日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:伊那食品工業・塚越英弘社長 年輪経営継承し新世代へ

インタビュー 2019.04.22 11867号 01面


 「『年輪経営』をしっかりと継承し、新しい世代で新しい輪を刻んでいく」。寒天のトップメーカー、伊那食品工業の新しいかじ取り役に2月末に就任したのが塚越英弘氏だ。

 たゆまぬ研究開発で種をまき、深く根を張る。競争の密植ではなく、適切なバランスでたくましい幹、枝葉(営業や製造など)を育てる--。自然の木々に学びながら末広がりの永続を目指す「年輪経営」は、父である先々代社長の寛氏(現最高顧問)が提唱し、CSRやSDGsといった経営スタンダードの嚆矢(こうし)として、広く経済界から注目...続きを読む

水産加工

  • インタビュー

    新トップ登場:伊那食品工業・塚越英弘社長 年輪経営継承し新世代へ(2019.04.22)

     「『年輪経営』をしっかりと継承し、新しい世代で新しい輪を刻んでいく」。寒天のトップメーカー、伊那食品工業の新しいかじ取り役に2月末に就任したのが塚越英弘氏だ。

     たゆまぬ研究開発で種をまき、深く根を張る。競争の密植ではな…

  • 総会

    井上誠社長

    極洋、東京支社極洋会で方針 経営安定化向け歩み(2019.04.22)

     極洋は12日、東京都内で開催した「東京支社極洋会」総会で、今期の事業セグメント別の目標や重点施策などを各部門トップが説明した。今19年度は事業別売上高で水産商事1420億円、食品1100億円(冷食900億円・常温200億円)、カツオ…

  • ニュース

    ニコニコのり、家庭用海苔を値上げ(2019.04.19)

     【関西】ニコニコのりが6月1日から家庭用海苔製品約70アイテムを値上げする。改定幅は0.5~7.7%で平均3%。

     海苔生産は高海水温による採苗期の順延、プランクトンの増殖や降水量の減少による低栄養状態が続き、3月31日…

  • ニュース

    BAP認証マーク

    日本水産、チリ養殖子会社がBAP認証取得(2019.04.19)

     日本水産(ニッスイ)の連結子会社で、サケマス養殖を手掛けるチリのサルモネス・アンタルティカ社(S.A.社)は3月18日付で、トラウトのBAP(Best Aquaculture Practices)認証をバイア・アカンティラーダ第1区…

  • ニュース

    伊藤滋社長(始球式後、球場正面玄関で)

    マルハニチロ、横浜DeNAベイスターズに冠協賛 伊藤社長が始球式(2019.04.19)

     横浜DeNAベイスターズ(旧大洋ホエールズ)の球団創設70周年を記念した「70th ANNIVERSARY PROJECT」のオフィシャルスポンサーを務めるマルハニチロは、13日の対広島カープ戦に冠スポンサーとして協賛し、試合前セレ…

  • 人事

    マルトモ、新社長に今井均専務取締役(2019.04.12)

     マルトモは、1日付で前専務取締役の今井均氏が取締役社長に就任したことを発表した。前代表取締役社長の明関和雄氏は代表取締役会長に就いた。

     今井均氏(いまい・ひとし)1956年5月5日生まれ、62歳。83年マルトモ入社。2…

  • ニュース

    大森屋、海苔製品を値上げ(2019.04.12)

     【関西】大森屋が6月3日出荷分から、家庭用43品および業務用の海苔製品を値上げする。

     家庭用の値上げ幅は2.4~8.4%で、平均4.0%となる。「ぱりうま」シリーズやギフト製品(アッパー品)は値上げの対象外。あわせて「…

  • ニュース

    極洋、日本さかな検定に特別協賛(2019.04.12)

     極洋は6月23日に開催される「第10回日本さかな検定」(主催=日本さかな検定協会)に今年も特別協賛する。“ととけん”の愛称で浸透している「日本さかな検定」は、全国各地の豊かな魚食文化や魚の知識、おいしい食べ方など、日本人の心身を育ん…

  • ニュース

    新元号記念 かまぼこ純セット

    一正蒲鉾、かまぼこ純セットなど令和記念2商品発売(2019.04.12)

