健康関連食品特集

健康関連食品特集:特定保健用食品(トクホ) 6000億円割るも“代名詞”

総合 2022.05.18 12399号 07面

 ●疾病リスク低減表示など活用を
 特定保健用食品(トクホ)は1991年の発足以降、制度型健康食品の代名詞として市場をけん引。2020年からは長年堅持してきた6000億円台を割り込み、許可品目も減少傾向にあるが、依然一大市場として売場を構築している。
 トクホは国が健康強調表示を許可・承認する独自の制度として誕生。発足当初から国際的にも注目され、国内の健康志向の高まりに伴い、99年には市場規模で2000億円を突破している。2年後

  • 健康関連食品特集

    健康関連食品特集

    総合

     コロナ下で加速する健康ニーズの多岐化を背景に、食を通じた健康生活を支援する健康関連食品の社会的意義が向上している。ニューノーマルの到来・浸透を受け、「健康」の定義そのものが生活者間で重層化する中、極めて多岐にわたるヘル […]

    詳細 >