日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=持続的発展

その他 2017.12.13 11632号 01面

 渋谷、大手町など東京の主要な駅やその周辺で工事が続いている。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据えたものだろう。20年の開催に向けて、さまざまな公共施設も改善される。100%は難しいだろうが、障がい者、高齢者にも配慮してほしい▼1964年の東京オリンピックでは東海道新幹線、地下鉄日比谷線などの開通があり、競技案内に初めて絵文字(ピクトグラム)が使われるなど、世界を意識した発展があった。一方で電機メーカーはカラーTVの宣伝もしたが、本格的な普及は70年代だっ...続きを読む

  • その他

    胃心伝真=持続的発展(2017.12.13)

     渋谷、大手町など東京の主要な駅やその周辺で工事が続いている。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据えたものだろう。20年の開催に向けて、さまざまな公共施設も改善される。100%は難しいだろうが、障がい者、高齢者にも配…

  • その他

    胃心伝真=愛知の野菜摂取量(2017.12.11)

     製造品出荷額などで、全国第1位を1977年から維持し続けている愛知県。野菜産出額も全国6位と上位にあるが、ワーストの統計もある。特に愛知の食品界にとって誰もが目と耳を疑ったのが、「野菜摂取量」全国最下位という事実▼これは厚生労働省が…

  • その他

    胃心伝真=時の流れ(2017.12.08)

     岩手県盛岡市から岩泉町に向かう国道455号沿いの初冬の風景は寂しい。畜産農家の牛舎や家屋は廃屋と化し、100kmの行程ながら地域住民の歩く姿はまず見ない▼かつてコメや鉄を積み、秋になれば子牛をセリ場へ引っ張り、1日10里、6頭から1…

  • その他

    胃心伝真=レジームシフト(2017.12.06)

     新千歳空港は、年間乗降客数が2016年度で2131万人と過去最高。札幌、函館、ニセコなどホテル建設も過熱している▼多くの観光客は、北海道の海の味覚が重要な楽しみ。ホテル朝食では自家製イクラ丼の食べ放題をはじめカニ、活イカ、ホタテ、甘…

  • その他

    胃心伝真=切った張った(2017.12.04)

     ある大手卸のOB会に招かれた。約10年前の支社長、部長たちの集まりだ。ほぼ退職して第二の人生を歩んでいる▼全国企業だから、各地から集合している。当時、教えを請うた九州戦士は穏やかな顔をしている。社会とつながりを持ちたいと、非正規の就…

  • その他

    胃心伝真=蓬莱米(2017.12.01)

     台湾は亜熱帯気候だが、日本同様ジャポニカ米が主食だ。ルーツは「蓬莱米」(ほうらいまい)。日本統治時代に長粒種の在来稲と日本稲の交配により品種改良されたコメで、粒形や食味が日本米とよく似ている▼明治から昭和初期に、台湾総督府農事試験場…

  • その他

    胃心伝真=藪の中(2017.11.29)

     一年納めの大相撲九州場所は、横綱白鵬が前人未到の40回目の優勝を果たした。唯一敗れた嘉風戦では立ち会い不成立を主張し、自ら物言いを付ける前代未聞の行動に出たが、その後は反省の色をみせ、名実ともに大横綱への道を歩みつつある▼ところで土…

  • その他

    胃心伝真=進むドンキ化(2017.11.27)

     ユニーのドンキ化が、少しずつ鮮明になり始めてきた▼8月に資本・業務提携を発表以来、新たな店づくりにおいてユニー、ドンキホーテホールディングス両社からそれぞれ選抜された精鋭によるプロジェクトチームが発足▼今後、「アピタ」業態の「豊田元…

  • その他

    胃心伝真=値上げの波(2017.11.24)

     大手外食チェーンで値上げの動きが相次いでいる。人手不足による人件費増加、原材料高騰による食材費増加などに耐え切れなくなったためだ▼「スシローのラーメンが280円から330円に値上がりしたが、今後、値上げは」との9日決算発表での質問に…