     一正蒲鉾は新元号「令和」の幕開けを記念して、26日から紅白のかまぼこセットと大盛りカニかまを期間限定で発売する。

     「新元号記念 かまぼこ純セット」と「新元号記念 大盛りカニかま」の2品で、同社は「新しい時代の幕開けを記…

  • インタビュー

    新トップ登場:永谷園・五十嵐仁社長 筋肉体質経営で利益生む(2019.04.10)

     ●食場面で新価値

     「筋肉質な経営体質にして利益を生む」。永谷園社長に就任した五十嵐仁氏は抱負を語り、収益を安定、向上する長期の成長戦略を探る。生命線とする新価値は、消費者に意味のある食シーンを提供して生み出す。「お茶づ…

  • ニュース

    実証施設のイメージ図

    ニッスイグループ、マサバ陸上養殖へ実証施設 日立造船と共同開発(2019.04.08)

     日本水産(ニッスイ)とグループ養殖企業の弓ヶ浜水産(鳥取県境港市)は日立造船と共同で、国内初となる大規模なマサバの循環式陸上養殖の施設開発に着手する。すでに2月15日、3者が共同開発の推進で合意した。実証施設の着工予定は6月、稼働は…

  • セミナー・催し物

    マルハニチロ、横浜DeNAベイスターズ創設70周年記念セレモニーに協賛(2019.04.08)

     マルハニチロは、横浜DeNAベイスターズ(旧大洋ホエールズ)の球団創設70周年を記念した「70th ANNIVERSARY PROJECT」のオフィシャルスポンサー活動の一環として、計6試合行われる「70th ANNIVERSARY…

  • 人事

    なとり、4月1日・6月27日付人事異動(2019.04.05)

     4月1日付

     ▽生産本部副本部長メイホク食品・函館なとり統括工場合理化推進部統括(社長付顧問工場合理化推進部統括)和田淳

     6月27日付

     ▽顧問(取締役常務執行役員生産本部長兼施設管理部長)出島…

  • 人事

    高岡屋、1月30日付役員人事(2019.04.05)

     1月30日付

     ▽名誉会長(代表取締役会長)高岡正則▽代表取締役社長高岡則夫▽取締役加工部長兼業務部長菅原康之▽取締役管理部長藤岡直樹▽監査役志村直幸

  • ニュース

    感謝状を受け取る牧野修平代表幹事(中)

    大阪海苔協同組合、大阪市社会福祉協議会に車椅子寄贈(2019.04.05)

     【関西】大阪海苔協同組合は、社会福祉事業の一環として、チャリティーセールでの収益金の一部を車椅子の購入資金に充て、10台を大阪市社会福祉協議会に寄贈した。今回で車椅子の通算寄贈台数は230台となった。車椅子は大阪市老人福祉連盟を通じ…

  • ニュース

    白子、海苔を値上げ 原料高に対応(2019.04.03)

     白子は6月から海苔商品を値上げする。今期の国内生産は凶作となって、平均単価は前年比約7%増で推移。業界で今年、改定を表明したのは白子が初めて。長期の温暖化による慢性的な原料高、物流費などの各種コストアップに応じる。

     海…

  • 人事

    合食、4月1日付組織改組・人事異動(2019.04.03)

     4月1日付

     〈組織改組〉

     ▽経営管理部を廃止し、これまでの人事総務グループ、情報システムグループを部として新設。財務グループを経理部と統合して財務経理部を新設し、財務グループを財務経理部内に設置。社長室と…

  • キャンペーン

    マルハニチロ、ベイスターズ観戦ペアチケット当たるキャンペーン実施(2019.04.03)

     マルハニチロは、「マルハニチロダイレクトで商品を買って応募しよう!横浜DeNAベイスターズ観戦チケット(ペア)プレゼント」キャンペーンを3日から実施する。

     「マルハニチロPresents 70th ANNIVERSAR…

  • 連載

    橋本慎司工場長

    日本海水熊本工場 震災からの復興(下)熊本品質を世界に 被災教訓に防災対策も(2019.04.01)

     震災からの復興を果たした日本海水の熊本工場。リニューアルに際しては生産性向上を目指し、製造設備のライン設計や配置を合理化した。品質管理を徹底し、被災を教訓にした防災対策も施した。取引先や近隣住民が生産作業を間近で見られるよう、見学ル…

  • ニュース

    日本水産、「DBJ環境格付」最高位獲得(2019.03.29)

     環境への配慮を経営上重視している日本水産はこのほど、日本政策投資銀行(DBJ)による「DBJ環境格付」制度の最高格付けを水産業界で初めて獲得。これに基づき22日に資金調達を行った。

