日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三和、「フードフェア2017」開催 2200人が来場 春夏新商品を提案

卸・商社 2017.03.27 11502号 08面

水産、畜産、野菜・果物など生鮮品を提案

 業務用食材卸の三和は9日、水戸市の水戸プラザホテルで「SANWAフードフェア2017」を開催した。約150社が出展し、春夏の新商品を中心に提案を行った。外食・給食関係者など約2200人が来場した。

 メディケアコーナーでは、「機能性(減塩)商品」「人手不足・時間短縮」「やわらかさを兼ねた機能性」「介護食素材」など幅広い切り口でメディケアの得意先に提案した。

 また、2階会場では、企画コーナーとして水産・畜産・野菜などの生鮮品の提案や、ワインの提案を行い、同社の強みである外食、事...続きを読む

  • 卸・商社

    水産、畜産、野菜・果物など生鮮品を提案

    三和、「フードフェア2017」開催 2200人が来場 春夏新商品を提案(2017.03.27)

     業務用食材卸の三和は9日、水戸市の水戸プラザホテルで「SANWAフードフェア2017」を開催した。約150社が出展し、春夏の新商品を中心に提案を行った。外食・給食関係者など約2200人が来場した。

     メディケアコーナーで…

  • 卸・商社

    乾麺スパゲティ、冷凍そば、うどんのメニュー紹介で麺の魅力・奥深さを伝えた

    ヤグチ、春季見本市開催 “麺の魅力”アピール(2017.03.27)

     ヤグチは11日、豊島区の池袋サンシャインシティで「2017ヤグチ春季見本市」(共催=マルヤ会)を開催した。出展企業は約300社、マルヤ会会員を中心に約3500人が来場した。

     メーンテーマコーナーでは「めん広場~麺の魅力…

  • 卸・商社

    コト消費のニーズ拡大に着目した売場提案を行った展示会

    加藤産業、グループ総合食品展示会開催 「モノ+コト」を提案(2017.03.24)

     【関西】加藤産業は15~17の3日間、神戸市中央区の神戸国際展示場で、「2017春季/加藤産業グループ総合食品展示会」を開催した。メーンテーマは「流通を最適ソリューション」。サブテーマを「『モノ+コト』消費で創る売場」とした。

  • 卸・商社

    丹羽茂雄取締役

    名給、春の総合展示会開催 食材生かす“ワザ”、14のテーマ別に提案(2017.03.24)

     【中部】今期方針に「次への挑戦」を掲げている名給は15日、若手が中心となり企画した春の総合展示会フードネットワークを開催し、産業給食やメディカルなどの得意先1000人が来場した。

     展示会テーマは昨秋に続き「健康管理」。…

  • 卸・商社

    輸入商材で他社との差別化を図る

    三井食品中四国支社、春の展示商談会開催 健康・輸入商材PR(2017.03.24)

     【中国】三井食品中四国支社は17日、広島市中小企業会館で「2017年中四国支社・春の展示商談会」を開催した。

     出展メーカーは、加工食品や日配・業務用、冷凍食品、酒類、ペットフードなど約260社で、中国・四国エリアの取引…

  • 卸・商社

    毎回好評の自社製品紹介コーナー

    さんれいフーズ、春期展示会開催 必須アイテム勢揃い 地元外食産業へ営業強化(2017.03.24)

     【中国】地域業務用卸のさんれいフーズとグループ会社の島根さんれいは、鳥取県鳥取市(7~8日)、同県米子市(14~15日)の2会場で「さんれいフーズ・島根さんれい春期総合食品展示会2017」を開催し、2会場で取引先関係者約2500人が…

  • その他

    メードイン北海道の魅力発信(HPI)

    道内土産卸各社、相次ぎ春季見本市開く 2017年トレンドをPR(2017.03.24)

     【北海道】北海道を訪れる観光客は、国内、海外とも順調に伸びている。道内観光客入り込み数(2016年4~6月、実人数)は、道外客8.5%増、海外客8.8%増と伸長を続けている。昨年3月に開業した北海道新幹線効果をはじめ、国内外からの根…

  • 卸・商社

    試食でにぎわうメーンブース

    サッポロウエシマコーヒー、札幌で春季展示商談会を開催 人手不足対策を訴求(2017.03.24)

     【北海道】サッポロウエシマコーヒーは13、14の2日間、札幌パークホテルで「2017春季展示商談会」を開催、ホテルやレストラン、給食関係などの業務用ユーザー約2500人が来場した。

     今回は「最適を考える!」をテーマに人…

  • 卸・商社

    部署横断型チームで学給、産給、メディカルの給食3業態へ提案

    名給、部署横断で提案会開催 テーマ「新しさの発見」(2017.03.24)

     【関西】名給大阪支社は14日、管轄エリア内の病院・老健施設や学給関係者、全国の給食業態ユーザーなど約250人を大阪市北区のホテル阪急インターナショナルへ招待し、「名給フードネットワーク2017in大阪」を開催した。会場はメーカー80…

