日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=「絶対」はない

その他 2017.02.20 11488号 01面

 今春も間違いなくやってくる花粉の季節。解決策はまだない。罹患(りかん)者にとって、容赦ない自然現象だ▼とはいえ、戦後の植林活動に起因していることは突き止められた。高度成長期のマイホーム需要に追い付くためには必要だった。安価な木材原料として役立ったのだ。しかし、今になってツケが回ってきた▼林業の盛んな大分県。山林に入る従事者に聞いた。「自生と植林では根の太さ、深さが違う」と。水を多く含む山々の治水にも影響を与える。ゲリラ豪雨もあるが、土砂崩れも多い。地盤はどうか。相反する二面...続きを読む

  • その他

    胃心伝真=「絶対」はない(2017.02.20)

     今春も間違いなくやってくる花粉の季節。解決策はまだない。罹患(りかん)者にとって、容赦ない自然現象だ▼とはいえ、戦後の植林活動に起因していることは突き止められた。高度成長期のマイホーム需要に追い付くためには必要だった。安価な木材原料…

  • その他

    胃心伝真=「関釜」食交流(2017.02.17)

     休暇利用で韓国・釜山に。関西空港から1時間半、1泊2日の海外旅行だ。海の近くの大きな魚市場で、すぐに刺し身にしてもらい、その場で食べる。練り物産業が盛んなのか、串に刺して大鍋で炊いたおでんがあちこちで売られていて、食べ歩く▼下関出身…

  • その他

    胃心伝真=企業姿勢の在り方(2017.02.15)

     2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、受動喫煙防止対策の強化が検討され始めている▼一方、食品スーパーでは売場における差別化ポイントはいくつもあるが、企業としての姿勢を表す場面となるとそれほど多くなく、その点、たばこ自動…

  • その他

    胃心伝真=フェイスブック(2017.02.13)

     フェイスブックを始めて丸2年がたつ。言葉だけでなく、SNSという世界をちょっとのぞいてみたいという好奇心だ。始めてみると「おもしろい」けれども、かなり「煩雑」でもある。「今日何食べた」から国家機密的なものまでが、脈絡もなく出現する▼…

  • その他

    胃心伝真=減塩のコツ(2017.02.10)

     今春も新たな加工食品の発売が相次ぎ、調味料は乳酸菌やパクチーといった提案が多く見られた。外食・中食トレンドと連動するのは例年通りだが、底流にあるのはやはり健康▼健康配慮の代表格と言えそうな減塩食品は毎年、各市場で拡充。高血圧患者が増…

  • その他

    胃心伝真=観光客(2017.02.08)

     中部の各地方都市の観光客が増加しており、業務用関係者を中心に食の需要拡大を大いに期待している▼まず静岡県浜松市では、今年のNHK大河ドラマ「井伊直虎」効果で観光客が3割増。岐阜県の飛騨高山地区では、ここ数年のインバウンド効果で高山市…

  • その他

    胃心伝真=トランプ雑感(2017.02.06)

     昨年暮れに、「おかしのまちおか」の店内に流れた曲に買い物の手を止めた。ビリー・ジョエル。若いころに聴いたLPが押し入れの奥にあるが、懐かしくなってCDを買った。「コンバット」のDVDも、2年がかりで揃えた。学生時代に親しんだ「ライ麦…

  • その他

    胃心伝真=聞く耳(2017.02.03)

     先月、NHKのBSプレミアム「覆面リサーチ ボス潜入」という番組を見た。大企業の社長が変装して名前を変えて現場に潜り込み、そこで働く人の生の声を聞き、番組の最後で「実は社長でした」と種明かして現場の人を驚かせる。そして社長が問題解決…

  • その他

    胃心伝真=スナック今昔(2017.02.01)

     まずは喉を潤し、好きなもので腹ごしらえをする。さて次の店はとなれば、大方がスナックになろうか。しかし、スナックの定義の定かでないことこの上ない。スタンドバーのような店から、クラブ風の広い店まで該当する▼昔は下宿近くに大概あり、酒を飲…

