日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 冷凍・チルド

    新関東工場の完成予想図

    イートアンド、ギョウザ市場伸びる 多彩な販売チャネル強み 新関東工場が来年10月完成(2018.08.03)

     【関西】ギョウザ市場が伸長している。イートアンドの星野創取締役常務執行役員は7月13日の秋冬新商品発表会の会見で、ギョウザ市場について「年間4200億円が消費されており、5年前と比較し9%増に伸びた」と述べた。さらに同社のビジネスモ…

  • 水産加工

    西野美穂取締役社長

    大市珍味、60周年迎え原点回帰 おいしさ提供ブランド商品発信(2018.08.03)

     【関西】大市珍味は来年、創業60周年を迎える。オードブルかまぼこや身丈の製造からスタートし、料亭やホテルの吉事料理や腕もの、おせちなどで使われる美しい水練りや焼き物などを得意とする同社。6月に取締役社長に就任した西野美穂氏は周年を機…

  • 菓子

    尼神インターの誠子(左)と渚が考案したスイーツをPR

    Butter、スイーツで人気競う アンバサダー就任の尼神インターが考案(2018.08.03)

     【関西】スイーツデザインラボが運営するパンケーキ専門店「Butter」は、アンバサダーに就任したお笑いコンビ・尼神インター考案のカラフルなパンケーキとパフェを店舗・期間限定で発売した。

     「普段はスイーツを食べないので、…

  • 酒類

    通り初めが行われたJR門

    アサヒビール、吹田工場JR門の開通式開催(2018.08.03)

     【関西】吹田市のアサヒビール吹田工場からJR吹田貨物ターミナル駅専用道路へのトラックの直通運行が可能になるアサヒビール専用ゲート「吹田工場JR門」が設置され7月24日から運用が開始された。同日、関係者が出席して現地で開通式が行われた…

  • 農産加工

    式典当日は第1便を出荷(左から3人目藤尾社長、2人目西川参与)

    神明、中国へコメ本格輸出 現地大手と新販路、業務用強化(2018.08.01)

     最大手コメ卸神明グループで、生産機能を担う神明きっちん阪神工場が5月、中国向けコメ輸出の指定精米工場に認可されたことを受け、同社は同国向け日本産米輸出を本格化する。現地法人成都栄町食品有限公司との連携で、積極的な営業活動を展開。特に…

  • 卸・商社

    竹内成雄社長

    トモシアHD18年度経営戦略 脱同質化戦略を加速 地域密着、低温・外食卸の強化軸に(2018.08.01)

     トモシアホールディングス(HD)は今期(18年4月~19年3月)重点施策として、強みの地域密着戦略を加速するとともに、外食・低温など成長領域への対応を強化する。小売業態間の競争激化で既存卸事業が厳しさを増す中、脱・同質化戦略の推進で…

  • その他

    西日本豪雨:農林水産被害、2000億円上回る(2018.08.01)

     農林水産省は7月30日夕方、7月豪雨(西日本豪雨)などの緊急自然災害対策本部の会合を開き、齋藤健農水大臣は農林水産業の同29日までの被害額は約2120億円となったことを明らかにした。台風12号によってため池などには被害は出ていないが…

  • 酒類

    見た目も鮮やかな「ビアシェイク」

    ビール、見た目も勝負 アサヒビール、秋冬飲食店向けにレモン添えやカラフルな泡など(2018.08.01)

     アサヒビールは今秋冬の飲食店向けドリンクメニューで、ビールジョッキにレモンを添えた「ビアハイ」やカラフルな泡の「ビアシェイク」など、味だけでなく見た目やネーミングも工夫した提案を積極化する。

     ここ数年の飲食店では「特に…

  • 乳肉・油脂

    人気ブロガーによるこめ油レシピを発信、万能性をPRする

    ボーソー油脂、家庭用こめ油を活性化 ブログサイトとコラボ(2018.08.01)

     こめ油大手のボーソー油脂は今秋から、料理用途での特性訴求を通じた家庭用こめ油市場の活性化を加速させる。国内最大級の料理ブログサイト「レシピブログ」とコラボし、人気料理ブロガーによるこめ油のレシピ発信を大々的に開始。同市場は近年、食用…

  • 菓子

    阪東明執行役員営業本部長兼菓子食品営業部長

    江崎グリコ・18年秋季菓子戦略 高付加価値商品と健康系の2軸深耕(2018.08.01)