  • その他

    神明は中国に輸出した日本米をPR(農林中金ブース)

    北京で日本食材・食品展開催 品質・安全性を訴求(2017.03.22)

     日本食人気が高まる北京で初の「日本食材・食品宣伝会」が17日、小売や外食企業を巻き込み、在中国日本大使館内で開催された。日本産食材・食品消費・輸出拡大に加え、おいしさや健康性、品質・安全性の高さの訴求を目的に大使館が主催。イオンやセ…

  • 卸・商社

    活発な商談が繰り広げられた商談会会場

    大乾、春季展示商談会開催 高品質品を提供(2017.03.22)

     【関西】大乾は14、15の両日、大阪市中央卸売市場の同社本社内で春季展示商談会を開催した。海苔、椎茸などの天然乾物のほか、加工食品メーカーなど69社が春物新商品を展示、得意先約190人が来場し、活発な商談が繰り広げられた。

    <…
  • その他

    ミケーレ・スカンナヴィーニ会長

    イタリア食品、多様性など高い人気 日本市場で増大傾向 FOODEXに出展(2017.03.17)

     イタリア大使館貿易促進部は7日開幕したFOODEX JAPAN2017会場で展示内容の紹介を行った。今回出展したイタリア展示小間(イタリア館)は総面積1500平方mを超える海外ゾーン最大規模で、イタリア全土15州から171社が参加し…

  • 卸・商社

    地場産商品で地域密着をアピールした

    広川、春の見本市に165社出展 地域密着さらに強化(2017.03.17)

     【中国】地域卸の広川は8日、広島市の広島市中小企業会館で「2017春の見本市」を開催した。協賛企業を含めて165社が出展し、取引先関係者約300社、500人が来場した。

     会場では出展メーカー各社の春夏向け新商品や推奨商…

  • 卸・商社

    同社が今期から注力する「スーパー惣菜」エリアもにぎわった

    エンド商事、展示商談会開催 夏のイチオシ披露 JFDAなどコラボ(2017.03.17)

     【関西】エンド商事は7、8日、大阪市中央区のOMMビルで「夏のヒットメニュー提案会」をテーマに「第69回春期展示商談会」を開催した。今回は初企画の「JFDA×メーカーコラボメニュー」を実施し、出展メーカー123社のうち60社が自社商…

  • 卸・商社

    「伝えたくなるひと皿」では、思わず撮りたくなるインスタフードをメニュー提案

    久世、展示会「FOOD SERVICE SOLUTION2017」開催 SNSに対応(2017.03.15)

     久世は7、8の2日間、展示会「FOOD SERVICE SOLUTION2017 SPRING&SUMMER」を東京・池袋サンシャインシティ文化会館で開催した。

     テーマは「伝えたくなるひと皿」。飲食店にとって重要となっ…

  • 卸・商社

    広瀬弘幸社長

    種清、春季見本展示会開催 価値訴求型が堅調(2017.03.13)

     【中部】種清は2月15、16日、春季見本展示会を名古屋市港区のポートメッセなごやで開催した。「きっとみつかる!お菓子博覧会」をテーマに開催された会場には、前回から4社増えた約200社の菓子メーカーなどが出展し、約2000人の関係者が…

  • 卸・商社

    三給提案コーナー

    三給、「サンキューフェア」開催 好評の朝食対策(2017.03.13)

     【中部】三給は1日、恒例の展示会「サンキューフェア」を岡崎中央総合公園体育館で開催し、産業給食やメディカルなどの得意先500人が来場した。

     林元造社長は「われわれの活動は商品の販売だけでなく、人手不足や安心安全などお客…

  • 卸・商社

    マルシン、春季商品提案会を開催 丸岡社長「メシの種考える」(2017.03.13)

     【中部】金沢市の業務用卸、マルシンは2月15日、石川県産業展示館で春季商品提案会「おいしさの追求~2017繁盛応援祭~」を開催。116社の出展があった今回、北陸エリアの外食・給食・中食関係者1300人が来場した=写真。

  • その他

    礒崎陽輔農水副大臣(右)は各ブースを回って試食・試飲

    JAグループ、国産農畜産物商談会開催 需要開拓へ懸け橋(2017.03.10)

     国産の優れた農畜水産物が飛躍するためには、需要を喚起する取組みが重要だ。全国農業協同組合連合会(JA全農)と農林中央金庫などが参加するJAバンクは7~8日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで第11回国産農畜産物商談会を開催した。北…

  • その他

    台湾の8県市、農業委員会のトップらが集結し、農産品をPR

    FOODEXに向け台湾8県市トップが来日 台湾産品の魅力PR(2017.03.10)

     「FOODEX JAPAN(フーデックス・ジャパン)2017」(7~10日開催)に過去最大規模で出展する台湾は、期間前日の6日、千葉市で8県市のトップが一堂に会し、各地域の多彩な台湾農産品をアピールした。イメージキャラクターに起用さ…