日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ADEKA、17年3月期は売上げなど過去最高

乳肉・油脂 2017.06.23 11546号 02面

郡昭夫社長

 ADEKAの17年3月期連結決算は、売上げ・利益ともに過去最高を更新した。海外事業が円高の影響を受けたものの販売数量を伸ばし、食品事業は大幅増益を果たしている。中計最終年度となる今期は4月から価格改定を実施。「国内では戦略製品の拡販とコスト削減などによる収益改善を図り、海外では現地のニーズや嗜好(しこう)に対応する商品開発を加速する」(郡昭夫社長)方針。

 同社の前期業績は売上高2234億4000万円(前年比0.3%増)、営業利益210億4100万円(同9%増)、経常利益21...続きを読む

  • 乳肉・油脂

    郡昭夫社長

    ADEKA、17年3月期は売上げなど過去最高(2017.06.23)

     ADEKAの17年3月期連結決算は、売上げ・利益ともに過去最高を更新した。海外事業が円高の影響を受けたものの販売数量を伸ばし、食品事業は大幅増益を果たしている。中計最終年度となる今期は4月から価格改定を実施。「国内では戦略製品の拡販…

  • 乳肉・油脂

    石原忍常務

    カネカ、17年3月期は食品部門大幅増益(2017.06.23)

     カネカの17年3月期連結決算は第3四半期までの円高が海外部門に影響し、減収減益となった。ただし食品部門は調達コストなどでプラスに働いたほか、新製品の拡販などで大幅な増益で着地。今期からは3ヵ年の新中計を始動、大幅な事業組織の変更や事…

  • 飲料

    柴田裕社長

    キーコーヒー、17年3月期は家庭用が好調 今期も増収増益へ(2017.06.23)

     キーコーヒーの17年3月期の連結決算は売上高が629億9600万円(前年比2.9%減)となったが、営業利益は13億7700万円(同30.7%増)、経常利益15億5900万円(同13.5%増)と大幅増となった。増益の要因は好調な家庭用…

  • 乳肉・油脂

    小澤二郎社長

    かどや製油、2期連続大幅増益 「リカちゃん」とコラボで今期拡販狙う(2017.06.21)

     かどや製油の17年3月期業績は2期連続で大幅増益を達成、営業利益ベースで倍以上の伸長を果たした。原料環境が落ち着いたことに加え、家庭用ごま油の競合との価格差が縮小し、通期での拡販に成功した。今期は家庭用純正ごま油で「リカちゃん」を起…

  • 卸・商社

    三井食品、7年3月期売上高は過去最高更新 大型取引の消失カバー(2017.06.21)

     三井食品の17年3月期連結決算(一部既報)は売上高7989億5800万円(前年比0.8%増)、営業利益21億円(同5.0%増)、経常利益24億5900万円(同0.5%減)で着地した。

     2ヵ年中計「NSP2017」の最終…

  • 乳肉・油脂

    日清オイリオグループ、17年3月期は過去最高益で着地(2017.06.16)

     日清オイリオグループの17年3月期は、経常利益と当期純利益で過去最高益を記録、大幅な増益で着地した。今期から始動する新中計で、既存の「構造改革」に加え、領域拡大を目指す「成長戦略」にも軸足を置くことを表明している同社だが(本紙既報)…

  • 惣菜・中食

    ロック・フィールド、2017年4月期決算(2017.06.16)

     17年4月期(カッコ内は前年比)

     【連結】▽売上高507億2000万円(1.6%増)▽営業利益30億2000万円(18.5%増)▽経常利益30億6400万円(18.6%増)▽当期純利益20億8400万円(28.6%増)…

  • 調味

    結城幸一氏

    ミツカングループ、16年度決算は減収増益 国内食酢2桁成長(2017.06.12)

     ミツカングループは5日、16年度(17年2月期)決算発表を売上高2334億円(前年比6.1%減)、経常利益140億円(同193.9%増)と発表した。国内事業の家庭用食酢やぽん酢・鍋つゆが、グループ基盤を支える事業として着実に成長した…

  • 小麦加工

    千葉製粉、17年3月期は減収増益 機能素材が好調(2017.06.09)

     千葉製粉が5日に発表した17年3月期(第70期)決算は製粉および食品部門が減収だったが、機能素材部門が売上げ好調で利益に大きく貢献し、営業利益は大幅な増益となった。今年11月に創立70周年を迎えることから配当は4円増配して1株当たり…

