日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

永谷園・飯塚社長、激戦制覇で表敬訪問 大陳大賞店へ謝意

ニュース 2018.10.24 11782号 03面


 永谷園の飯塚弦二朗社長はこのほど、「第22回大陳写真コンテスト」の全国グランプリ店である、スーパーとむら吾田店を表敬訪問した。

 コンテストは参加店が前年比20%増の7615店と過去最高を更新。激戦を制し、初のグランプリに輝いた吾田店に、社長自ら感謝を伝えた。

 飯塚社長は宮崎県日南市のスーパーとむら吾田店に表彰状と賞金100万円を直接手渡しした。企業トップの来店にスーパーとむらは戸田智志店長、運営会社の戸村精肉本店の戸村サチ子社長らが迎えた。大陳は定番品と新商品でバランスよく...続きを読む

水産加工

  • ニュース

    永谷園・飯塚社長、激戦制覇で表敬訪問 大陳大賞店へ謝意(2018.10.24)

     永谷園の飯塚弦二朗社長はこのほど、「第22回大陳写真コンテスト」の全国グランプリ店である、スーパーとむら吾田店を表敬訪問した。

     コンテストは参加店が前年比20%増の7615店と過去最高を更新。激戦を制し、初のグランプリ…

  • ニュース

    伍魚福、「はちみつで食べる!チーズ生包み」発売(2018.10.19)

     【関西】高級珍味メーカー伍魚福は、人気商品「カマンベール入りチーズ生包み」に、はちみつ小袋(10g入り)をセットした「はちみつで食べる!チーズ生包み」=写真=を11月1日発売する。

     同社は「健康ブームを背景に昨今、はち…

  • ニュース

    大乾、26日に第4回乾海苔入札会を開催(2018.10.17)

     【関西】大乾は、今季第4回入札会を開催する。

     ▽日時=10月26日午前11時から見付▽場所=大阪市福島区野田1-1-86、大阪市中央卸売市場内、大乾▽予定数量=400万枚▽出品=120口で打ち切り▽不渡料=1口200円…

  • ニュース

    日本水産、「SSW」に今年も協賛(2018.10.17)

     日本水産(ニッスイ)は今年も、MSC日本事務所・ASC日本事務所が共同で13~21日に開催している「サステナブル・シーフード・ウィーク(SSW)2018」キャンペーンに協賛する。SSWは水産資源の利用を持続可能(サステナブル)なもの…

  • セミナー・催し物

    西塔正孝准教授

    ASMIと全かま連、アラスカ産スケソウダラ最新研究を講演 筋肉増強に一役(2018.10.17)

     アラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)と全国かまぼこ連合会は4日、「アラスカ産スケソウダラとかまぼこ健康セミナー」を女子栄養大学駒込キャンパス(東京・豊島区)で共同主催した。共催は同大学出版部。かまぼこの主原料である白身魚…

  • 人事

    永谷園ホールディングス、11月1日付組織変更・人事異動(2018.10.15)

     11月1日付

     〈組織変更〉

     ▽Chaucer室を海外事業本部に統合

     ▽社長直轄のグループシナジー推進室を新設

     〈人事異動〉

     ▽取締役海外事業本部Chaucer室長…

  • ニュース

    開場に向けて準備を進める豊洲市場の水産仲卸業者(10日)

    世界のTOYOSUとなるか 食の市場が新旧交替(2018.10.12)

     11日に開場した豊洲市場--。築地から豊洲へ食の市場は新旧交替したが、ブランドは継承されるのか。「TSUKIJI」を上回る世界の「TOYOSU」ブランドを今後確立できるかが注目される。午前4時に開場した豊洲市場にメディア関係者約15…

  • セミナー・催し物

    一正蒲鉾、「新潟キッズキッチン教室」参加者募集(2018.10.12)

     一正蒲鉾は11月17日、新潟市中央区の食育・花育センターで「新潟キッズキッチン教室」を開催する。地域の食育活動支援の一環として実施。同社が生産販売しているマイタケで「きのこがいっぱいまいたけごはん」などの調理実習を行う。

  • ニュース

    キャンペーンキャラクターの「サーモンスター」

    マリンハーベストジャパン、ハロウィーンの販促キャラ「サーモンスター」開発 子育て世代へ訴求(2018.10.12)

     世界最大のサーモン養殖加工会社の日本法人マリンハーベストジャパンは、ハロウィーンシーズンに子育て世帯に向けたサーモンメニューを訴求する。サーモンとモンスターを掛け合わせたキャラクター「サーモンスター」を開発し、ノベルティーグッズなど…

