日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 小売

    近商ストア、「生駒店」で移動スーパー「とくし丸」運行開始(2018.02.16)

     【関西】近商ストアは、とくし丸と提携し、4月初旬ごろから「近商ストア生駒店」で、移動スーパー「とくし丸」の運行を開始する。

     近年、「買い物弱者(買い物難民)」と言われる日常の買い物に不自由する生活者が激増し、経済産業省…

  • 飲料

    和佐高志担当副社長(左)とホルヘ・ガルドゥニョ社長

    日本コカ・コーラ、強炭酸水を訴求 消費者との絆拡大(2018.02.14)

     日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長は「さらなる成長にはイノベーションがポイントとなる。そのキーワードは“高付加価値”“パッケージ”“デジタル”となる。焦点を定めたマーケティング活動を実現し、多くの消費者との絆を拡大したい」と…

  • 小麦加工

    トリュフ香る木の子とベーコンのカルボナーラ風皿うどん

    マルタイ、太麺皿うどん対象に「大名マルタイ」開催 30店が独自メニュー(2018.02.14)

     【九州】マルタイでは主力の棒状「マルタイラーメン」と並んで、「長崎皿うどん」がもう一つの柱としてラインアップしている。発売して40年に迫り超ロングセラー商品だが現在、通常の「同白湯風味」「同オイスターソース味」のほかに、「太麺皿うど…

  • 酒類

    新商品を手にする西村隆沢の鶴代表取締役社長(右)と新村誠ヤンマーアグリ事業本部副本部長

    沢の鶴、ヤンマーと純米大吟醸発売(2018.02.14)

     【関西】沢の鶴とヤンマーは、新たな酒米を使った新商品「沢の鶴 X01」を26日から一般販売すると7日、発表した。ヤンマーが独自の営農支援メニューを活用してコメ作り、沢の鶴が醸造、販売を手掛ける。

     酒造りに使用するコメは…

  • 乳肉・油脂

    右から三井基史乳食品営業部部長、酒井隆加工食品営業本部長、河原恒調理食品営業部部長

    明治、春の新提案16品 家庭用マーガリン活性化、ロゴマーク付けて訴求へ(2018.02.14)

     明治は8日、乳食品・加工食品の新商品4品、リニューアル品12品を発表した。新商品は、成長市場のチーズと独自性あるチルドカレーに2品ずつを投入。3月から家庭用マーガリン類で、トランス脂肪酸発生要因となる部分水素添加油脂の不使用も公表し…

  • 冷凍・チルド

    自信作を手にする山下健一部長

    日清食品冷凍18年春 スゴイ「時短」を追求 新たにプレミアムパスタ(2018.02.14)

     日清食品冷凍は家庭用冷食の春夏商品として、新12品・リニューアル5品を3月1日から発売する。

     “スゴイ「時短」をサポート”を開発の視点に据え、“心のゆとり”を生む時短価値の提案に注力。(1)家庭では作れない贅沢な味(2…

  • 調味

    カゴメ、個人株主へ決算説明会 企業情報ニーズ高まりで(2018.02.14)

     カゴメは7日、食品業界で珍しい、個人株主向け決算説明会(写真)を初めて開いた。経営戦略や業績といった、企業情報のニーズが高まっていると判断した。中央区の東京本社で開催し、「ファン株主政策は企業活動の中心」(カゴメ高野仁執行役員経営企…

  • 飲料

    ヤクルト本社、「ヤクルトライト」インド発売開始(2018.02.14)

     ヤクルト本社は8日、海外子会社のインドヤクルト・ダノン社を通じて、カロリー低減タイプの「ヤクルトライト」を現地で新発売した。容量は65ml×5本でポリスチレン容器入り。希望小売価格は80ルピー(1ルピー=1.71円で約137円)。デ…

  • その他

    LINE Pay、アクアシティお台場で決済導入(2018.02.14)

     LINE Payは9日から、東京都港区の大型複合商業施設「アクアシティお台場」で、コミュニケーションアプリ「LINE」で展開するスマートフォン向け電子決済サービス「LINE Pay」による決済の導入を開始した。同施設内約120店舗で…

  • 農産加工

    市販用ライスペーパー

    ケンミン食品、ライスペーパーに参入 角型で巻きやすさ訴求(2018.02.14)

     【関西】ケンミン食品は今春、ライスペーパー市場に参入する。国内メーカー製造商品は珍しい。パクチーブームに代表されるタイ・ベトナム料理の裾野拡大する中、このけん引役でもあるビーフン最大手の同社だけに、ライスペーパーの主要用途「生春巻き…

