日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 卸・商社

    尾家啓二社長

    尾家産業、今期売上げ1000億円挑む 東西で大型投資も(2018.05.18)

     【関西】尾家産業の18年3月期は売上高956億9800万円(前年比4.6%増)、営業利益8億2100万円(同0.6%減)、当期純利益5億8800万円(同41.7%増)で着地した。

     14日の会見で尾家啓二社長は「70周年…

  • 小麦加工

    昭和産業、「消費者志向自主宣言」発表(2018.05.18)

     昭和産業は14日、消費者の声を生かした経営をより深化させるため、昭和産業グループ「消費者志向自主宣言」を公表した。

     同社は、多種多様な穀物を取り扱う「穀物ソリューション・カンパニー」として、独自のビジネスモデルとなるシ…

  • 酒類

    濱本伸一郎統括本部長(右)とギャレット・オリバー氏

    キリンビール、「ブルックリン ソラチエース」発売 空知起源のホップ使用(2018.05.18)

     【北海道】キリンビール北海道統括本部は11日、6月に国内で新発売するブルックリン・ブルワリー社「ブルックリン ソラチエース」の発表会を行い、同社マスターブルワーのギャレット・オリバー氏が来道してPRした。「ブルックリン ソラチエース…

  • 乳肉・油脂

    ギフト専用品を詰め合わせた「Olivad,OilliOエキストラバージンオリーブオイルギフト」(OL-30) 

    日清オイリオグループ、中元ギフト拡充 オリーブ油など計50品(2018.05.18)

     日清オイリオグループは今中元期、オリーブオイルギフトを拡充する。10日から順次、中元期向けの「日清オイリオギフト」計50アイテムを発売。好調な「ボスコオリーブオイルギフト」に加え、ギフト専用の「Oliva d'OilliOエキスト…

  • 小売

    のれんや手書きボードで演出した有料試飲コーナー

    エース、「北野エース調布パルコ店」に有料試飲バー導入(2018.05.18)

     エースは、4月27日にリニューアルオープンした「北野エース調布パルコ店」(東京都調布市)に、日本酒・ワインの有料試飲スペース「ちょっとBar」を導入した。有資格のアドバイザーを配置し、「本日の日本酒」(400円~)や「利き酒3種セッ…

  • 小売

    オリジナル商品を中心に1000品目を品揃え

    明治屋、イートイン併設の新型店開設 ワインと食、体験の場に(2018.05.18)

     明治屋は4月26日、東急百貨店吉祥寺店(東京都武蔵野市)の3階にイートインスペースを併設した新型店「プロヴィジョンズ&ワインズ吉祥寺」を開設した。売場面積は約50坪(164平方m)で、自社商品を中心に約1000品目を揃え、購入した商…

  • 乳肉・油脂

    明治、日本ボッチャ協会とパートナー契約(2018.05.18)

     明治はこのほど、日本ボッチャ協会とゴールドパートナー契約を締結したと発表した。同社の乳製品、栄養食品、スポーツ栄養、菓子、レトルト食品の各カテゴリーを通じて、障がい者スポーツの振興に貢献していく。

     契約期間は4月1日か…

  • 小麦加工

    小川洋知事(中央)を表敬訪問し商品をアピールする見藤史朗マルタイ社長(右)と鹿野晋太陽製粉社長

    マルタイ、「ラー麦皿うどん」発売 被災地に売上げ寄付(2018.05.18)

     【九州】マルタイは、21日からJA筑前あさくら産の「ラー麦」を100%使用した「ラー麦皿うどん」を全国で発売する。これに先駆け、見藤史朗代表取締役社長とラー麦を供給する太陽製粉の鹿野晋代表取締役社長は14日、小川洋福岡県知事を表敬訪…

  • 飲料

    増田和俊九州支店長

    カゴメ九州支店、九州・沖縄産フレーバー「野菜生活100」発売 地域の旬の味生かす(2018.05.18)

     【九州】カゴメ九州支店は14日、九州支店内で「野菜生活100」の九州・沖縄産フレーバーを4月から順次、発売しているが、これに伴い、全商品の詳細な発表を行った。

     すでに、4月3日「野菜生活鹿児島タンカンミックス」、5月1…

  • 菓子

    日清シスコ、脂質75%カットの「ごろっとグラノーラ」発売 大人の健康第2弾(2018.05.18)

     日清シスコは6月4日、大人の健康グラノーラ第2弾として「ごろっとグラノーラ 脂質75%オフ メープル仕立ての贅沢果実 400g」(写真)を全国発売する。近年、顧客のニーズが多様化するグラノーラ市場で、健康志向を背景とした機能系の商品…

