日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マルイチ産商、第1四半期は増収増益 水・畜産が堅調

卸・商社 2018.08.20 11749号 02面

 【長野】マルイチ産商の2019年3月期第1四半期決算(連結)は、基幹の水産事業や畜産事業が堅調に推移し、売上高539億3800万円(前年比1.5%増)、営業利益2億7300万円(同0.5%増)の増収増益だった。

 基幹の水産事業はブリやタイ、銀ザケなど養殖魚の生産拡大と販売強化、独自商品や惣菜関連の開発・拡売が進み、売上高は315億7000万円と2.6%伸びた。一方、営業利益は水産物全体で仕入れ価格が上がったことから、4.1%減の1億1500万円だった。

 一般食品事業は、県外...続きを読む

  • 卸・商社

    マルイチ産商、第1四半期は増収増益 水・畜産が堅調(2018.08.20)

     【長野】マルイチ産商の2019年3月期第1四半期決算(連結)は、基幹の水産事業や畜産事業が堅調に推移し、売上高539億3800万円(前年比1.5%増)、営業利益2億7300万円(同0.5%増)の増収増益だった。

     基幹の…

  • 菓子

    三須和泰社長

    カンロ、第2四半期は大幅な増収増益に あめ、グミが高成長(2018.08.17)

     カンロの18年12月期第2四半期連結決算は、大幅な増収増益で着地した。中期経営計画「New KANRO 2021」中の「売上げ拡大戦略」で示した17年から18年は、あめを中心に事業拡大しグミ増産体制が完了する19年以降、グミを中心に…

  • 小麦加工

    山崎製パン、第2四半期は増収減益 菓子パンなど堅調(2018.08.17)

     山崎製パンの18年12月期第2四半期連結決算は、増収減益となった。食パン部門、菓子パン部門、洋菓子部門が堅調に推移したことに加え、調理パン・米飯類部門が好調に推移したことで、売上高は前年同期比1.2%増の5293億7600万円となっ…

  • 乳肉・油脂

    六甲バター、第2四半期はチーズ類伸び売上高8.3%増(2018.08.17)

     【関西】六甲バターの18年12月期第2四半期業績は、売上高254億3900万円(前年同期比8.3%増)、営業利益21億0200万円(同22%減)、経常利益20億9600万円(同22.1%減)となり、純利益は14億3700万円(同22…

  • 菓子

    ブルボン、2019年3月期第1四半期連結決算(2018.08.17)

     19年3月期第1四半期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高289億9900万円(前年比1.7%増)▽営業利益12億1500万円(同8.9%増)▽経常利益14億4900万円(同25.4%増)▽純利益10億9700万円(同4…

  • 卸・商社

    三菱食品、2019年3月期第1四半期決算(2018.08.17)

     19年3月期第1四半期(カッコ内は前年比)

     ▽売上高6430億4100万円(前年比5.0%増▽営業利益31億8900万円(同14.5%増)▽経常利益39億0700万円(同22.8%増)▽四半期純利益25億7500万円(…

  • 菓子

    亀田製菓、2019年3月期第1四半期連結決算(2018.08.17)

     19年3月期第1四半期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高234億5300万円(前年比0.4%減)▽営業利益3億9000万円(同34.4%減)▽経常利益6億2700万円(同29.5%減)▽純利益2億7500万円(同50.…

  • 卸・商社

    日本アクセス、2019年3月期第1四半期連結決算(2018.08.17)

     19年3月期第1四半期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高5257億6900万円(前年比1.0%減)▽営業利益24億6600万円(同27.6%減)▽経常利益25億9800万円(同26.7%減)▽純利益15億4200万円(…

  • 小売

    アクシアルリテイリング、第1四半期は好天で増収(2018.08.13)

     【新潟】アクシアルリテイリングの19年3月期第1四半期連結決算は、計画を若干上回る増収減益だった。大型店の改装休業中の売上げ減があったものの、改装後に予定を上回る実績を挙げているほか、比較的新潟を中心とするエリアは天候に恵まれ買い上…

  • 飲料

    樋口達夫社長兼CEO

    大塚ホールディングス、ニュートラシューティカルズ事業84億円増収(2018.08.13)

