水産練り製品特集

水産練り製品特集:日本水産 前期超え着地を見込む

水産加工 2020.09.28 12123号 04面

 日本水産も新型コロナによる需要増を受け、主力のちくわ・カニ風味かまぼこ(かにかま)を中心に、今上期は前年を上回る着地を見込んでいる。  カテゴリー別売上げ状況は、細ちくわが生食だけでなく料理素材としても利用が増え、購入頻度が増加している。  一時休売した「おいしいものをちょっとだけ」は7月から販売を再開した。つまみ利用の多い太ちくわは、家飲み需要の高まりで「まるごとおいしい太ちくわ」が2割以上の伸長。昨秋発売した「真あじの旨み太ちくわ」「さばの旨み太ちくわ」も純増要因となっ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 水産練り製品特集

    水産練り製品特集

    水産加工

     水産練り製品業界は20年、新型コロナウイルスの影響で市場の急変に見舞われ、家庭用と業務用で様相が二分している。量販店をメーン販路とする家庭用は、3~5月の巣ごもり需要期に売上げが平均で前年比10%近く伸び、おでんセット […]

    詳細 >