春季清酒特集

春季清酒特集:大関 SNSで若年層に飲用喚起

酒類 2021.04.14 12214号 04面

 大関の20年4月~21年2月の業績は、数量ベースで前年比11%減。パック酒の「のものも」をはじめ、「上撰」系は比較的好調だったものの「ワンカップ」系が苦戦した。業務用市場はコロナ禍の影響を受けた。ただ「上撰 辛丹波」1.8L瓶は、コロナ禍による家飲みの需要増を受け、これまで飲食店で飲用していた層から家庭で手軽に楽しみたいというニーズの高まりにより、取り扱いが増えている。
 今季は、自分時間を楽しむ飲用シーンへ向けた新たな提案として、「MYST(ミスト

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 春季清酒特集

    春季清酒特集

    酒類

     春夏のシーズンを迎えた清酒業界。前年から続くコロナ禍の中、業務用は苦戦が続くものの、家飲み需要の高まりを受けて家庭用市場のパック系商品は好調だ。とはいえ業務用市場の落ち込みをカバーするには至っていないのが実情。春先の恒 […]

    詳細 >