日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本水産、鯖やグループと提携 サバ陸上養殖着手

ニュース 2018.08.17 11748号 01面

握手を交わす日本水産・的埜明世社長(右)と鯖や・右田孝宜社長

 日本水産(ニッスイ)とサバ料理専門店「SABAR」を展開する鯖やグループは10日、サバ事業で原料取引と商品開発を軸とした業務提携を結んだと発表した。ニッスイは鳥取県境港市の養殖子会社を通じて、18~19年度に70~80tのサバ原料を供給し、鯖やグループは現在18店舗の「SABAR」を20年までに38店舗に拡大する方針。また開発領域は外食メニューや缶詰・レトルト・調理冷食などで、両社の既存販売ルートにのせる。

 ニッスイはまた、中期プランとしてサバの陸上養殖に乗りだす方針を明ら...続きを読む

水産加工

  • ニュース

    握手を交わす日本水産・的埜明世社長(右)と鯖や・右田孝宜社長

    日本水産、鯖やグループと提携 サバ陸上養殖着手(2018.08.17)

     日本水産(ニッスイ)とサバ料理専門店「SABAR」を展開する鯖やグループは10日、サバ事業で原料取引と商品開発を軸とした業務提携を結んだと発表した。ニッスイは鳥取県境港市の養殖子会社を通じて、18~19年度に70~80tのサバ原料を…

  • ニュース

    井上誠社長

    極洋・18年秋商品 58品45億円目指す 総合食品会社を進化(2018.08.17)

     極洋は18年秋の新商品・リニューアル品として、市販用商品19品・業務用商品39品の計58品を8~9月にかけて発売する。年間販売目標は市販用14億円、業務用31億円の計45億円。開発のメーンコンセプトは、今年度からの新中期経営計画と同…

  • キャンペーン

    くらこん、「水戻し不要芽ひじき」で簡便レシピ提案(2018.08.17)

     【関西】くらこんは9月初旬から12月中旬の期間、「水戻し不要芽ひじき21g」を使ったアレンジレシピ「ひじきとごぼうの牛しぐれ」キャンペーンを全国で実施する。商品パッケージに調理イメージとレシピを掲載(写真)し、水戻し不要ならではの簡…

  • ニュース

    なとり、塩分・糖質30%オフで健康志向に対応 さきいか・茎わかめ(2018.08.17)

     なとりは、おいしさはそのままに、塩分や糖質をオフした、健康志向に対応したおつまみ「塩分・糖質30%カット さきいか」(写真)、「同茎わかめ」など秋冬新製品第3弾7品を9月10日に発売する。

     「塩分・糖質30%カット さ…

  • 人事

    大森屋、10月1日付組織変更・人事異動(2018.08.17)

     10月1日付

     〈組織変更〉

     ▽一般家庭用営業と業務用営業との連携を図るため、特販本部を廃止して営業本部に統合

     〈人事異動〉

     ▽専務取締役営業本部管掌(同営業本部長)川口良夫

  • ニュース

    カネテツデリカフーズ、“ほぼ”シリーズに新味 タラバガニの脚肉再現(2018.08.13)

     【関西】カネテツデリカフーズは、「まるで本物のような味・食感・見た目を再現した“ほぼ”シリーズ」(同社)の新商品「ほぼタラバガニ」(写真)を9月1日から期間限定で全国発売する。

     同商品は、カニの王様とも呼ばれる「タラバ…

  • 連載

    グリーナウェイ氏(右から3番目)とレストランのシェフたち

    スコットランド 自然に育まれた食材と人々(1)新鮮な近海産魚介類(2018.08.13)

     スコットランドは英国に属する非独立国でイングランド、ウェールズ、北アイルランドと並ぶ地域。日本外務省では地域と記しているが英国政府では英語でCountryを用いるので国と表記しても問題はないだろう。人口約540万人(英国全体の約8.…

  • ニュース

    大乾、24日に第2回乾海苔入札会を開催(2018.08.10)

     【関西】大乾は、今季第2回入札会を開催する。

     ▽日時=8月24日午前11時から見付▽場所=大阪市福島区野田1-1-86、大阪市中央卸売市場内、大乾▽予定数量=400万枚▽出品=120口で打ち切り▽不渡料=1口200円▽…

  • ニュース

    松本将史社長

    能水商店・松本社長 教諭から社長に転身 サケ資源活用し事業拡大へ(2018.08.10)

     【新潟】高校生がサケの魚醤「最後の一滴」を開発し、「第10回海洋立国推進功労者表彰」内閣総理大臣賞など数々受賞し注目されている糸魚川市の新潟県立海洋高校で生徒を指導してきた松本将史教諭が、4月に設立した能水商店の代表取締役に就任した…