  • 調味

    BIB自動充填設備

    オタフクソース、業務用ラインに自動充填設備(2018.02.14)

     【中国】オタフクソースはこのほど、本社工場内の業務用商品製造ラインに、充填(じゅうてん)から箱詰め、出荷口への搬送などの工程を自動化した冷却装置付きの自動充填設備を導入した。同設備の導入で、作業工程にかかる人員が従来の5分の1程度に…

  • 農産加工

    ロウカット玄米の海外向け商品

    ロウカット玄米、シンガポールに 東洋ライスが拡販(2018.02.14)

     「金芽ロウカット玄米(ロウカット玄米)」の海外向け商品「Kinmemai Better Brown」が、シンガポールの食品流通で導入が進んでいる。発売元の東洋ライスでは、この日本発の健康米をメディカルライスと位置付け、従来の日本米に…

  • 機械・資材・IT

    高砂熱学工業「GODAクラウドサービス」 “ウラの省エネ”支援本格展開(2018.02.14)

     高砂熱学工業は企業・施設の省エネ推進サポートツール「GODAクラウドサービス」の本格展開を開始する。現地運用者(エネルギー管理者)を遠隔地から専門家がサポートし、高度なエコチューニング(温室効果ガス削減のための設備機器・システムなど…

  • 小麦加工

    「オーマイ PREMIUM 生パスタ フェットチーネ」

    日本製粉、春季家庭用新商品55品発表 生パスタを常温帯で導入(2018.02.14)

     日本製粉は5日、18年春季家庭用新商品を発表した。藤井勝彦執行役員食品部門長は、「簡便・健康・機能性・個食化・小容量化など多様な消費者ニーズへの対応とトレンドメニューの商品化をテーマとした上質感の2点を基軸として、ドライグロサリーで…

  • 菓子

    篠田昭新潟市長(左)から表彰状を授与

    亀田製菓、働き方改革推進で新潟市から表彰(2018.02.14)

     亀田製菓は1月30日、新潟市から「ワーク・ライフ・バランス推進賞」「新潟経済同友会特別表彰」を受賞した。週2回のノー残業デー、フレックスタイム制導入などの取組みが評価された。新潟市はワーク・ライフ・バランス推進や女性の活躍推進のため…

  • 乳肉・油脂

    商品発表会に登場した(右から)同社井上大悟専務、ガリガリ君、桔梗屋の中丸純専務

    赤城乳業、「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」復活 桔梗屋工場でイベント実施(2018.02.14)

     赤城乳業は6日、17年2月に発売して好評だった桔梗屋とのコラボアイス「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」をリニューアル発売した。今年はもち菓子と黒みつソースが先端から縦に入っており、もち菓子・黒みつソース・きなこかき氷、きなこアイ…

  • 小麦加工

    日清水溶きいらずのとろみ上手

    日清フーズ、ボトルタイプ「とろみ上手」発売 デジタル・健康軸に展開(2018.02.14)

     日清フーズは7日、18年春の家庭用新製品を発表した。

     小池祐司社長は、17年下期から取り組んでいるデジタル施策(#ママワザ)や昨年末に開催した「青の洞窟」イルミネーションイベントの成果を紹介しながら、「今春は新たに片栗…

  • 菓子

    右から藤原かおり本部長、エリック高畑ハワイ州観光局長、ミスハワイのキャサリン・テルヤさん

    カルビー、「フルグラ」活性化へ 春夏限定品がハワイ州観光局公認(2018.02.14)

     カルビーは、「フルグラ」の期間限定商品の活性化に取り組む。5日発売の「フルグラ トロピカルココナッツ味」でハワイ州観光局公認認定を取得し、パッケージに公認認定マークを加刷した。

     6日に東京都内の同社本社で開催したイベン…

  • 水産加工

    なとり、18年春夏第1弾を発売 新たな需要喚起図る(2018.02.14)

     なとりは、18年春夏新製品第1弾6品を3月12日に発売する。独自技術や得意とする加工技術で付加価値を付けた商品を展開し新たな需要を喚起する。

     「チーズスティック」(写真(左))は、チーズの喫食傾向が、時間を問わずおやつ…

  • 調味

    開発された「焼肉の糀たれ」

    高校生と老舗企業がコラボ 岡山発「焼肉の糀たれ」発売(2018.02.14)

     【中国】岡山県立岡山南高校の生徒と岡山県真庭市の老舗味噌メーカー河野酢味噌製造工場、藤徳物産はこのほど、「焼肉の糀たれ」を共同開発。4月1日から新発売する。

     岡山南高校商業学科では、岡山県商業教育協会が主催する「一校一…