     「DBJ環境格付」は、DBJが開発し…

  • 人事

    マルハニチロ、4月1日付人事異動(2019.03.29)

     4月1日付

     ▽常務執行役員(みずほ銀行専務執行役員)渡辺毅

  • ニュース

    「のり弁の秘密・鰹ふりかけPREMIUM34g」

    三島食品、のり弁の秘密・かつおふりかけ「プレミアム」が好評(2019.03.29)

     【中国】三島食品が2月1日に新発売した「のり弁の秘密・鰹ふりかけPREMIUM34g」が好評だ。

     「のり弁の秘密かつおふりかけ」シリーズは、プレーンタイプの「のり弁の秘密かつおふりかけ」や「同・マヨネーズ風味」「同・辛…

  • ニュース

    鰹節画像(イメージ)

    マルトモ、鰹節から抗アレルギー作用を持つ物質を確認 日本農芸化学会大会で発表(2019.03.29)

     【中国】マルトモは、愛媛大学農学部の菅原卓也教授と共同で、鰹節の生理活性に関する研究を進めているが、このほど、鰹節から抗アレルギー作用を持つ物質を確認。24日から27日にかけて開催された「日本農芸化学会大会(2019年度)」で研究内…

  • ニュース

    大阪ステーションシティで行われた出荷解禁式

    JR西日本とSABAR、「お嬢サバ」出荷解禁 販売箇所を拡大(2019.03.27)

     【関西】JR西日本とSABARは3月8日の「サバの日」、2017年6月からJR西日本が陸上養殖する「お嬢サバ」の今年の本格出荷をスタートさせた。今年は初めて小売店舗で販売するなど、販売箇所をさらに拡大して展開する。これに合わせて大阪…

  • ニュース

    極洋食品、塩釜工場に保育園 育児と両立を支援(2019.03.27)

     キョクヨーグループの極洋食品は、塩釜工場(宮城県塩釜市)に事業所内保育園を4月1日開園する。名称は「キョクヨーハピネス保育園」。従業員の育児と仕事の両立支援、女性従業員が出産後も安心して働ける職場環境づくりが目的。周辺企業の従業員も…

  • ニュース

    極洋、今年もカヌー連盟活動に協賛(2019.03.25)

     水産大手の極洋は今年も、日本カヌー連盟のオフィシャルパートナーとして同連盟の活動に協賛する。「自然との共生」「水資源の大切さ」を社会に訴えていく環境保全活動の一環として、同連盟が主催する競技大会に18年前から協賛を継続中。17年から…

  • キャンペーン

    キャンペーン告知

    日本水産、対象アイテムでQUOカードプレゼント(2019.03.25)

     日本水産は、スケソウダラなどのすり身で作った魚肉タンパク質が豊富な練り製品やフィッシュソーセージなどの商品を対象に、4月1日からプレゼントキャンペーン「『たんぱく質』ニッスイの商品を食べて当てよう!」を実施する。

     ▽対…

  • ニュース

    ニッスイグループのS.A.社、ASC認証トラウトを日本向けに出荷へ(2019.03.22)

     日本水産(ニッスイ)グループでサケマス養殖を手掛ける、チリのサルモネス・アンタルティカ社(S.A.社)は5日付で、トラウトのASC認証を取得した。持続可能かつ環境や地域社会に配慮した「責任ある養殖水産物」を証明するもの。グループ企業…

  • セミナー・催し物

    下村全宏会長

    全国かまぼこ連合会、全国品評・展示試食会を開催 下村会長「地域色、評価に反映を」(2019.03.22)

     全国かまぼこ連合会(下村全宏会長)は8日、第71回全国蒲鉾品評会の開催に合わせた展示試食会を、東京海洋大学品川キャンパス内で開いた。全国各地の約200社から出品された約820品目の多彩な水産練り製品を一堂に集め、試食を交えて展示した…

  • ニュース

    佐伯保信会長

    大起水産グループ、生・本マグロを年間1万本解体 ショーで楽しみ提供(2019.03.22)

     【関西】生・本マグロを年間1万本、客前で魚売場などで解体する外食チェーンがある。鮮魚や寿司を売る「街のみなと」や回転寿司「大起水産」を展開する大起水産グループだ。中でも大阪府堺市で800坪(2640平方m)超を誇る日本最大級の体験型…