春季清酒特集

春季清酒特集:黄桜 「呑 純米 きりっと」に1.8Lパック追加

酒類 2021.04.14 12214号 04面

 黄桜は21年9月期(20年10月~21年9月)決算に向けた上半期における売上高として、数量ベースで前年実績クリアを目指す。「黄桜 辛口一献」シリーズ、「黄桜 呑」シリーズなどの動きが良い。特定名称酒全般も同様だが、中でも「特撰 黄桜 花きざくら」「黄桜 京のとくり 純米大吟醸」が好調で、特に「花きざくら」は国内、輸出とも好調を維持した。
 今季は「白い呑」シリーズが順調に推移しているため、黄桜「呑 純米 きりっと」に1.8Lパック(税別参考小売価格1

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 春季清酒特集

    春季清酒特集

    酒類

     春夏のシーズンを迎えた清酒業界。前年から続くコロナ禍の中、業務用は苦戦が続くものの、家飲み需要の高まりを受けて家庭用市場のパック系商品は好調だ。とはいえ業務用市場の落ち込みをカバーするには至っていないのが実情。春先の恒 […]

    詳細 >