全国味噌特集

全国味噌特集:中部地区動向=付加価値品でシェア拡大

味噌・醤油 2019.09.18 11941号 11面

 「八丁味噌」の地理的表示(GI)保護制度への登録に端を発した、愛知県味噌溜醤油工業協同組合と岡崎市にある老舗2社との騒動が依然終着を見せぬことでも注目される東海エリア。全体的には全国同様、生味噌の減少分を即席やFDが下支えしているのが実情であるものの、メディアで取り上げられたことで発生した豆味噌ブームはいまだ継続中だという明るい材料もあり、各社とも注目度の高い豆味噌商品をはじめ、健康志向や簡便性ニーズに対応した付加価値商品でシェア拡大を目指す。(立川大介)  ●サンジルシ醸

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国味噌特集

    全国味噌特集

    味噌・醤油

     包装資材価格や運送費の上昇、人手不足、適正価格での原料確保の問題など、味噌業界を取り巻く環境は厳しさを増している。業績面では、積極的な事業展開で収益を伸ばす大手メーカーと中小零細企業の格差が拡大。商品開発や販売・プロモ […]

    詳細 >