漬物特集

漬物特集:遠藤食品 売上げの五つの柱を育成 食シーンをイメージ

農産加工 2020.09.19 12117号 09面
遠藤栄一社長

遠藤栄一社長

6月に発売した「料亭まかない生姜」

6月に発売した「料亭まかない生姜」

 遠藤食品は、業務用酢漬ショウガのメーカーとしてスタートした。25年ほど前までは寿司ガリを中心に業務用9割、市販品1割だったが、徐々に市販品の比率が高まり、現在は2割を占める。遠藤栄一社長は、業務用、市販品の2本柱ではなく、社内的には紅ショウガやミニパック製品など売上げの五つの柱を育成している。部署間を超え、食シーンをイメージしながら商品、売り先の開発に取り組んでいる。  新型コロナウイルス感染症拡大が顕著になった3月下旬から外食が自主規制したこともあって、4、5月と、業務用

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 漬物特集

    漬物特集

    農産加工

     20年前半は新型コロナウイルス感染症拡大と、日本のみならずアジア各地での天候不順が影響し、漬物の需給に大きな異変が見られた。秋冬もコロナの影響は続き「免疫力」がキーワードになる。また、特に海外原料の確保は国内外の他業界 […]

    詳細 >