  • ニュース

    西日本豪雨:日本水産、義援金寄付(2018.08.06)

     日本水産は2日、西日本豪雨被災地の支援に役立ててもらうため、日本赤十字社を通じて義援金として1000万円を寄付したと発表した。

     (本宮康博)

  • ニュース

    マルハニチロ、サバ缶値上げ 原料価格上昇で(2018.08.03)

     マルハニチロは1日、サバ缶詰計33品を9月1日から平均で約10%値上げすると発表した。昨年来のサバ缶詰の需要拡大によって、原料の確保が困難となっている。さらに輸出向け国産冷凍サバが大幅に増加したことを背景に、缶詰加工向けの原料価格も…

  • ニュース

    「半膳用お茶づけ海苔」、レギュラー品と同陳して販促する

    永谷園、半膳用、ラーメンスープ茶づけで老若喚起(2018.08.03)

     永谷園は6日から半膳用とラーメンスープのお茶づけを発売し、ヘビーユーザーの50代以上、ノン・ライトの10~20代消費を刺激する。半膳は「お茶づけ海苔」で導入し、看板商品の新アイテムは珍しい。市場の底上げに本腰を入れる。漢方の未病対策…

  • ニュース

    スーパーとむら吾田店のディスプレー

    永谷園、「第22回大陳写真コンテスト」過去最高の7615店 スーパーとむら吾田店がグランプリ(2018.08.03)

     永谷園は3~6月、「第22回大陳写真コンテスト」を行い、参加店を過去最高の7615へ伸ばした。企業コースが浸透し、チェーン店の開拓が進んだ。グランプリ賞は宮崎県日南市のスーパーとむら吾田店を選出。陳列量と手作りのPOPなどが評価され…

  • ニュース

    西野美穂取締役社長

    大市珍味、60周年迎え原点回帰 おいしさ提供ブランド商品発信(2018.08.03)

     【関西】大市珍味は来年、創業60周年を迎える。オードブルかまぼこや身丈の製造からスタートし、料亭やホテルの吉事料理や腕もの、おせちなどで使われる美しい水練りや焼き物などを得意とする同社。6月に取締役社長に就任した西野美穂氏は周年を機…

  • ニュース

    伏見蒲鉾、価格改定と規格を変更(2018.08.01)

     【新潟】伏見蒲鉾は8月下旬から順次、水産練り製品の価格改定・規格変更を実施する。商品アイテムにもよるが、平均して5~10%の値上げ幅となる。主要原材料のすり身価格が高騰。加えて人手不足を背景とした物流費・人件費の上昇や、包装資材関連…

  • ニュース

    スーパーサーモン(右)とアルカンワイン

    アグロスーパー、サーモンとワインのマリアージュ提案 アルカンとコラボ(2018.08.01)

     チリの食品メーカー、アグロスーパーは7月26日、食材輸入商社のアルカンが国内代理店を務めるワインブランド「ベンティスケーロ」とコラボレーションしたメディア向け試食会を開催した。アグロスーパーが展開する「スーパーサーモン」ブランドのサ…

  • ニュース

    マルトモ、「まるごと」シリーズ新発売 素材をすべてだしに(2018.08.01)

     【中国】マルトモは、素材の豊かな風味と味わいを実現した「まるごと」シリーズ3アイテムを9月1日から新発売する。

     新発売されるのは「かつおまるごと4g×8」(写真)、「あごまるごと4g×8」「野菜まるごと4g×8」の3品…

  • ニュース

    マルトモ、「プレ節 きざみかつお」発売 混ぜ込みに最適(2018.08.01)

     【中国】マルトモは、好評発売中の「プレ節」シリーズの新商品「『プレ節』きざみかつお1g×12P」(写真)を9月1日から新発売する。同シリーズとしては初のスタンド商品となる。

     「プレ節」シリーズは、鹿児島・枕崎で製造した…

  • ニュース

    「五穀美餐・いろどり野菜」

    三島食品、「五穀美餐」「炊き込みわかめ」シリーズ拡充 食卓を彩る2品(2018.07.30)

     【中国】三島食品は、混ぜごはんの素の「五穀美餐」シリーズと「炊き込みわかめ」シリーズの新商品を8月1日から新発売する。

     新しくラインアップに加わるのは「五穀美餐・いろどり野菜」と「炊き込みわかめ・広島菜」の2品。

  • ニュース

    伊藤滋社長

    マルハニチロ、秋季新商品発売 52品70億円目指す 本物をカンタンに(2018.07.30)

