日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 調味

    協定書を披露する村井嘉浩知事(左)と寺田直行社長

    カゴメと宮城県、東北で初の包括連携 健康と活性化貢献(2018.05.16)

     【東北】カゴメは8日、宮城県と包括連携協定を結び、県庁で寺田直行社長、村井嘉浩知事が協定書を交わす締結式が行われた。(1)水産物や野菜など県産品の価値向上(2)健康寿命延伸(3)食育(4)震災からの復興(5)住民生活の向上--などで…

  • その他

    日本食糧新聞社、第27回食品安全安心・環境貢献賞の候補募集(2018.05.16)

     日本食糧新聞社は、第27回食品安全安心・環境貢献賞の候補を募集します。食の安全・安心や環境保全の分野で先駆的な活動や成果を挙げた企業・団体が対象です。自薦、他薦を問いません。詳細は当社ホームページ(http://info.nissy…

  • 酒類

    共同宣言文を囲んでガッツポーズの関係者(前列左から3人目が高井利洋大阪ワイナリー協会会長)

    大阪ブドウ・ワイン関係者、共同宣言を採択 産業興し地域活性化(2018.05.16)

     【関西】官民の垣根を越えた大阪ブドウ・ワインの関係者が一堂に会し、産業振興による地域活性化を目指す共同宣言を採択した。10日開催された、大阪府環境農林水産総合研究所「ぶどう・ワインラボ」の開設を記念した「『大阪ぶどう』地域活性化サミ…

  • その他

    受賞者とその夫人らも列席した表彰式。岩崎和巳氏(左から2人目)、岩元睦夫氏(同3人目)、中村保典氏(右から3人目)

    第28回日本農業研究所賞、岩元睦夫氏ら受賞(2018.05.16)

     日本農業研究所が主催する第28回日本農業研究所賞の表彰式が9日、ホテル・ルポール麹町で行われた。受賞者は、岩崎和巳元農林水産省農業工学研究所長「農業用水路系の水理設計法に関する研究」、岩元睦夫鹿児島県大隅加工技術研究センター所長「食…

  • 調味

    1分間に275本を生産する新ライン

    ブルドックソース館林工場、新ラインの稼働順調(2018.05.16)

     ブルドックソースは、館林工場で新たな柱として育成している「&Bull-Dog」製品などを生産する新ラインを報道向けに8日、公開した。新ラインは2月に竣工し、順調な稼働を続けている。新たな柱と位置付ける「&Bull-Dog」はスパイス…

  • 機械・資材・IT

    横河電機、小型電池駆動無線入力ユニット開発(2018.05.16)

     横河電機は小型で電池駆動する無線入力ユニット「GX70SM」(写真)を開発し、5月から国内販売を始めた。広いプラント内や障害物が多い場所での利用が可能な920MHz帯無線通信機器シリーズ「SMART920(※)」の新ラインアップ。<…

  • 酒類

    石川彌八郎社長(右)と津久浦慶明社長

    石川酒造とコンタツ、東京発クラフトビール第3弾「トーキョーブルース」定番揃う 訪日客に積極PR(2018.05.16)

     東京・福生の酒蔵・石川酒造と首都圏を基盤にする老舗卸・コンタツは、共同開発した東京発のクラフトビール「トーキョーブルース」の第3弾となる「シングルホップウィート」を10日、東京都内で発表した。

     石川酒造の石川彌八郎社長…

  • 菓子

    カフェで提供するメニューと森恵愛PM(左)、ジョン・フォスCEO

    大塚食品、魅力や世界観訴求 “チアシード”カフェ開催(2018.05.16)

     チアシードビスケット「しぜん食感 CHiA」を展開する大塚食品は、西オーストラリアで“チアシード”を生産・販売するThe Chia Co(ザ・チアコー)社と初のコラボレーションとなる「チアシードカフェ」を4月27日から5月4日までの…

  • 酒類

    中山太郎支社長(右)から大江かおり代表へ助成金が贈呈された

    キリン福祉財団、地域活性化へ助成金 自然環境保護や子ども食堂を支援(2018.05.16)

     【中国】キリンビール広島・山口支社は9日、公益財団法人キリン福祉財団の「キリン・地域のちから応援事業」の助成金贈呈式を広島市中区のキリンビール中四国統括本部で実施した。広島県では県内の2団体に対して合計59万円の助成金を贈呈した。<…

  • 菓子

    人気芸人のチョコレートプラネットとタレントの岡田結実(左)

    マース ジャパン、「M&M's」で新提案 食べるアート展開く(2018.05.16)