  • ニュース

    平野敏樹マルイチ産商社長(左)と長元信男東町漁協代表理事組合長

    東町漁協とマルイチ産商、漁業活性化包括業務連携 新たな養殖魚流通築く(2018.10.05)

     【九州】鹿児島県長島町の東町漁業協同組合と長野市のマルイチ産商は1日、福岡市内のホテルで「地域漁業活性化包括業務連携協定」を締結したと発表した。

     国内の水産流通業界は天然魚の水揚げ減少、消費減退、海外の魚食需要によって…

  • ニュース

    大乾、第3回乾海苔入札会を開催 今期一番の成約に(2018.10.05)

     【関西】大阪市中央卸売市場内の大乾は9月21日、今シーズン3回目となる乾海苔入札会を開いた。

     当日の結果は出品個数1316本・491万8184枚、成立個数628本・234万1434枚、金額2430万3275円、平均単価…

  • 展示会

    一押し商品として提案しているトルコ産サーモントラウト

    マリンフーズ、展示会開催 水産業界に次なる波 原料調達から販売までインテグレーション確立へ(2018.10.05)

     【関西】ニッポンハムグループのマリンフーズは9月26~27日の2日間、大阪市住之江区の大阪ATCホールで「2018年度マリンフーズ展示会」を開催した。

     当日は量販店、外食関係者ら多数が来場。寿司商材、年末商材に加えて、…

  • ニュース

    的埜明世社長

    ニッスイグループ、天然魚の管理不明なくす 30年までに(2018.10.03)

     日本水産とグループ企業(ニッスイグループ)の45社は、取り扱い水産物の資源状態についての初の調査を実施、16年は「漁業管理の有無不明」は調達した天然魚の8.8%を占めたことが分かった。ニッスイグループのCSR(企業の社会的責任)活動…

  • 新設・移転

    笑屋NICO-YA

    ニコニコのり、おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」オープン 海苔の価値を発信(2018.10.01)

     【関西】ニコニコのりが1日、初の直営中食店となる、おにぎらず専門店「笑屋(にこや)NICO-YA」を本社1階にオープンした。「海苔のおいしさを伝える店。もっと喜んでもらえる活用法、おいしく食べる手段を発信し、海苔の価値を再度感じ取っ…

  • ニュース

    今秋発売の浦島海苔ブランドの商品群

    日本海水、焼えびふりかけ発売 茶漬けにアゴだし使用(2018.09.26)

     「浦島海苔」ブランドを展開する日本海水は今秋、国産エビを使用したこだわりのふりかけや、アゴだしをベースにした卓上味付け海苔・お茶漬けを発売する。コモディティー化が進む売場にアクセントを加える商品として売り込む。

     「贅沢…

  • ニュース

    山忠、2工場でFSSC22000取得(2018.09.24)

     【九州】山忠では8月、本社工場およびリバーパーク犬飼工場の両工場で、FSSC22000を取得した。本社工場では「海藻加工食品の設計・開発及び製造」で、リバーパーク犬飼工場では「海藻加工食品の製造」となっている。

     近年、…

  • 連載

    アイマス漁師歴60年以上を誇るマーティン・スパウス氏

    スコットランド 自然に育まれた食材と人々(4)持続可能性、強く意識(2018.09.24)

     スコットランド南東部ベッリクシャー州にあるアイマスは、スコットランドとイングランドの境界近くに位置する小さな漁村。そんなアイマスにある水産加工業者と漁業者に焦点を当てる。

     ●ロブ…

  • インタビュー

    村松康範社長

    柳屋本店創業150周年記念インタビュー 村松康範社長 時代を読み事業改革(2018.09.24)

     【中部】カツオ(冷凍)の水揚げ量日本一の漁港として知られる焼津港を中心に、全国有数の水産加工の町として発展してきた焼津市。その焼津市に本社を構える柳屋本店は今年、創業150周年を迎えた。そこで、村松康範社長に、創業から現在に至るまで…

  • ニュース

    田中食品、「鰹だしティーパック」発売 新領域拡大の起爆剤(2018.09.24)

     【中国】ふりかけの田中食品はこのほど、ティーパックタイプの鰹だし製品「鰹だしティーパックタイプ30袋入り」=写真=を新発売した。同社は、ふりかけが主力商品であることから、同商品を起爆剤に新領域の拡大、業容の拡大を目指していく方針だ。…

  • 訃報

    大木伸介氏(日本水産相談役・前社長)13日死去(2018.09.21)

     大木伸介氏(おおき・しんすけ=日本水産相談役・前社長)病気療養中のところ、13日肺がんのため死去、58歳。通夜・告別式は近親者のみで行われた。喪主は長男の健太(けんた)氏。後日、「お別れの会」を行う予定。

