秀企業賞の副賞50万円を、本社を構える長野県伊那市に寄付した。4日に東京支店を訪れた白鳥孝伊那市長に、花岡俊夫社長が目録を手渡した。

     白鳥市長は「昨年は伊那工場敷…

  • 酒類

    「氷結」の成清敬之ブランドマネージャー(中央)とCMキャラクターの柳楽優弥(左)と波瑠

    キリンビール、氷結“赤”“緑”発表 CMキャラが商品PR(2019.02.13)

     キリンビールは5日、東京都内で「氷結RED」「同GREEN」の発表会を開催した。CMキャラクターで俳優の柳楽優弥と女優の波瑠が「推し色ポーズ」などで対決し、新商品をPRした。

     成清敬之ブランドマネージャーが19年の「氷…

  • 菓子

    スポンサーロゴ

    不二家、プロeスポーツチームのスポンサー就任 ユニホームにペコちゃん(2019.02.13)

     不二家は6日、BBV Tokyo社が運営しているプロeスポーツチーム「BBV Tokyo」のスポンサーに就任したと発表した。

     「BBV Tokyo」は、米国に拠点を構えるベンチャーファンド「Be Blue Ventur…

  • 冷凍・チルド

    大冷、外食へ「楽らく柔らか」発売 自然解凍対応バラ肉も(2019.02.13)

     業務用冷食メーカーの大冷は2月から、春の新商品13品を発売した。

     幅広い業態で業務ユーザーの人手不足が深刻な中、加熱調理の手間を省略できるなどオペレーションの時短化・省力化を実現した商品群を強化。主力の病院・老健施設だ…

  • 小麦加工

    小池祐司社長

    日清フーズ、春の製品54アイテム 積極的にラインアップ(2019.02.13)

     日清フーズの小池祐司社長は、19年春の家庭用製品戦略について三つのポイントを掲げた。一つ目は新製品、リニューアル合わせて54製品の投入。二つ目は高付加価値製品の拡充に当たって二つの広告宣伝施策の実施。三つ目は日清製粉グループ全体の販…

  • 小麦加工

    「マ・マー Palette(パレット) フェットチーネ プレーン」

    日清フーズ、パスタに新ブランド「パレット」 商品選ぶ楽しさ訴求(2019.02.13)

     日清フーズは家庭用パスタ・パスタソースに新ブランド「マ・マー Palette(パレット)」を立ち上げた。「パレット」は、個食対応や簡便調理といった機能価値に加え、こだわりのおいしさと商品を選ぶ楽しさの情緒的価値を併せ持ったブランドと…

  • 冷凍・チルド

    「Smart Table 7種の野菜がうれしい カポナータ」

    日清フーズ、冷食新ジャンル挑む 洋風惣菜シリーズ展開(2019.02.13)

     冷凍食品市場においてパスタ製品が主力の日清フーズは今春、洋風惣菜という新たなジャンルに挑戦する。冷食市場で、おかず・惣菜カテゴリーが伸長していることや家庭内喫食ニーズの拡大などに対応して、新シリーズ「Smart Table(スマート…

  • 味噌・醤油

    表彰状を受け取る花岡俊夫社長(左)

    ハナマルキ、グッドカンパニー大賞「優秀企業賞」受賞(2019.02.13)

     ハナマルキはこのほど、中小企業研究センターが主催する「第52回グッドカンパニー大賞」において優秀企業賞を受賞した。味噌や即席味噌汁をはじめ塩麹や甘酒などの発酵食品で長年日本の食卓を支えてきた実績やモノ作りへの姿勢が高く評価された。<…

  • 味噌・醤油

    マルコメ「おみそしるのうた」

    マルコメ、「おみそしるのうた」に包装デザイン賞(2019.02.13)

     【長野】マルコメの即席味噌汁「おみそしるのうた」が、アジア圏の優れたパッケージデザインに贈られる「トップアワードアジア」の食料部門で、1月のクリエイティビティ賞を受賞した。

     同賞は、毎月異なるテーマに沿って「飲料」「食…

  • 菓子

    ギンビス「エダマメン」 コミックと融合、枝豆スナックに新価値(2019.02.13)

     ギンビスは、オリジナルコミックと枝豆スナックの融合という新たな価値を提案し、枝豆スナック市場の活性化につなげる。スナック菓子ならではの楽しさや驚きを提供しながら、ビスケット専業メーカーとして培った焼成技術を活用した、確かな品質の枝豆…

  • その他

    「母の日参り」パートナーシップ企業・団体

    「母の日参り」を記念日文化に パートナーシップ、19年も取組み強化(2019.02.13)

     「母の日参り」が広がりを見せ、新たな記念日文化として浸透し始めている。「母の日参り」とは、5月の「母の日」の時期に、亡き母の墓前を訪ねる墓参のこと。日本香堂の調査では、40代以上の男女生活者におけるゴールデンウイークから母の日にかけ…