     マース ジャパン リミテッドは、チョコレートブランド「M&M's」のカラフルな色合いで「お口でとろけて、手にとけない」という特徴を活用し、同品を使ってアート作品を作るという新たな楽しみ方を提案する。

     同品を使用した作…

  • 菓子

    開発に取り組んだ女子生徒たち

    よつ葉乳業、北星学園女子とパフェ共同開発 直営店で販売(2018.05.16)

     【北海道】よつ葉乳業は9日、北星学園女子中学高等学校と共同開発したパフェメニューの試食会を行い、同社直営店の「ミルク&パフェよつ葉 ホワイトコージ札幌パセオ店」で15日から販売している期間限定パフェを紹介した。

     同校が…

  • 菓子

    明治、「キシリッシュ」全面刷新(2018.05.16)

     明治は、体感できる清涼感とスッキリ感を追求し、全面リニューアルした「キシリッシュ」(写真)シリーズを15日から全国発売した。

     「キシリッシュ」シリーズは「新・呼吸」をコンセプトに、体感できる清涼感とスッキリ感を追求、の…

  • 菓子

    中島大祥堂、夏季限定「ゆず流し」販売 多田錦柚子を使用(2018.05.16)

     【関西】和洋菓子製造販売の中島大祥堂は、展開するブランドの一つ「中島大祥堂」の古民家カフェ「中島大祥堂丹波本店」(兵庫県丹波市)とオンラインショップで、年間数tしか収穫されない「多田錦柚子」を使用したスイーツ「ゆず流し」(写真)を、…

  • 飲料

    日世、飲料用ベース「ごほうび果樹園」開発 果肉残す技術を応用(2018.05.16)

     【関西】ソフトクリームの総合メーカー、日世がこのほど、業務用商材の拡充の一環として果肉入りドリンク用ベース「ごほうび果樹園」(写真)を開発し、22日からカフェや喫茶店、居酒屋、バーラウンジなど向けに販売する。

     果肉入り…

  • 農産加工

    なとり、「食塩無添加アーモンド」発売 植物油脂使わず自然の味わい提供(2018.05.16)

     なとりは6月4日、体にうれしい自然の味わいの「食塩無添加 アーモンド」(写真)を発売する。美容・健康志向の高まりの中、ナッツ市場が拡大。特に最近は、塩分を気にせず毎日食べられる無塩タイプが伸長していることから、ナッツでも人気が高いア…

  • 乳肉・油脂

    「練乳がけいちご氷」

    セイヒョー、練乳シリーズ2品追加 夏の定番充実へ(2018.05.16)

     【新潟】セイヒョーは5月中旬から、「練乳がけいちご氷」「同レモン氷」(150ml100円)を新潟県内のSM、一般小売店で発売する。これまでの「かき氷」「かき氷フロート」に加え、練乳シリーズを追加。濃厚な練乳の甘さと、さっぱりとしたか…

  • 小売

    地元産品の直売所をMUJI風の売場に一新

    良品計画、MUJI流の6次化支援 千葉・鴨川に常設拠点(2018.05.16)

     良品計画は4月27日、千葉県鴨川市の地域交流センターの指定管理者として「里のMUJIみんなみの里」を開設した。1999年開業の旧施設は、地元生産者の直売所だけだったが加えて、無印良品の店舗・カフェを併設したほか、6次産業化を支援する…

  • 小売

    今期5店目、売場面積446坪の流山おおたかの森店

    マルエツ、コスト管理を徹底 標準店は人時効率追求(2018.05.16)

     マルエツの店舗フォーマットは、1000平方m前後から1500平方mを超える場合もあるレギュラー店と、300平方mクラスを中心とするマルエツ プチに分かれる。店名の違いは売場面積やプロセスセンター(PC)の活用度合いなどで線引きしてい…

  • 小売

    竹野浩樹社長

    サミット、食べ方提案の新機軸 総買上点数を指標に(2018.05.16)

     サミットの17年度は、既存店ベースで客数が2.4%増、15年対比では6%増と伸長している。価格政策を見直したほか、即食品の拡充、遊び心を取り入れたチラシ販促などで顧客の共感を得た。今期は客数増に寄与したこれまでの取組みを進化させ、戦…

  • 外食

    「さかな100%プロジェクト」事業説明会には宇和島から漁業関係者も応援に駆け付けた

    くらコーポレーション、国産天然魚の未利用部位を活用 養殖用飼料に(2018.05.14)

     くらコーポレーションは、東京都内で大手回転寿司チェーン初となる国産天然魚の未利用部位を活用する「さかな100%プロジェクト」を開始した。同社国産天然魚加工センター・貝塚センターから出る年間約600tの魚の骨やアラなどの食べられない部…