春季清酒特集

春季清酒特集:沢の鶴 生貯蔵、ロックで楽しむ純米原酒

酒類 2021.04.14 12214号 05面

 沢の鶴の20年4月~21年3月の業績は、数量ベースで前年比7~8%減で着地の見込み。延期された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見込み、インバウンド向けに発売した商品がコロナ禍で影響を受けた。売上げの12~13%を占める業務用でも一升瓶関係が同約4割減となった。ただ家庭用では昨秋、酒質をリニューアルしたパック酒の「米だけの酒」がリニューアル効果もあり同5%増。「上撰」と「丹頂」の2Lパックも同10%増となり、家飲み需要に対応している。コロナ禍で外出を控

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 春季清酒特集

    春季清酒特集

    酒類

     春夏のシーズンを迎えた清酒業界。前年から続くコロナ禍の中、業務用は苦戦が続くものの、家飲み需要の高まりを受けて家庭用市場のパック系商品は好調だ。とはいえ業務用市場の落ち込みをカバーするには至っていないのが実情。春先の恒 […]

    詳細 >