日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

永谷園、3月1日付人事異動

人事 2017.01.23 11473号 04面

 3月1日付

 ▽営業本部営業副本部長兼第一ユニット長兼広域流通部長鈴木修司

 ▽営業本部営業副本部長第二ユニット長兼商品企画部長矢島幸一

 ▽営業本部第一ユニットチルド営業部長兼マーケティング部長兼研究部長小川美朋、統括部長桜井誠、仙台支店長清水一徳、新潟支店長柳和彦、東京支店長金田光顕、静岡支店長田上裕章、名古屋支店長成田健一、大阪支店長長沼伸一、広島支店長井澤直登、四国支店長山田耕児

...続きを読む

水産加工

  • 人事

    永谷園、3月1日付人事異動(2017.01.23)

     3月1日付

     ▽営業本部営業副本部長兼第一ユニット長兼広域流通部長鈴木修司

     ▽営業本部営業副本部長第二ユニット長兼商品企画部長矢島幸一

     ▽営業本部第一ユニットチルド営業部長兼マーケティング部長…

  • 人事

    極洋、2月1日付人事異動(2017.01.23)

     2月1日付

     ▽海外事業部次長(KYOKUYO EUROPE B.V.出向)服部聖

     ▽水産加工第1部水産加工第1課長(同部同課付)三橋敬正

  • キャンペーン

    くらこん、「塩こんぶ」で塩こん部長のマヨキャベツ提案(2017.01.20)

     【関西】くらこんは2月中旬から5月中旬をめどに、「塩こんぶ」を使ったアレンジレシピとして「塩こん部長のマヨキャベツ」キャンペーンを全国で実施する。期間中は「塩こんぶ60g」のパッケージ(写真)に調理イメージとレシピを掲載し、塩こんぶ…

  • キャンペーン

    くらこん、無添加とろろ昆布で「だしごはん」提案(2017.01.20)

     【関西】くらこんは2月初旬から5月中旬をめどに、「無添加とろろ昆布」を使ったアレンジレシピ「だしごはん」を提案する。期間中は、「無添加とろろ昆布28g」のパッケージ(写真)に調理例とレシピを記載し、新しい使い方を広める。

  • セミナー・催し物

    村瀬忠久理事長

    関西食品界・新春の集い:大阪海苔協同組合、適正価格へ転換の年に(2017.01.20)

     【関西】大阪海苔協同組合は16日、大阪第一ホテル(大阪市北区)で「平成29年度大阪海苔業界・新年の集い」を開催した。

     村瀬忠久理事長は冒頭のあいさつで「今年は海苔が非常に高値で始まった。日本国内の生産量が100億枚あっ…

  • ニュース

    (左)米岡潤一郎専務(右)伊藤滋社長

    マルハニチロ、17年春季新商品 ココロとカラダをサポート(2017.01.18)

     マルハニチロは11日、2017年度春季新商品発表会を開催し、新商品として、市販用冷凍食品20品、グロサリー食品・チルド食品33品、業務用食品・メディケア食品(介護食)26品、計79品を発表した。年間売上げ83億8000万円を目指す。…

  • インタビュー

    志田 朗社長

    技あり味なカンパニー:志田水産 高級路線で付加価値(2017.01.16)

     志田水産は、業務用の冷凍切り身魚を専門に扱う水産加工メーカー。かつては年商1億円ほどの地場家業だったが、志田朗社長が二代目を継いだ2007年からオーダーメードの高級路線を打ち出し、少量受注と広域配送も推進。その試みが外食・中食の付加…

  • インタビュー

    2017年年頭訓辞:極洋・今井賢司社長 バランス転換早急に(2017.01.13)

     今年当社は創立80周年を迎え、また中期経営計画「バリューアップ・キョクヨー2018」の最終年度のスタートという節目の年となる。「魚に強い極洋」というスローガンの下、原料調達から製品まで一貫した事業を行っている。ただ事業構造のバランス…

  • インタビュー

    2017年年頭訓辞:日本水産・細見典男社長 営業益目標「達成できる」(2017.01.13)

     ニッスイの中期経営計画「MVIP2017」中間年の16年度は、円高による減収に加え、北米の水産・家庭用冷食事業で苦戦が続いた中でも、魚価回復や原材料など輸入コストの減少などがあり、年間計画を上方修正するまでとなった。下期も目標を達成…

  • ニュース

    今井賢司社長

    極洋・今井賢司社長 食品拡大でバランス転換 スピード感もち施策(2017.01.06)

     16年6月に就任した極洋の今井賢司社長は年末会見で、現3ヵ年中期経営計画2年目の狙いを「食品事業の拡大による事業構造バランスの転換」と語り、冷食など各事業の進ちょくや今後の方針などを次の通り述べた。