  • その他

    胃心伝真=和食やめるってよ(2017.11.22)

     学校給食、和食やめるってよ--青春小説ならぬ、もちろんフィクションだが、そうなった時の影響はいかほどか。和食給食応援団は「和食給食サミット」を19日に開催し、「銀座小十」の奥田透店主が荒療治を提言した▼応援団はプロの料理人が栄養職員…

  • その他

    胃心伝真=影響(2017.11.20)

     広島市西部の佐伯区石内に来春開業が予定されているイオンの大型店舗が、アウトレットモールを中核とした新業態店舗になるとの発表があった▼しかもアウトレットモールだけでなく、同社としては初となる屋内スケートリンクをはじめアミューズメント施…

  • その他

    胃心伝真=前年割れ(2017.11.17)

     コンビニエンスストアや食品スーパーなど小売の10月の既存店売上高伸び率が、軒並み前年割れのようだ。長く前年を上回って推移してきた大手や業界屈指の有力企業も、例外ではなかった▼小売の業界では「天候を言い訳にしてはいけない」と耳にするこ…

  • その他

    胃心伝真=多様性の果実(2017.11.15)

     先日、あるTV番組で陸上自衛隊所属のソプラノ歌手、鶫(つぐみ)真衣さんの訓練の模様が放映されていた。陸自初の声楽要員として採用されたが、陸士長になるために縄登り、射撃など基礎訓練や30kmの行軍など過酷な訓練をクリアしなくてはならな…

  • その他

    胃心伝真=冬への備え(2017.11.13)

     立冬も過ぎ、北海道各地から雪の便りが聞かれ始めた。毎年のことながら、体が雪や寒さになじむまで特につらく感じるシーズン。衣替えやスタッドレスタイヤ履き替えなど、冬支度も進む▼昨冬は除雪体制が整わないうちに大雪に見舞われ、札幌での積雪が…

  • その他

    胃心伝真=白米神話(2017.11.10)

     長雨で刈り入れが終わらない田も見受けられるが、今年の東北のコメ収穫量は211万5000t、前年比5万t減少の見込みだ。10年前だと243万1000t、平成大凶作の翌06年は324万tあった。来年度からの減反廃止でどう変わるのか。寿司…

  • その他

    ポイント=店舗に必要な洞察力(2017.11.10)

     リアル店舗の多くは、電子商取引(EC)の顧客分析力が脅威という。データ活用ではECに劣ると見なし、もっと深く顧客心理を洞察したいと考えている。顧客データを欲しがる一方、店の情報は顧客にほとんど開示していない。ECとの格差は顧客データ…

  • その他

    胃心伝真=TFT(2017.11.08)

     世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人TABLE FOR TWO International(TFT)は、日本のシンボルフードの「おにぎり」でアフリカ・アジア地域の子どもたちに給食と教育機会の提供を目指し、10月16日の「世界食料…

  • その他

    胃心伝真=3%賃上げ(2017.11.03)

     世界経済が緩やかに拡大する中、日本も戦後2番目に長い景気拡張期が続いている。だが企業収益の伸びに比べて賃金の上昇は鈍く、個人消費は伸びが弱い▼先進国の中央銀行が金融引き締めに動く中、日本の低金利も際立つ。足元でジワリと円安が進み、食…

  • その他

    ポイント=答えはない(2017.11.03)

     製造や品質管理担当者向けのセミナーを運営している。受講者ニーズは「課題解決型」のテーマがほとんど。食品表示、生産性向上、異物混入対策、人材育成--は永遠の課題だ▼メディアが開催するセミナーの役割とはどのようなものだろう。基本的には新…

  • その他

    胃心伝真=連鎖反応(2017.11.01)

     パエリアとコーヒーを頼んでスマートフォンのニュースを見ると、スペイン北東部カタルーニャ州の独立騒動を伝えていた。世界を見渡せば、コソボ、台湾、スコットランドと、さまざまな国や地域で同様の問題が発生している▼先進国が集まるEUで、問題…