コーヒー・コーヒー用クリーム特集

コーヒー・コーヒー用クリーム特集:コーヒー用クリーム=森永乳業 ICPの本質的価値を訴求

飲料 2020.09.07 12110号 04面

 森永乳業の「クリープ」は今期、ICPの原点に回帰した本質的価値の訴求を進める方針だ。パウダータイプの特性を生かし、使用シーンの幅広さを主軸に置いた施策を展開。多彩なレシピ提案なども推進し、若年層への間口拡大と外部環境の変化に対応した販促などを行っていく。
 ICP市場は厳しさが続くが、19年度のクリープは市場をクリアして推移。袋タイプは堅調で、ボトルタイプ、スティックタイプも落ち着いた推移となった。11年から展開の公式レシピ「サクサクリープ」はSNS

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コーヒー・コーヒー用クリーム特集

    コーヒー・コーヒー用クリーム特集

    飲料

     国内家庭用コーヒー市場は今春以降のコロナ禍による家庭内需要拡大などを主要因に、市場が拡大している。特にスティックコーヒーやレギュラーコーヒー(RC)の伸長率が高く、インスタントコーヒー(IC)なども伸長している。増加し […]

    詳細 >