日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=猛暑予想

その他 2017.06.23 11546号 01面

 低温やぐずついた天候が続いていた北海道もようやく気温が上がり、街中の緑も色濃くなってきた。北国らしい爽やかな初夏の到来だ▼春先までの低温は、農作物の生育にも影響を及ぼしている。「アスパラガスは2週間程度の遅れ」(農産加工業者)だそうで、旬の食材の高値や品質に心配も募る。また周期的に週末悪天候の日も多かったため、量販店売上げの足を引っ張るなどの影響もあったもよう▼そんな中、札幌管区気象台が発表した6~8月までの3ヵ月予報によると、気温の出現確率は「平年並み」が30%、「高い」...続きを読む

  • その他

    胃心伝真=猛暑予想(2017.06.23)

     低温やぐずついた天候が続いていた北海道もようやく気温が上がり、街中の緑も色濃くなってきた。北国らしい爽やかな初夏の到来だ▼春先までの低温は、農作物の生育にも影響を及ぼしている。「アスパラガスは2週間程度の遅れ」(農産加工業者)だそう…

  • その他

    胃心伝真=他人指向型(2017.06.21)

     ほころびも目立ち始めたが、安倍一強の長期政権が続く。支持の最も高い年代が20代。30代以降も高く、60代から下がっていくという記事を見てやはりという感を強く持った▼森友も加計も共謀罪も今日、明日の生活には関係なく、今の状態が続いてほ…

  • その他

    胃心伝真=祖父たちの轍(2017.06.19)

     祖父が他界した。1924年生まれ、92歳の大往生だった。私の故郷・茨城県は今やメロンの一大産地であるが、その礎を築いたのが祖父だった▼鹿島灘に面した地域は風と波が強く、木本正次が鹿島臨海工業地帯開港を描いた『砂の十字架』で活写したよ…

  • その他

    胃心伝真=冷凍パン生地(2017.06.16)

     東京・銀座周辺に用がある時に時間があれば、東銀座の昭和通り沿いまで足を伸ばす。お目当ては、焼きたてパンの店「スワンベーカリー」だ▼尊敬する知人に教えてもらったこの店は、ヤマト運輸創業者の故・小倉昌男氏が「障がいのある人もない人も共に…

  • その他

    胃心伝真=MR精度向上(2017.06.14)

     多くの食品メーカーが今期の前提為替レートを1ドル=115円前後と円安方向で設定し、保守的な予算計画を組んでいる。だが足元では110円付近のボックス圏で、4~6月四半期業績は計画上振れが続出しそう▼為替が業績見通しのかく乱要因となって…

  • その他

    胃心伝真=昔はよかった(2017.06.12)

     昔は秋と決まっていた小中学校の運動会が、いまは梅雨入り前の5月末から6月初めに行われる。家の近くの小学校も、5月末に実施したらしい。「らしい」と推定なのは、例年と様子が違っていたからだ。「天国と地獄」の曲もスターターピストルの音も、…

  • その他

    胃心伝真=適正化(2017.06.09)

     6月に入った。夏を表記する時候のあいさつも、5月の立夏、初夏から向夏、向暑となり、世間では衣替え。制服は夏服に変わり、これから訪れる暑さに備えていくが、酒類業界では小売店の販売価格が上がり、消費動向の微細な変化に備える▼6月1日施行…

  • その他

    胃心伝真=おにぎり(2017.06.07)

     春の運動会シーズンに突入して、近所の小学生たちもにわかに騒がしくなってきた。騎馬戦や対抗リレーなどのにぎやかな応援合戦が懐かしい。前日の夜に犬の散歩をしていると窓辺にてるてる坊主がつるされ、ほほ笑ましい▼運動会といえば手作り弁当。お…

  • その他

    胃心伝真=KPIとKGI(2017.06.05)

     食料・農業・農村白書が5月23日に公表された。重点施策の中で、食料自給率の向上が挙がる。そのために生産、製造・消費の改革、財政措置などの施策を明記した▼ビジネス分野では、重要業績評価指標(KPI)、重要目標達成指標(KGI)が重視さ…

