日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=インフルエンサー

その他 2017.08.23 11578号 01面

 停滞する日本経済の中で、訪日観光客は増加し続けている。インバウンド消費をつかむことは、商品を海外でも知ってもらう重要な施策といえる。マーケティングのポイントは、日本国内よりも現地でのアプローチをどうすべきかだ▼中国の場合、その要となるのがインフルエンサー(影響力者)の存在。彼らは一般にKOL(Key Opinion Leader)と呼ばれる著名ブロガーで、微博や微信でも多くのフォロワーを抱えている。マスメディアに日本ほどの信頼がない中国では、強力な支持層を持つ彼らの情報が消...続きを読む

  • その他

    胃心伝真=インフルエンサー(2017.08.23)

     停滞する日本経済の中で、訪日観光客は増加し続けている。インバウンド消費をつかむことは、商品を海外でも知ってもらう重要な施策といえる。マーケティングのポイントは、日本国内よりも現地でのアプローチをどうすべきかだ▼中国の場合、その要とな…

  • その他

    胃心伝真=九州北部豪雨(2017.08.21)

     九州北部豪雨から1ヵ月が経過し、現地に入った。不要不急の来訪を控えてという看板が目立つ。熊本地震の時もそうだった。救援部隊が渋滞に巻き込まれ、活動が阻害されるからだ。特に熊本は強い余震が続き、身も危険だった▼豪雨の中心となった福岡・…

  • その他

    胃心伝真=平和に思う(2017.08.18)

     北朝鮮と米国の挑発合戦が続き、日本でも島根、広島、愛媛、高知に迎撃ミサイル「PAC3」が配備されるなど、なにやらきな臭さが漂い始めている▼今年も広島に8月6日が、長崎に8月9日が巡ってきた。広島や長崎の人間は、この日付に何が起こった…

  • その他

    胃心伝真=イートイン競争(2017.08.16)

     最近の食品スーパー(SM)の新店には、ほとんどイートインコーナーが設けられている。4~5年前には利用する人もまばらだったが、今ではかなり席が埋まっていることも多い▼SMだけでなく、大手のコンビニエンスストアにもイートインコーナーが増…

  • その他

    胃心伝真=お盆玉(2017.08.14)

     突然だが、「お盆玉」という言葉をご存じだろうか? いわゆる「お年玉」のお盆バージョンといったところで、主に「帰省した孫に喜んでもらいたいが、どうすれば良いか分からない」といった祖父母が渡すお小遣いのことだ▼一説によると江戸時代、現在…

  • その他

    胃心伝真=需要喚起(2017.08.09)

     冷涼な気候が自慢の北海道も、いま夏真っ盛り。札幌管区気象台によると先月の道内は平均気温が平年より2.5度C高く、過去4番目に暑い7月だったという▼アイスや飲料、涼味麺、乾麺などの夏物商品は、かき入れ時とばかりに飛ぶ売れ行き。改正酒税…

  • その他

    胃心伝真=弁当礼賛(2017.08.07)

     青森での取材が続き、駅弁を三度購入。弘前駅の「ふつうの津軽の幕の内弁当」。おいしい順に、味噌味身欠き鰊(ニシン)、キュウリの辛子漬け、もっこり卵だし巻き、ホタテ唐揚げなどほかにも6品。ご飯はつがるロマン。“ふつう”どころではない。も…

  • その他

    胃心伝真=外部の風(2017.08.04)

     映画「ディオールと私」を先日見た。クリスチャン・ディオールのディレクターに就任したデザイナーのラフ・シモンズが、オートクチュール・コレクションを発表するまでを追った記録映画だ▼欧州の老舗ブランドでは外部デザイナーを起用し、ブランドを…

  • その他

    胃心伝真=溶ける氷山(2017.08.02)

     今年も気候がおかしい。九州や秋田など各地で豪雨が続いた一方で、関東では空梅雨に。関東甲信地方の梅雨入りから最終日までの間、降水量は平年の47%と猛暑に見舞われた04年以来の少雨。日照時間は平年の約1.5倍で、同じく空梅雨傾向だった昨…