     江崎グリコの18年秋季菓子戦略は、企業理念の「おいしさと健康」のおいしさを具現化した高付加価値商品の「神戸ショコラ」「ホーバル」や健康を具現化した「GABA」「LIBERA」「ビスコ」が好調を続けていることから、この2軸のさらなる深…

  • 冷凍・チルド

    左から大沼一彦社長、内田淳会長、塚田荘一郎専務

    日東ベスト、2工場に25億円増設投資 人手不足対応へ(2018.08.01)

     日東ベストの内田淳会長と大沼一彦社長は7月25日会見で、今期業績見通しと今後の重点施策などを明らかにした。18年3月期業績は売上高が前年比1.7%増522億円、経常利益は同9.5%減15億円と増収減益。今期はコスト増要因が取り巻く厳…

  • 卸・商社

    トーホー、トーホー・共栄とハマヤコーポレーションの連結子会社2社合併(2018.08.01)

     【関西】トーホーは7月30日の取締役会において、同社連結子会社のトーホー・共栄(以下、共栄)とハマヤコーポレーション(以下、ハマヤ)との合併について決議した。共栄を存続会社とする吸収合併方式で、ハマヤは解散する。合併期日は2019年…

  • 水産加工

    伏見蒲鉾、価格改定と規格を変更(2018.08.01)

     【新潟】伏見蒲鉾は8月下旬から順次、水産練り製品の価格改定・規格変更を実施する。商品アイテムにもよるが、平均して5~10%の値上げ幅となる。主要原材料のすり身価格が高騰。加えて人手不足を背景とした物流費・人件費の上昇や、包装資材関連…

  • 酒類

    西日本豪雨:白鶴酒造、義援金300万円拠出(2018.08.01)

     【関西】白鶴酒造は西日本豪雨による被災者や被災地支援に役立ててもらうため7月26日、日本赤十字社を通じて義援金として300万円を拠出すると発表した。

     同社は「被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします」としている。…

  • 酒類

    西日本豪雨:アサヒグループホールディングス、支援金2000万円を寄付(2018.08.01)

     アサヒグループホールディングス(GHD)は西日本豪雨の被害に対する支援金として2000万円を特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームを通じて寄付した。7月26日までに飲料をはじめとする支援物資計16万点超を広島県呉市役所などに送…

  • 調味

    西日本豪雨:オタフクソース、広島に寄付(2018.08.01)

     【中国】オタフクソースは7月17日、西日本豪雨の被災地の復興に向けた義援金1000万円を広島県に寄付をした。また、広島県に協力して、同20日から31日の期間、希望する県内の避難所へ同社社員がお好み焼きや焼そばの炊き出しを行った。自治…

  • 冷凍・チルド

    自信作を手にする山下健一部長

    日清食品冷凍、新11品を投入 日本中「うきうき」に 若年層取込み強化(2018.08.01)

     日清食品冷凍は家庭用冷食の秋冬商品として、新11品・リニューアル9品を9月1日から発売する。秋冬商品戦略は“日本中を「うきうき」させたい”。コア購買層の主婦から共働き夫婦、単身者へと消費層が拡大する中、現在の「時短・おいしさ」の訴求…

  • 乳肉・油脂

    渡辺健市執行役員

    J-オイルミルズ、「おいしさデザイン工房」稼働 “あぶら”の可能性追求(2018.08.01)

     J-オイルミルズは7月上旬から東京都中央区内に複合型プレゼンテーション施設「おいしさデザイン工房」(一部既報)を開設、現中計で掲げる「おいしさデザイン企業」を目指す活動拠点として活動を開始した。高性能キッチンやテストベーカリー、オフ…

  • 調味

    創味食品、18年秋冬業務用は洋風カテゴリー追加 幅広く使える新3種(2018.08.01)

     【関西】創味食品は18年秋冬の業務用新商品として、今期開発に注力する洋風カテゴリーで「創味ステーキ&ハンバーグソース」=写真(右)、得意の和風だしで同社で新素材となる「創味焼きあごだし」=同(中)、「同しじみだし」=同(左)をそれぞ…

  • 卸・商社

    神山物産、前期は増収増益 第4次中計始動(2018.08.01)

     【新潟】新潟県内を中心に東北・関東地区の地域に密着した食品原材料などを扱う問屋・商社の神山物産は、18年5月期決算の売上高が286億円(前年比12%増)の増収増益で着地した。コメの原材料高が主な増収要因。今年は70期の節目を迎え、第…