      ◇

  • ニュース

    伊藤滋社長

    マルハニチロ、利益構造が安定化 中計前倒し達成へ 伊藤滋社長(2017.01.06)

     マルハニチロの伊藤滋社長は昨年の年末会見で、今期の事業推移について「各セグメントの収益バランスがとれてきたことで、今後の安定的な利益構造の構築が可能となった」と評価した。各事業の重点策や現中計の着地見通しなどについて、次の通り語った…

  • ニュース

    伍魚福、「しょっつるあたりめ」を発売 秋田県産魚醤を使用(2017.01.06)

     【関西】高級珍味メーカーの伍魚福は秋田県産のしょっつる(魚醤)を使ったあたりめ「しょっつるあたりめ」(写真)を4日、発売した。

     しょっつるは、秋田県産のハタハタと塩で作った魚醤でうまみが凝縮している。

     こ…

  • ニュース

    「緑黄野菜ふりかけ」(受験生応援バージョン)

    大森屋、「緑黄野菜ふりかけ」など受験生サポートの5品発売(2017.01.06)

     【関西】大森屋は1月上旬から、「緑黄野菜ふりかけ」「小魚ふりかけ」「しじめわかめスープファミリータイプ」「おもちおにぎり焼のり」「おかずおにぎり味のり」の季節限定商品として、それぞれの受験生応援バージョンの発売を始める。

  • 人事

    今村忠如氏

    永谷園、副社長に今村忠如氏(2016.12.28)

     永谷園は来年1月1日、取締役副社長に元三菱食品取締役の今村忠如氏を就任させる。今村氏は明治屋商事社長などを歴任し、三菱食品で低温事業を拡大。永谷園で飯塚弦二朗社長の業務を補佐し、企業の価値向上を担う。同日付で久世次郎専務取締役が永谷…

  • ニュース

    「スポめし」とりそぼろミックス(左)と「スポめし」野菜ミックス

    大森屋、ふりかけ・お茶漬けを強化 スポめしなど4品発売 「かねふく」ともコラボ(2016.12.28)

     【関西】大森屋はふりかけ・お茶漬け類の強化へ、来年2月1日に使用シーンを訴求した混ぜご飯の素「スポめし」2品、明太子メーカー「かねふく」とコラボしたふりかけ1品とお茶漬け1品の計4品を発売する。合わせて年間売上高3億3000万円を目…

  • ニュース

    京抹茶伊達巻恵比寿

    カネテツデリカフーズ、緑色鮮やか「京抹茶伊達巻恵比寿」発売 辻利一本店の抹茶使用(2016.12.21)

     【関西】カネテツデリカフーズは、緑色が鮮やかな「京抹茶伊達巻恵比寿(160g・OP/参考価格税別610円)」を25日から限定発売する。

     京都宇治の老舗「辻利一本店」の宇治抹茶を使用して同社のプレミアム伊達巻き「恵比寿伊…

  • ニュース

    日本水産、世界水産関連企業7社と会議に参加 果たすべき役割模索(2016.12.21)

     日本水産は、世界の水産関連企業7社とともに11月、ストックホルム大学のストックホルム・レジリエンス・センター(理事長ヨハン・ロックストローム博士)が主催し、スウェーデンのヴィクトリア皇太子がパトロンとして積極的に関与された非公開会議…

  • ニュース

    16年天草生産、3年連続で減(2016.12.19)

     【中部】今年のてんぐさ入札会は11月17日、東京都第3回入札会で終了。その結果、全国の生産数量は入札数量と入札外数量で推定470tとなり、2015(平成27)年が486tだったことから、前年比3.3%減と3年連続で減産となった。

  • セミナー・催し物

    コンクール入賞者と審査委員

    日本水産協賛「海とさかな」コンクール 体験表現の高さ称賛(2016.12.16)

     日本水産が協賛して毎年行われる小学生対象の「海とさかな」自由研究・作品コンクールの表彰式が3日、東京都内のホテルで開催された。毎年、国内外から多数の応募があるが、今回の応募総数も3万点近い2万9130点だった。同コンクール開催は今年…

  • ニュース

    伍魚福、「やわらか焼いか」発売 イカのうまみ、甘さ引き出す(2016.12.16)

     【関西】高級珍味メーカーの伍魚福は、人気商品「一夜干焼いか」のおいしさを受け継いだ「やわらか焼いか」と「S)やわらか焼いか」(写真)の2商品を19日、発売する。

     国産のスルメイカ(冷凍原料)の胴部分に加え、エンペラ(耳…

  • ニュース

    桜の風味とチーズの塩味がマッチした「チーズ鱈 さくら」

    なとり、「チーズ鱈 さくら」期間限定で発売 桜練りこみ春らしい味わい(2016.12.14)

