春季清酒特集

◆春季清酒特集:家飲み需要、高まり続く 定番・健康志向商品を訴求

酒類 2021.04.14 12214号 04面
兵庫県西宮市内の6社がブースを設けた新酒販売会

兵庫県西宮市内の6社がブースを設けた新酒販売会

 春夏のシーズンを迎えた清酒業界。前年から続くコロナ禍の中、業務用は苦戦が続くものの、家飲み需要の高まりを受けて家庭用市場のパック系商品は好調だ。とはいえ業務用市場の落ち込みをカバーするには至っていないのが実情。春先の恒例行事「蔵開き」の多くが前年に引き続き中止を余儀なくされたものの、兵庫県西宮市では3月、同市内の6社が一堂に会し感染防止対策を徹底した上で新酒販売会を開催するなど、ウィズコロナ時代の新たな取組みも見られた。(藤林敏治)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 春季清酒特集

    春季清酒特集

    酒類

     春夏のシーズンを迎えた清酒業界。前年から続くコロナ禍の中、業務用は苦戦が続くものの、家飲み需要の高まりを受けて家庭用市場のパック系商品は好調だ。とはいえ業務用市場の落ち込みをカバーするには至っていないのが実情。春先の恒 […]

    詳細 >