惣菜管理士合格者特集

惣菜・中食 2019.11.21
惣菜管理士合格者特集

 制度創設から27年を迎えた日本惣菜協会の研修プログラム「惣菜管理士」の有資格者が2万7397人となった。食品に関する知識を広範囲に網羅した業界唯一の研修プログラムは、惣菜製造業だけに限らず、食品メーカー、卸、小売、機械、人材サービスなど幅広い業種での採用が進んでいる。10日に発表された今年の惣菜管理士合格者は3351人。全国で約2200社の企業が有資格者を輩出し、「中食に携わるプロフェッショナル」を世に送り出している。一方、食をめぐる時代の変化に対応するため、10月開講分の三級については新たなカリキュラムで実施される予定。以後、一級まで毎年カリキュラム改訂を行う計画で、今後の食品産業の進化に対応できる能力を備えた人材育成を目指す。(福島厚子、藤村顕太朗)