  • 外食

    関西外食・中食企業17年3月期決算と今期の動向(2017.06.09)

     【関西】関西本社の主要外食・中食企業5社の17年3月期が出揃った。各社が懸念する「ESの向上」と「働き方改革」が本格化した前期の業績と成果、今期の取組みや重点施策をまとめた。(篠原里枝)

  • 調味

    宮崎遵社長

    エバラ食品工業、17年3月期は増収増益 「黄金の味」好調(2017.06.07)

     エバラ食品工業の17年3月期連結決算は、主力商品の「黄金の味」が好調な売上げとなり、増収増益となった。連結売上高は513億6500万円(前年比1.3%増)、営業利益18億6400万円(同6.2%増)、経常利益19億2300万円(同6…

  • 農産加工

    東洋ライス、17年3月期は金芽米など堅調(2017.06.07)

     東洋ライスの17年3月期は、売上高前年比0.7%減の81億9700万円、経常利益同4.2%増の14億4600万円だった。2本柱のうち精米機器関連事業部門が、コメ離れによる米穀卸業界の設備投資意欲減退を受け前年を割り込んだが、独自開発…

  • 小麦加工

    中国・康師傅、16年度業績は減収減益 25周年で発展目指す(2017.06.07)

     サンヨー食品が資本参加している中国の大手食品メーカー康師傅(カンシーフ)控股有限公司の16年度業績(1~12月)は減収減益となった。17年度は多様化する消費者ニーズに対応した革新的な商品開発を推進、康師傅ブランド発売25周年に当たり…

  • 外食

    阿部公祐社長

    ファンデリー、17年3月期は大幅2桁増益 MFD会員の拡大順調(2017.06.02)

     健康食宅配サービスなどを展開するファンデリーの17年3月期決算は、栄養士によるカウンセリング宅配サービスなどを行うMFD(健康食宅配)事業の会員数増加や業務受託などのマーケティング事業が堅調に推移し、大幅な2桁増益を達成した。「今期…

  • 外食

    サトレストランシステムズ、2017年3月期決算(2017.06.02)

     17年3月期(カッコ内は前年比)

     【連結】▽売上高433億5400万円(8.2%増)▽営業利益4億0500万円(25.1%減)▽経常利益4億1600万円(15.3%増)▽当期純損益2億3400万円(-)▽年間配当金5円…

  • 外食

    トリドールホールディングス、2017年3月期決算(2017.06.02)

     17年3月期(カッコ内は前年比)

     国際会計基準(IFRS)を適用

     【連結PL(IFRS)】▽売上収益1017億7900万円(6.5%増)▽営業利益86億1900万円(1.3%減)▽税引前利益84億6600…

  • 卸・商社

    佐々木淳一社長

    日本アクセス、17年3月期は2兆円の大台突破 利益率、3期ぶり1%超(2017.05.31)

     日本アクセスの17年3月期連結決算は、売上高が7期連続増収で初めて2兆円の大台を突破した。経常利益率も3年ぶりに1%台を確保。2年間の中計最終年度となる今期は、売上高を当初計画から500億円上方修正し2兆1500億円、経常利益は25…

  • 調味

    炭井孝志社長

    ケンコーマヨネーズ、2期連続最高益更新 中計達成目前に(2017.05.31)

     ケンコーマヨネーズの17年3月期連結決算は、2期連続で過去最高益となった。前期は経常利益40億1700万円(前年比17.2%増)で着地。売上高は708億1200万円(同5.8%増)となり、6期連続の増収、5期連続の過去最高売上高を更…

  • 小麦加工

    シマダヤ、17年3月期はチルド麺2桁増 子会社の採算改善で連結大幅増益(2017.05.29)

     シマダヤの17年3月期決算は、単体で売上高360億9300万円(前年比10.2%増)、経常利益18億円(同3.7%増)、純利益10億9600万円(同0.7%減)。連結では売上高372億7800万円(同1.1%増)、経常利益22億20…

  • 調味

    ハウス食品グループ本社、17年3月期は売上げ・利益大幅増 主力カレールウなど堅調(2017.05.29)

     ハウス食品グループ本社の17年度3月期決算は主力のカレールウなどが好調に推移したこととともに、新たに連結業績に加わった壱番屋やギャバンの効果が寄与したことで増収増益となった。

     17年3月期の連結ベースの業績は売上高が前…