  • その他

    胃心伝真=新年に誓う(2017.01.30)

     17年も幕開けしてはや1月後半。業界の新年会も一巡し、発展を誓い合った▼「“自我作古”の言葉にあるように、自ら新しい分野を切り開く精神が重要。フットワーク、ネットワーク、チームワークの三つのワークを大切に頑張る」(村山圭一日食協北海…

  • その他

    胃心伝真=オープンデータ分析(2017.01.27)

     オープンな情報を抽出、分析することで、目につきにくい事実が浮き彫りになる▼「町の和菓子店が少なくなっている」という漠然とした感覚をデータで示したのは、タウンページデータベース(職業別電話帳データ)を活用してさまざまなマーケティング情…

  • その他

    胃心伝真=横綱(2017.01.25)

     日本中が待ちわびた瞬間がようやく訪れた。大相撲初場所は、大関・稀勢の里が悲願の初優勝を決めた。「気は優しくて力持ち」という言葉がぴったりなその姿。愚直なまでのひたむきさと不器用さが、多くのファンに愛されるゆえんか▼初土俵を踏んだのは…

  • その他

    胃心伝真=トランプ・リスク(2017.01.23)

     米国ドナルド・トランプ大統領の就任で、世界は政治的・経済的に新たな局面を迎えた。行き過ぎたグローバル化の鬼子ともいえる人物が大統領となり、産業界はトランプ・リスクへの警戒をいよいよ強めている▼16年に世界の富豪の資産評価額の合計は5…

  • その他

    ポイント=盛り付けとロボット(2017.01.23)

     日本ロボット工業会がまとめた「ロボット産業需給動向2016」によると、食品・飲料業界への産業用ロボットの年間出荷台数は2006年度から15年度までの10年間で約2倍に増加した。背景は助成制度など政府による後押しと近年の人手不足だ▼ニ…

  • その他

    胃心伝真=ポスト真実(2017.01.20)

     英国オックスフォード大学出版局は、昨年を象徴する言葉に「ポスト真実」を選出した。客観的事実(真実)よりも、感情に訴えかけることで世論が動く現象を差し、あの「英国のEU離脱」や「米国大統領選挙」にも大きな影響を与えた▼現象の背景には、…

  • その他

    胃心伝真=シェアリング(2017.01.18)

     さえきセルバホールディングス主催の新年特別講演で、伊藤元重東京大学名誉教授はいくつかのキーワードを示した。シェアリング、ビザスク、ウーバー、ウーバーイーツ、サブスクリプション・ビジネスなどだ▼人手不足対策として注目されるのがシェアリ…

  • その他

    胃心伝真=感情労働(2017.01.16)

     「その電子マネーなら“いける”と思います」。年明けにCVSで、年賀状を電子マネーで購入しようとした時の若いスタッフの対応だ。丁寧語を使い切れておらず、あまりいけていないが、態度がまじめだったので思わず噴き出した。そのスタッフも誤用に…

  • その他

    胃心伝真=スイッチOTC薬(2017.01.13)

     15年度の国民医療費は41兆5000億円で、前年より1兆5000億円も増加している。中でも調剤関係が7兆9000億円で前年比9.4%上昇。1年で約10%も増えている▼1月から医療費控除の特例制度が始まる。スイッチOTC薬の購入費が1…

  • その他

    胃心伝真=フランス流(2017.01.11)

     2017年の食のトレンド予測を、「フランス人のライフスタイルに注目する流れが『食』の分野にも波及」とトレンド総研。関心高まるフランスも、5月には大統領選挙。英国の欧州連合(EU)離脱選択の衝撃はどう作用する▼世論調査で支持を集める極…

  • その他

    胃心伝真=品格(2017.01.09)

     品格という言葉がある。あるトップ経営者は「品(ひん)」と「格(かく)」を分けて論ずる。いわく、格はおおむね強さや大きさが基準となる。横綱や大企業など格で表現できる。規模が大きくなり、巨大化すれば格が光を放つ。時間は特に必要ない。短期…