  • その他

    胃心伝真=スマートフォン(2017.06.02)

     所持を拒んでいたスマートフォンをついに持つことに。でもあくまで仕事用だと断っておきたい▼過去にスマートフォンを利用していたが、その不便さにへきえきし、携帯電話に戻した。その当時、メール・メッセージの未読が100件以上、リビングで山の…

  • その他

    胃心伝真=働き方改革(2017.05.31)

     約1ヵ月間で、15社以上の関西エリアの業務用卸トップと面談した。恒例の近畿中四国業務用低温流通特集の取材のためで例年は市況、業績推移、将来展望がテーマ。だが、今年は明白な変化があった▼関西の同業界では近年、次世代リーダーの台頭や成長…

  • その他

    胃心伝真=九州支局65年(2017.05.29)

     九州支局が開設され、65年が経過した。本社は75年たつので10年遅れとなる。会社発祥は旧農林省の外郭団体。東京である。その後、関西、中部と都市圏に進み、時間的に遠距離だった北海道や九州は後に続いた▼65年前、九州がどうであったか知る…

  • その他

    胃心伝真=好みのご飯(2017.05.26)

     コメ離れは深刻だが、新精米法で栄養機能性に優れるコメや新たな用途を創造する多様な加工品が誕生し、話題に上る▼中でも日本生まれの「ライスバーガー」ビジネスを米国カリフォルニア州で展開するコメ卸最大手の神明は、日本に逆輸入し、グループで…

  • その他

    胃心伝真=直虎(2017.05.24)

     NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、戦国時代に数奇な運命に翻弄(ほんろう)されながらも、「井伊」の家督を後世につなぐ大きな役割を担った女城主の物語だ▼主人公の「井伊直虎」は、遠江・井伊谷(現在の静岡県浜松市)の領主(井伊谷城主…

  • その他

    胃心伝真=順応力(2017.05.22)

     わが社には野球部がある。チーム名は「トリアエズ」という。もちろん練習もする。昨年はキャッチボールをしただけで、翌日は肩に激痛が走った。今年も覚悟して半年ぶりにボールを握ったが、翌日はちょっと肩が張った程度だった▼数年前、フルマラソン…

  • その他

    胃心伝真=さとうとしお(2017.05.19)

     17年の最優秀川柳は「手相より血圧計で知る未来」、キャンペーン動画は「戦国キッチン 命は一度きり」。日本高血圧学会の減塩啓発は明るく、笑いを誘う▼社会全体での低血圧の価値共有に向けて、上から目線でない施策が揃う。第2回の川柳・標語は…

  • その他

    胃心伝真=人手不足(2017.05.17)

     現在および将来に向けての人手不足を懸念して、事業制度の変更や独自の人事制度を導入する企業が増えている▼これまで年中無休で事業を行ってきた企業が定休日制を導入したり、介護休暇を認める企業も現れた。また、新入社員確保のため、学生に奨学金…

  • その他

    胃心伝真=地中海の食事(2017.05.15)

     「結果にコミットする」と、ダイエットに成功した芸能人がその姿を見せつけるおなじみのTVCM。要となるのが、トレーニングと徹底した炭水化物制限だ▼健康的な体型を目指す心意気は素晴らしいが、適切な指導によらない短絡的な炭水化物制限は、十…

  • その他

    ポイント=液体塩こうじ(2017.05.15)

     ハナマルキの「液体塩こうじ」が異業種とのコラボレーションで存在感を高めている。一見ミスマッチと思える食材ともよくなじみ、“液体”がゆえの使い勝手の良さも好評だ▼過去には駅ナカのジューススタンドで熱中症・夏バテ予防の新感覚ジュースを発…

  • その他

    胃心伝真=前年比(2017.05.12)

     毎年4、5月になると連日のように決算発表がある。決算短信や参考資料などに目を通し、決算説明会にも足を運ぶ機会が増える。記者は、経営者や広報の担当者によく前年比を質問する。当然かもしれないが、前年比について企業全体の売上げや利益だけで…