コーヒー・コーヒー用クリーム特集

コーヒー・コーヒー用クリーム特集:コーヒー用クリーム動向=多様な嗜好へ価値提案加速

飲料 2020.09.07 12110号 04面

 家庭用のインスタントクリーミングパウダー(ICP)市場は依然として厳しい状況が続き、年率10%程度のダウントレンドとなっている。今期は新型コロナ禍で「巣ごもり消費」が定着し、家庭でのコーヒー飲用機会が増えたものの、インスタントコーヒー(IC)のブラック飲用化や、スティックコーヒーの浸透など飲用方法の多様化が進み、直近も減少傾向となっているようだ。メーンの購買層も50~60代以上となっているが、新たな飲み方提案や健康面での訴求など、ここに来て新たな価値提案が加速。若年層への間

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コーヒー・コーヒー用クリーム特集

    コーヒー・コーヒー用クリーム特集

    飲料

     国内家庭用コーヒー市場は今春以降のコロナ禍による家庭内需要拡大などを主要因に、市場が拡大している。特にスティックコーヒーやレギュラーコーヒー(RC)の伸長率が高く、インスタントコーヒー(IC)なども伸長している。増加し […]

    詳細 >