日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「麦わらぼうしの会」交流会開催 国産小麦で循環の輪

小麦加工 2017.03.27 11502号 02面

笠原健一会長

 笠原産業が中心となって国産小麦の消費拡大を目指す「麦わらぼうしの会」は22日、第3回麦わらぼうしの会交流会を東京・帝国ホテルで開催し、政界、関係官庁、生産者、製粉・2次加工メーカーなど多数が参集して、盛会だった。

 笠原健一会長(笠原産業社長)は、「国産小麦の生産から消費までそれぞれ携わる人々が支え合い循環の輪を形成し、さらには人・小麦・土地(自然)のトライアングルで国産小麦の再生産を可能として消費拡大を目指した麦わらぼうしの会は、02年に誕生して間もなく丸15年を迎える。当...続きを読む