コーヒー・コーヒー用クリーム特集

飲料 2019.11.23
コーヒー・コーヒー用クリーム特集

 国内のコーヒー市場はここ数年、レギュラーコーヒー(RC)を中心に社会的なコーヒーに対する関心や知識の高まりで、国内消費の伸長を継続してきた。現在は一服しているが、コーヒーに対する嗜好(しこう)の多様化や高度化は進み、家電量販店での大型展開など新たな変化が起きている。加えて、従来は産地やブレンド、焙煎(ばいせん)などに対する興味や知識の高度化に対応する提案が主だったが、現在は「コーヒーポリフェノール」などを主とする“コーヒーの持つ健康や美容機能”の訴求が目立つ。このカラダの健康に加えて、ITを活用したココロの健康への対応、社会課題となっている睡眠不足や睡眠負債解決への取組み、ロボットカフェなどによる人手不足の解決など、コーヒーを活用した新たな取組みが始まっている。「モノ消費」と「コト消費」がコーヒー市場でも顕著になっているといえるだろう。(本吉卓也)