  • ニュース

    操業中に死者が出たタイ漁船を検査する保険省の職員(タイ保健省)

    違法漁業警告の水産国タイで改善へ動き(2018.09.21)

     水産資源の違法な捕獲や移民を強制的に漁業労働に就かせているなどとして欧州連合(EU)から「違法・無報告・無規則(IUU)」漁業に指定すると警告されているタイで、改善の動きが広がっている。無届け漁船を撤去するタイ政府の強制措置はこの3…

  • 人事

    大森屋、10月1日付人事異動(2018.09.19)

     10月1日付

     ▽執行役員営業本部副本部長西日本統括兼近畿ブロック長兼大阪支店長(近畿ブロック長兼大阪支店長)日置純司

     ▽執行役員営業本部副本部長兼広域流通部長(広域流通部長)伊藤克浩

  • ニュース

    キーストーン・ダイアローグ会議終了 SeaBOS初代会長に伊藤滋氏(2018.09.12)

     グローバル水産企業と科学者が協働し、海洋管理の新たな姿を模索する協議体「キーストーン・ダイアローグ」が3~4日、長野県軽井沢で3回目の会議を行い、水産資源の持続可能な利用を推進するための活動を強化する方針を打ち出した。日本での会議開…

  • ニュース

    大乾、21日に第3回乾海苔入札会を開催(2018.09.12)

     【関西】大乾は、今季第3回入札会を開催する。

     ▽日時=9月21日午前11時から見付▽場所=大阪市福島区野田1-1-86、大阪市中央卸売市場内、大乾▽予定数量=400万枚▽出品=120口で打ち切り▽不渡料=1口200円▽…

  • ニュース

    カネテツデリカフーズ、女子栄養大と共同開発 健康テーマに新2品(2018.09.10)

     【関西】カネテツデリカフーズは女子栄養大学と共同開発した「旨みだし揚げ」「野菜ごろっとスープ(コンソメ味)」の2品=写真=を1日に発売した。健康をキーワードに掲げ、「旨みだし揚げ」はシニア世代に水練りでタンパク質を効率良く摂取しても…

  • 連載

    自慢のサーモンを紹介するスー・コックス氏

    スコットランド 自然に育まれた食材と人々(3)高品質誇るサーモン(2018.09.10)

     スコットランド西海岸は多くの島が存在し、氷河によって削られたフィヨルドが広がる。島々では特産品が作られ、スコティッシュ・ウィスキーはもちろん、近年は多様なボタニカルを使用し醸造するジンも人気だ。一方、フィヨルドの地域ではその地形を利…

  • セミナー・催し物

    (左から)会見する井上誠社長、的埜明世社長、伊藤滋社長

    大手水産3社、会議でホスト役 キーストーン・ダイアローグ、日本で初開催(2018.09.07)

     世界的な大手水産企業と科学者が協働し、環境保全や水産資源の持続可能な利用などを推進するための協議体「キーストーン・ダイアローグ」が3~4日、長野県軽井沢で3回目の会議(非公開)を行った。日本での開催は初めて。マルハニチロ、日本水産、…

  • 展示会

    完全養殖の「本鮪の極 つなぐ」解体ショー

    極洋、秋の商談会開催 「魚の極洋」アピール 新商品など300品紹介(2018.09.05)

     極洋東京支社と極洋商事は8月28日、「秋の展示商談会」を東京都内のホテルで合同開催した。取引先・関係者を対象に、同社商品や事業取組みを紹介。今秋新商品など約300品を14コーナーで展示した。各コーナーでは家庭用冷食、業務用調理冷食、…

  • ニュース

    左から「えびとわかめのふりかけ」「かつおとわかめのふりかけ」「うめとわかめのふりかけ」

    マルトモ、「海の健康食材ふりかけ」通販限定で3品発売(2018.09.05)

     【中国】マルトモは、海の健康食材を使用した、こだわりのふりかけ「海の健康食材ふりかけ」3品を8月28日から通販限定商品として新発売した。

     同シリーズは、カルシウムや食物繊維を多く含むワカメ、タンパク質を多く含む鰹節、カ…

  • ニュース

    大乾、第2回乾海苔入札会を開催 色物が増加(2018.08.29)

     【関西】大阪市中央卸売市場内の大乾は24日、今シーズン2回目となる乾海苔入札会を開いた。当日の結果は出品個数1208本・468万2909枚、成立個数536本・211万8864枚、金額2220万9085円、平均単価10円48銭、最高値…