水産練り製品特集

◆水産練り製品特集:家庭・業務で様相二分 原料面にもコロナ影響

水産加工 2020.09.28 12123号 04面

 水産練り製品業界は20年、新型コロナウイルスの影響で市場の急変に見舞われ、家庭用と業務用で様相が二分している。量販店をメーン販路とする家庭用は、3~5月の巣ごもり需要期に売上げが平均で前年比10%近く伸び、おでんセットは3月から月によって同2~6割増と急伸。一方で業務用や直営店は3~5月に同5~8割減とかつてない危機的状況に見舞われ、6月以降も回復の足取りは重い。様変わりした市場への対応力が問われる。(本宮康博)  家庭用の秋冬商戦は、コロナ禍で伸長したおでんセット、かにか

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 水産練り製品特集

    水産練り製品特集

    水産加工

     水産練り製品業界は20年、新型コロナウイルスの影響で市場の急変に見舞われ、家庭用と業務用で様相が二分している。量販店をメーン販路とする家庭用は、3~5月の巣ごもり需要期に売上げが平均で前年比10%近く伸び、おでんセット […]

    詳細 >