春季新潟食品産業特集

春季新潟食品産業特集:地域発頑張る企業=渡辺酒造店 豊醸蔵通じブランド発信

酒類 2020.02.21 12017号 14面
渡辺吉樹社長

渡辺吉樹社長

豊醸蔵は渡辺酒造店の「ドメーヌスタイル」を世界に発信する拠点

豊醸蔵は渡辺酒造店の「ドメーヌスタイル」を世界に発信する拠点

 ●新しい酒蔵を確立  1868(明治元)年の創業から百五十有余年、新潟県糸魚川市の根知谷で日本酒を製造してきた渡辺酒造店。6代目として活躍するのが渡辺吉樹氏だ。異業種から同社の経営陣に加わり一から酒造りを学び、新しい酒蔵のスタイルを生み出し「根知男山」ブランド、続いて「Nechi」ブランドの確立に努めてきた。根知谷も全国の中山間地に共通する地域の人口減と加速する高齢化という大きな課題を抱えていた。収縮する産業からどのように新しい事業の芽を見つけ出すか、渡辺社長は山積する課題

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 春季新潟食品産業特集

    春季新潟食品産業特集

    総合

     2020年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催が新潟県でも明るい話題の一つに挙げられそうだ。日本の食と酒が世界から注目される大きなチャンスで、「食の新潟」「食品産業王国」をアピールできる場となり、ビッグイベントは […]

    詳細 >