  • その他

    胃心伝真=いいね(2017.07.31)

     “いいね”をクリックすることをビジネスにする業者が摘発された。日本ではなくタイでの話。スマートフォン約500台を並べ、依頼を受けた中国企業のオンラインサイトで“いいね”を連発していた。“いいね”の数イコール高評価というイメージを悪用…

  • その他

    胃心伝真=親孝行(2017.07.28)

     平成の大横綱・白鵬が千代の富士と魁皇を超え、通算勝ち星歴代1位の記録を打ち立てた。入門当時70kgに満たなかった少年がこのような偉業を成し遂げるとは、誰が想像しただろう。記録の陰には、入念な基礎運動を欠かさず稽古に励む地道な努力の積…

  • その他

    胃心伝真=仕合わせ(2017.07.26)

     中島みゆきの名曲「糸」。歌詞に「逢うべき糸に 出逢えることを、人は“仕合わせ”と呼びます」とある▼カラオケで熱唱している方は見逃しがちだが、“幸せ”表記ではない。仕合わせを辞書で引くと、「運命のめぐり合わせ」とある。別の道を歩んでき…

  • その他

    胃心伝真=特定外来種(2017.07.24)

     南米原産のヒアリが国内各地で見つかっている。20年前にも外来種のセアカゴケグモが発見され大騒ぎになったが、現在はあまり騒がれていない。日本全国に定着してしまったためだが、セアカゴケグモに比べてヒアリは攻撃性も繁殖力も強く、日本在来の…

  • その他

    胃心伝真=本場の衝撃(2017.07.21)

     激戦区・ススキノをはじめ、本場・札幌にあるジンギスカン専門店のすべてを網羅した「みんなのジンギスカン 札幌エリア完全版2017」(日本食糧新聞社)が近く発刊される。107店の詳細プロフィルを掲載した▼取材時にはこだわり、個性、成吉思…

  • その他

    胃心伝真=コーヒー(2017.07.19)

     国内のコーヒー消費量が4年連続で伸長している。CVSの100円から専門店のスペシャリティーまで、コーヒーの飲用シーンが多様化した上、あらゆる病気に対する健康効果報告でも注目されている▼子どもは飲んではいけない。女の子が飲むとヒゲが生…

  • その他

    胃心伝真=日本米(2017.07.14)

     「30年後も、日本米を腹いっぱい食べられる時代に」と神明の藤尾益雄社長。高齢化や担い手不足など、日本農業をめぐる環境は厳しく、将来にわたりコメを安定調達できるか危惧する▼一方、業務用米の不足、高値に直面するコメマーケット。要因は飼料…

  • その他

    胃心伝真=博多祇園山笠(2017.07.12)

     福岡・博多を代表する祭り「博多祇園山笠」が始まっている。毎年7月1日の「お汐井取り」から15日までの「追い山笠」まで、博多の街は祭り一色となる▼終盤になると地下足袋と脚半、締め込み姿の舁(か)き手たちが街を闊歩(かっぽ)。男たちは祭…

  • その他

    胃心伝真=選択と疑問(2017.07.10)

     息子が2歳2カ月になり、反抗し始めた。まだ言葉だけの反抗、否定にすぎないが、飽きずに続ける、おうむ返しの末尾に「ない」が付くようになった。いたずらに彼を否定すれば、「じゃないじゃない」の掛け合いが止まらない▼2日投開票の東京都議選は…

  • その他

    胃心伝真=時代の変わり目(2017.07.07)

     今の10代はすごい。こんな風に書くと自分が年を取ったとあらためて思い知らされるが、将棋の藤井聡太四段のデビュー戦以来の連勝記録更新。卓球女子では平野美宇選手がアジア女王になったりと、半世紀に1人の逸材がいろいろなジャンルで現れている…

  • その他

    胃心伝真=英断と挑戦(2017.07.05)

     広島駅前の再開発が進んでいる。昔ながらの市場や商店がなくなり、高層階の建物が相次いで建設され、広島の玄関口が様変わりしている▼家電量販店大手のエディオンが4月14日、その駅前に「エキシティヒロシマ」を開業。1~3階には、エディオンと…