     マルハニチロは8~10月にかけて秋季新商品52品を発売し、年間売上げ70億8000万円を目指す。内訳は家庭用冷食15品で47億円、家庭用加工食品(缶瓶詰・すり身製品・デザート)11品で10億円、業務用食品(介護食含む)26品で13億…

  • ニュース

    つ~んとわさび

    三島食品、「料理好きのあなたへ」シリーズに詰め替え用4品(2018.07.30)

     【中国】三島食品が、ふりかけの“リポジショニング”を目指した新感覚のふりかけとして昨年8月に新発売した新ブランド「料理好きのあなたへ」シリーズの詰め替え用商品が8月1日から新発売される。

     同シリーズは、料理中や食事の際…

  • ニュース

    「魚屋さんの御馳走がんも」

    日本水産、秋冬の業務用新商品発売 魚食・健康訴求に重点(2018.07.27)

     日本水産は18年秋冬の業務用食品として、新商品12品・リニューアル6品を8~9月にかけて全国発売する。魚を食べる機会が減少している現状から、惣菜売場・外食向けに水産食材を使った商品の提案をいっそう強化する。注目の新商品2品と、新しい…

  • ニュース

    一正蒲鉾、「うな次郎」公式サイトオープン(2018.07.27)

     一正蒲鉾は、ヒット作のウナギかば焼き風かまぼこ「うなる美味しさ うな次郎」のCMキャラクター「うな次郎くん」の公式サイト(https://www.ichimasa.co.jp/unajiro_kun.asp)=写真=を20日の土用の…

  • ニュース

    西日本豪雨:大森屋、義援金100万円寄付(2018.07.25)

     【関西】大森屋は被災地支援のため、日本赤十字社を通じ、義援金として100万円を寄付した。

     (徳永清誠)

  • ニュース

    久慈食品、「焼かま短冊」滑り出し好調(2018.07.25)

     おつまみなどの企画販売を行っている久慈食品は、魚肉すり身原料を食べやすい短冊状に加工し、「焼かま短冊」シリーズとして〈幻の七味味〉〈ふんわりチーズ味〉〈博多明太子味〉の3品(写真)を3月に発売した。既に、合計3万パック以上を販売する…

  • ニュース

    フジッコ、サクサク食感のとろろ昆布「新食感さくとろ」発売(2018.07.25)

     【関西】フジッコはとろろ昆布の新規ユーザー獲得を目指しサクサク食感・削り節形状で幅広い用途に使える新スタイルのとろろ昆布「新食感さくとろ」(=写真、11g、標準小売235円)を9月1日に全国発売する。

     北海道産昆布を一…

  • 連載

    20年にわたり、養鰻場を支えてきた加藤尚武取締役養鰻部部長

    山田水産 生産性向上と現場力 世界ブランドへ(下)山田からYAMADAへ(2018.07.25)

     水産庁に問い合わせが入るという山田水産の「うなぎの駅」。鹿児島空港から車で約1時間半の距離にあり、利用客は近隣地域のファミリー層から中高年、県外から食事やギフト用鰻製品を求めて来店する客も増え、にぎわう。山田信太郎専務はコト消費に着…

  • 連載

    志布志工場のフライのライン。カット加工されたばかりの鮮度の良いイワシが流れていく

    山田水産 生産性向上と現場力 世界ブランドへ(中)「うなぎの駅」が寄与 前年比2億円増に(2018.07.23)

     山田水産の事業は(1)鰻事業部(ウナギ養殖・ウナギ加工)(2)水産加工部(シシャモ・うるめ若干・さんまかば焼き・焼きいか)(3)石巻事業部(さんまかば焼き・いわしかば焼き・さば照焼、加工冷凍原料販売)(4)冷凍飼料部(養殖用飼料・モ…

  • 連載

    山田信太郎専務

    山田水産 生産性向上と現場力 世界ブランドへ(上)オーガニックウナギ一貫生産体制確立(2018.07.20)

     山田水産(本社=大分県佐伯市、山田陽一社長)は今年創業55周年を迎え、2018年を新たな飛躍の年とする。鹿児島県志布志市で展開する養鰻事業のブランディング、20年の東京オリンピック競技大会でのビジネス手法と海外の市場開発における戦略…

  • キャンペーン

    くらこん、だし昆布と料理酒使用で「旨だし鍋」提案(2018.07.20)

     【関西】くらこんは8月上旬から来年1月下旬の期間、だし昆布を使ったアレンジレシピ「昆布とお酒で作る、絶品!旨だし鍋」を提案し全国で展開する。期間中は「手がるだし56g」(写真)、「切出し昆布47g」の両商品パッケージに調理写真とレシ…