全国味噌特集

全国味噌特集:四国地区動向=差別化商材の開発・育成に注力

味噌・醤油 2019.09.18 11941号 11面

 四国では、徳島県の19年1~6月の実出荷量(全国味噌工業協同組合連合会調べ)は、前年比0.4%減の3194t。出荷量は年々減少傾向にあるが、四国4県の中では圧倒的に多い。県内は特産の御前味噌を中心に地元味噌の消費割合が高い。かねこみそ、ヤマク食品の2大手が地元シェアの大半を占め、県外への出荷も多い。両社とも主力の御膳味噌を中心に差別化商品の開発・育成を重視。独自性の強い商品開発に積極的に取組み、存在感を強めている。(徳永清誠)  ●かねこみそ  かねこみそは差別化商材として

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国味噌特集

    全国味噌特集

    味噌・醤油

     包装資材価格や運送費の上昇、人手不足、適正価格での原料確保の問題など、味噌業界を取り巻く環境は厳しさを増している。業績面では、積極的な事業展開で収益を伸ばす大手メーカーと中小零細企業の格差が拡大。商品開発や販売・プロモ […]

    詳細 >