     なとりは、日本の春を代表する素材である桜を練りこんだ春らしい味わいの「チーズ鱈 さくら」(写真)を17年1月23日から4月末までの期間限定で発売する。

     近年、いつでもどこでも購入できるものとは違い、今だけ・ここだけとい…

  • ニュース

    昆布とゆず明太子ふりかけ

    くらこん、大阪樟蔭女子大とコラボ ふりかけ&簡便惣菜の素を開発(2016.12.14)

     【関西】くらこんは大阪樟蔭女子大学(大阪府東大阪市)とコラボし、同校の健康栄養学科の学生と共同開発したふりかけ「昆布とゆず明太子ふりかけ」と、簡便惣菜の素「鶏肉と昆布のパクチー炒め」の2品を2月1日から全国発売する。

     …

  • セミナー・催し物

    ハタ料理を試食する翁章梁氏、謝長延氏、白須敏朗氏(左から)

    China Productivity Center、台湾高級魚「ハタ」試食イベント 養殖技術、おいしさ訴求(2016.12.12)

     台湾の政府関連機関であるChina Productivity Centerは5日、台北駐日経済文化代表処で、高級魚ハタのPRイベントを行った。脂ののる春からの本格的シーズンに先立ち開催された会場には、日本の水産業界および外食関係者が…

  • ニュース

    水産庁、HACCP対応施設改修助成へ(2016.12.09)

     水産庁は、輸出拡大を目指す水産加工・流通業者に対し、水産物輸出に必要なHACCP基準に対応するための水産加工・流通施設の改修などに要する経費を助成する。わが国水産物の国外需要を開拓し輸出促進による競争力強化の支援の一環。

  • ニュース

    カネテツデリカフーズ、かまぼこ2種味比べセット発売(2016.12.09)

     【関西】カネテツデリカフーズは今年迎えた創業90周年記念商品として、正月向けに「鯛蒲鉾『恵比寿(赤)』」と「鱧蒲鉾『吟寿はも板(焼き)』」の2種類を1本160gの少量サイズで詰め合わせた「味比べ鯛鱧」(写真)を25日から期間限定で発…

  • ニュース

    柳屋本店、「ゆず香るまぐろそぼろ」発売(2016.12.09)

     【中部】柳屋本店は15日、四季のそぼろシリーズから冬の季節、数量限定商品「ゆず香るまぐろそぼろ」(40g、500円税別)=写真=を新発売。同品は、着色料と香料は使用せず、国産鮪節のそぼろに、国産ユズの皮と果汁を加えた上品な香りが特徴…

  • ニュース

    ニチフリ食品、「わさムーチョ旨わさび味ふりかけ」発売(2016.12.09)

     【中部】ニチフリ食品は17年1月21日、「わさムーチョ旨わさび味ふりかけ」(25g、130円税別)=写真=を新発売。

     同品は、湖池屋の人気商品ムーチョシリーズに新たに加わったワサビ味をふりかけにしたもの。鼻から抜けるワ…

  • ニュース

    会見に臨む五十嵐仁常務(左)と掛谷浩志執行役員。五十嵐常務は「不得手だった海外を伸ばして成長する」と訴えた

    永谷園HD、英FD買収で海外へ本腰 政府系ファンドが後押し(2016.12.07)

     永谷園ホールディングス(HD)は9日、世界有数の生産能力を持つ英国のフリーズドライ(FD)メーカー、チョウサー・フード・グループを買収し、海外展開を本格化させる。チョウサーの親会社であるブルームコの全株式を約150億円で取得する。英…

  • ニュース

    日本水産、WWFジャパン「太平洋クロマグロ保全の誓い」に参画(2016.12.07)

     日本水産は1日、11月30日に公表されたWWF(世界自然保護基金)ジャパンの「太平洋クロマグロ保全の誓い」に参画した。同じく“誓い”に賛同する複数の日本企業とともに、国際漁業資源である太平洋クロマグロの資源管理に関し、さらなる国際合…

  • ニュース

    「いとうナゲット」でファストフィッシュ商品コンテストを制した東平商会

    「Fish-1グランプリ」 ファストフィッシュは「いとうナゲット」が優勝(2016.12.02)

     ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル「全国魚市場&魚河岸祭り」で開催された第4回Fish-1グランプリの「地域を元気にする国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」で11月20日、静岡県の東平商会の「いとうナゲット」が優勝した…