  • 菓子

    栗山米菓、「七夕星たべよ」など七夕向け限定2品発売(2018.05.18)

     栗山米菓は21日、七夕に向けた期間限定商品として、「七夕ばかうけアソート」(写真)、「七夕星たべよ(サンリオ)」を全国発売する。同社の七夕企画商品は毎年好評を得ており、今年も約1ヵ月間販売する。

     「七夕ばかうけアソート…

  • 菓子

    四季の花をパッケージにデザインしギフト商品として提案している「フルール」シリーズ。夏は「向日葵」(左)と「瑠璃」を発売

    新潟味のれん本舗、「フルール」夏限定商品発売 花束のような米菓(2018.05.18)

     【新潟】岩塚製菓の子会社新潟味のれん本舗は6月1日から、作りたての国産米100%使用の米菓を詰め合わせた「夏のフルール~向日葵(ひまわり)~」「同~瑠璃~」を発売する。春に次ぐ期間限定商品で、両手いっぱいに抱く花束のような箱と米菓の…

  • 酒類

    色鮮やかな空間の中で、シャンパーニュ「ペリエ ジュエ」を提供した

    ペルノ・リカール・ジャパン、「ペリエ ジュエ」専門バー開き訴求(2018.05.18)

     ペルノ・リカール・ジャパンは11日、シャンパーニュ「ペリエ ジュエ」の専門バーを東京・渋谷に開いた。20日までの期間限定で、ワインセラーのVR(仮想現実)体験や最高醸造責任者による試飲セミナーなどを通じ、ブランドの世界観を訴える。<…

  • 農産加工

    神明・ホクレン、中国向け輸出指定精米工場の認可取得 輸出拡大に弾み(2018.05.16)

     神明とホクレンの精米工場が、中国向け輸出指定精米工場の認可を取得した。日本米の中国輸出は植物検疫条件により、中国側が認可した指定登録施設で精米・くん蒸したコメのみ可能で、精米工場は従来、全農パールライス神奈川工場1ヵ所に限定され、輸…

  • 小売

    経産省検討会、電子レシートの標準化意義合意(2018.05.16)

     経済産業省の購買データ活用や電子レシートに関する検討会で、電子レシートの可能性と標準化の意義について合意した。従来、特定の個人がさまざまな店舗で買い回りをしたことを示す購買履歴データを作成するのは困難だったが、レシートを標準仕様で電…

  • 菓子

    伊藤秀二社長

    カルビー、市場拡大など推進 賞味期限表記変更検討(2018.05.16)

     カルビーの伊藤秀二社長は、11日の決算会見で今後の成長に向けた課題と取組みを説明した。海外事業ならびにフルグラ事業を成長エンジンと位置付け、新製品の開発ではジャガイモ原料の調達拡大を前提に、需要創造や中食市場への進出を図る。業務合理…

  • 小売

    住友商事、台湾で食品小売に参入(2018.05.16)

     住友商事は台湾で地元企業と組んで食品小売事業に参入する。住友商事と三商投資控股股〓(フン)有限公司は、三商投控の子会社で食品小売事業を運営する三商家購股〓(フン)有限公司を通じて共同で台湾における食品小売事業を展開する。住友商事は三…

  • 菓子

    昭和産業、コーンスターチと糖化製品を値上げ(2018.05.16)

     昭和産業は11日、コーンスターチ、糖化製品の価格を6月20日納品分から改定すると取引先に通知した。

     今年に入りコーンスターチ、糖化製品の原料である輸入トウモロコシ価格が上昇し、さらにエネルギーコストなど諸経費の上昇を受…

  • 小売

    ヤマナカ、新中計スタート 100周年へ構造改革(2018.05.16)

     【中部】ヤマナカは19年3月期、新中期3ヵ年計画をスタート。22年の創業100周年を飛躍の年とするため、収益構造改革を実施し、安定的な収益基盤を創り上げるのが目的だ。

     店舗の大幅収益拡大、店舗および本部の生産性向上とい…

  • 酒類

    ブドウ栽培を始めた「サントネージュ・ニッカ・余市ヴィンヤード」。今後、約1万本を植樹していく

    アサヒビール、余市でブドウ栽培 「日本ワイン」増産急ぐ(2018.05.16)

     アサヒビールは国産ブドウだけで造る「日本ワイン」事業で、新たに北海道の余市でワイン用ブドウの栽培を始めた。山梨県に自社ブドウ畑を持つが、「産地が異なるブドウを確保したい」(福北耕一マーケティング第四部長)考え。日本ワインの需要拡大が…