春季新潟食品産業特集

春季新潟食品産業特集:イオンリテール北陸信越カンパニー・岸孝司支社長

小売 2020.02.21 12017号 12面

19年4月に新潟市に新規オープンしたイオンスタイル上所

19年4月に新潟市に新規オープンしたイオンスタイル上所

惣菜など清水商事からの商品供給を強化

惣菜など清水商事からの商品供給を強化

15年にグループ化した清水商事の配送センターや商品製造のインフラを生かし、連携を強化

15年にグループ化した清水商事の配送センターや商品製造のインフラを生かし、連携を強化

 ◇イオンリテール北陸信越カンパニー・岸孝司常務執行役員支社長  ◆地域密着の多店舗展開目指す  新潟県内で24店舗を展開するイオンリテール北陸信越カンパニーは、地域に密着した取組みに注力する。2025年までにカンパニー管轄で2桁出店を計画し、同県内だけでも2桁出店を目指し、商圏ごとに柔軟な品揃えをするイオンスタイル化で店舗を運営する意向だ。15年10月には、新潟市で老舗小売企業の清水商事をグループ化。同社の持つ惣菜など地元の味を生かした商品開発を強化すると同時に、同社のセン

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 春季新潟食品産業特集

    春季新潟食品産業特集

    総合

     2020年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催が新潟県でも明るい話題の一つに挙げられそうだ。日本の食と酒が世界から注目される大きなチャンスで、「食の新潟」「食品産業王国」をアピールできる場となり、ビッグイベントは […]

    詳細 >