全国小売流通特集

全国小売流通特集:ドラッグストア動向=業界全体で売上高8兆円

小売 2021.07.31 12269号 28面
コスモス薬品は食品カテゴリー強化型の代表格

コスモス薬品は食品カテゴリー強化型の代表格

 ◇ウエルシアが首位堅持
 日本チェーンドラッグストア協会によると、20年度ドラッグストア全体の総売上高は8兆0363億円である。大型店の新規出店でもドラッグストア企業が目立つ状況が続いており、ドラッグストア大型化の流れは継続している。そもそも医薬品売場自体は従来の売場面積が上限であり、大型化した売場の大半は食品カテゴリーによって占められることが多い。来店頻度を増やす食品カテゴリーは、ドラッグストア業態にとって極めて戦略的なカテゴリーになっている。しか

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国小売流通特集

    全国小売流通特集

    小売

     社会・経済活動は、新型コロナウイルスの感染リスクと依然として背中合わせにある。ワクチンの接種は医療従事者4万人が先行して2月17日から始まり、5月以降は全国の高齢者に、7月末には必要とされる2回目の接種を希望する高齢者 […]

    詳細 >