     大塚ホールディングス(HD)の18年12月期第2四半期連結決算は、前年比で増収増益を達成した。「ポカリスエット」などを含むニュートラシューティカルズ(NC)関連事業の売上収益は前年比84億円増の1627億円で折り返した。8日、東京都…

  • 飲料

    小郷三朗社長

    サントリー食品インターナショナル、上期増収増益に 構造改革を推進(2018.08.13)

     サントリー食品インターナショナルの18年度第2四半期連結決算は増収増益となった。売上収益は6138億6300万円(前年比3.9%増)、営業利益は563億9100万円(同3.5%増)。日本をはじめアジアや欧州リージョン(地域)の事業が…

  • 菓子

    岩塚製菓、3月期通期予想 経常益、純利益を増額(2018.08.13)

     岩塚製菓は19年3月期連結業績予想のうち、経常利益と純利益を上方修正した。同社が株式を保有するワンワンチャイナホールディングスの期末配当で、記念配当が見込まれたため。

     通期予想は、売上高で247億円(前年比3.8%増)…

  • 卸・商社

    伊藤忠食品、2018年3月期第1四半期連結決算(2018.08.13)

     18年3月期第1四半期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高1678億0800万円(前年比3.9%増)▽営業利益7億7900万円(同23.8%増)▽経常利益10億7600万円(同72.6%増)▽四半期純利益7億4600万円…

  • 卸・商社

    ボーキ佐藤、上期売上げ1.2%増に(2018.08.10)

     【東北】ボーキ佐藤の上期(1~6月)売上げは1.2%増、営業利益は50%増と高い伸びとなった。エリア別の売上げは、帳合変更の影響で北東北が2%減、関東は1%減と数字を落としたが、南東北は3.9%増となった。カテゴリー別では、嗜好(し…

  • 酒類

    オエノンホールディングス、増収増益で折り返し チューハイけん引(2018.08.08)

     オエノンホールディングスの18年12月期第2四半期連結決算は、売上高383億9000万円(前年比1.9%増)、営業利益8億5700万円(6.2%増)、経常利益8億6800万円(4.8%増)の増収増益だった。このうち酒類は売上高、2%…

  • 酒類

    アサヒグループHD、上期で初の売上げ1兆円超えに(2018.08.06)

     アサヒグループホールディングス(HD)の18年12月期の第2四半期連結業績は、売上げが上半期として初の1兆円を超えた。欧州エリアでの伸びがけん引した国際事業が期初計画を200億円を上回るなど好調だった。

     売上収益は前年…

  • 冷凍・チルド

    テーブルマークHD、6月中間は原料高響き減益に(2018.08.06)

     日本たばこ産業(JT)グループで加工食品事業を担うテーブルマークホールディングス(HD)の6月中間期連結業績(IFRS)は、柱の冷食・常温分野が前年比0.4%減収、調味料分野が2.8%増収、ベーカリー分野が6.5%減収となり、総売上…

  • 卸・商社

    大手総合卸7社17年度業績 増収を全社確保 改正酒税法の影響色濃く(2018.08.03)

     大手総合卸7社の17年度決算は全社が増収で着地し、経常増益は前年の3社から5社へ増加した。総合商社の垂直統合政策による有力チェーンの帳合集約、各社が力を注ぐ低温関連事業の伸長などで規模を拡大し、市場の上位集中化が一段と進んだ格好だ。…

  • 冷凍・チルド

    ニチレイ、第1四半期は加工食品苦戦もばん回へ(2018.08.03)

     ニチレイが7月31日発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が前年比1.7%増1413億円、営業利益16.6%減65億円、経常利益14.9%減69億円、純利益7.7%減46億円だった。低温物流と畜産が増収をけん引し、加工食品…

  • 小麦加工

    日清製粉グループ本社、第1四半期は8%増収に(2018.08.03)

     日清製粉グループ本社の19年3月期第1四半期連結累計期間決算は、国内製粉事業における前年の小麦粉価格改定の影響やエンジニアリング事業における大型工事の進捗(しんちょく)によって前年比8.0%の増収となった。また食品事業およびその他事…