日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 乳肉・油脂

    マーガリン、4施策で回復の兆し 業務用、価格適正化は必至(2018.10.26)

     マーガリン市場が回復基調へターニングポイントを迎えている。家庭用は18年上期、2年連続で大幅減少を回避。歯止めまで“あと一歩”の折り返しの中、今秋は「健康訴求」「話題喚起」「用途拡大」「誤認払拭」の4面施策が定着に向かうなど、U字回…

  • 農産加工

    東洋水産、味付け米飯販売休止へ(2018.10.26)

     東洋水産は24日、「マルちゃん 味付け米飯商品」の販売を11月中旬以降順次休止すると発表した。

     これは、現在、製造ラインの不具合により、需要に見合った製造ができていない状況となっており、製造数量の回復を図るべく、最大限…

  • 酒類

    商品を手にする前田章子バカルディジャパン社長(左)と宮石徹サッポロビール常務

    サッポロビール、スコッチ新戦略 国内トップ目指す(2018.10.26)

     サッポロビールは23日、スコッチウイスキー「デュワーズ」の新戦略を発表した。ウイスキーの炭酸割り「ハイボール」の起源を表現した新コミュニケーションで競合他社との差別化を図るほか、家庭用・業務用の両面でブランド認知を高める。宮石徹取締…

  • 小麦加工

    日清フーズ、家庭用小麦粉など来年1月から価格改定(2018.10.26)

     日清製粉グループの日清フーズは24日、家庭用小麦粉および家庭用・業務用ミックスの製品価格を、19年1月4日出荷分から改定すると発表した。主原料の輸入小麦の政府売渡価格が10月1日から改定され、また物流費、人件費なども上昇しており、こ…

  • 冷凍・チルド

    流通の評価に手応えを感じる伊地知稔彦社長

    日清食品チルド、完結型レンジカップ投入 新たな需要創造へ(2018.10.26)

     日清食品チルドは、チルド麺の新たな需要創造を目指し、簡便・個食・完結の潜在ニーズに対応したレンジカップ麺を投入する。最大のポイントとしている“電子レンジで生麺をゆでる”ことにより、本格生ラーメンが簡単に味わえる商品に仕上げており、ス…

  • その他

    明治、武蔵野赤十字病院と共同開発 食品特性に応じ窒息状態を可視化(2018.10.26)

     明治は24日、武蔵野赤十字病院と共同で、4次元嚥下(えんげ)シミュレーター「Swallow Vision(SV)」と気流シミュレーションを使用して、食品が喉に詰まった状態を可視化し、世界で初めて窒息リスクを定量的に評価して予測する方…

  • 酒類

    ブレンダー気分で香りを体験できるコーナー

    霧島酒造、体験型の施設オープン 焼酎を世界に発信(2018.10.26)

     【九州】霧島酒造は27日、今夏に稼働した宮崎県都城市の志比田第二増設工場内に、「KIRISHIMA WALK FACTORY」をオープンする。同社が築いてきた焼酎造りの技術と精神に触れられる体験型施設で、“歩くことで、出会う。感じる…

  • 酒類

    日本酒類販売、70周年記念の会開催 松川会長「現場力にみがき」 田中社長「豊かな生活に貢献」(2018.10.26)

     日本酒類販売は23日、東京・帝国ホテルで「70周年記念の会」を開催した。松川隆志会長が「次の10年間も、さらに現場力を進化させていく。酒税制度の変更など楽観を許さないが、気概を持ってやっていきたい」とあいさつ。田中正昭社長が70年の…

  • 卸・商社

    伊藤忠食品、「格之進」のギフトカード取扱い開始(2018.10.26)

     伊藤忠食品は高付加価値なギフトカードのラインアップ拡充に向け、門崎(岩手県一関市)が運営するブランド熟成肉専門店「格之進」のギフトカード(写真)の取り扱いを9月から開始した。需要が高まっているセールスプロモーション市場の法人向けに、…

  • 菓子

    定番の「生ケーキ」など

    山崎製パン、今年のクリスマスケーキは定番に加えバラエティー強化 小サイズやSNS映えも(2018.10.26)

     山崎製パンは23日、クリスマスケーキの市場傾向および今年のクリスマスケーキを発表した。

     同社は、近年のクリスマスケーキの市場傾向について、1世帯当たりの人員減少などの世帯構成変化で、小型サイズのケーキの需要が高まってい…

  • 調味

    制度を通じて読書の面白さを知った長岡恵莉さん

    ファインフーズ、読書感想文にインセンティブ(2018.10.26)

     【関西】調味料・香辛料メーカーのファインフーズ(大阪府堺市)が、社員の読書感想文を1000円で買い取る制度(読書手当)を実施し注目を集めている。また読書の普及へのCSR活動で、19年秋に開館予定の「(仮称)こども本の森 中之島」に寄…

  • 小麦加工

    小笠原製粉、「キリマルラーメン」で新たなスタート(2018.10.26)

     小笠原製粉は「キリンラーメン」の名称を変更し「キリマルラーメン」=写真=として新たなスタートを切る。発売53年続いた「キリンラーメン」は11月下旬の出荷を最後とする。「キリマルラーメン」は10月30日、新たなパッケージで出荷開始する…

  • 機械・資材・IT

    ホタテ貝柱の自動生剥きを実現したロボットシステム

    ニッコー、「ロボット大賞」で中小・ベンチャー企業賞受賞 「ホタテ貝柱の自動生剥き」(2018.10.26)

     経済産業省や日本機械工業連合会ら共催による「第8回ロボット大賞」で、食品・水産・食肉・農産加工機械製造・販売のニッコーが開発した「ホタテ貝柱自動生剥きロボット『オートシェラー』を中核とする水産加工システム」が、中小・ベンチャー企業賞…

  • 味噌・醤油

    ハナマルキ、100周年記念で味噌「金春」限定100セット発売(2018.10.26)

     ハナマルキは創業100周年を記念した味噌「金春」=写真=を限定100セットを発売する。1世紀にわたり培った味噌製造技術を採用し、創業日の11月1日から3日間限定で販売する。

     商品名は創業者である「花岡金春」の名を取った…

  • 味噌・醤油

    本場仙台味噌・醤油鑑評会表彰(2018.10.26)

     【東北】第66回本場仙台味噌・醤油鑑評会表彰式が17日、ホテルメトロポリタン仙台で開催され、味噌、醤油部門の優秀企業、優良技能者が表彰された。出品工場は味噌、醤油それぞれ31工場、品数は味噌76、醤油67となった。(三沢篤)

  • 酒類

    国分グループ本社、地酒蔵元会Webサイト刷新 スマホでも容易に(2018.10.26)

     国分グループ本社は、地酒蔵元会のWebサイト「日本の心 酒 地酒蔵元会」を9月から大幅リニューアルした。地酒の知識を基礎級からプロ級の5段階で試せる「地酒蔵元検定」のほか、製法やエリア、味の好みに合った地酒を探せる「地酒カタログ」な…

  • 酒類

    サッポロビールの林直樹取締役執行役員(左)とキッチハイクの山本雅也社長

    サッポロビール、「できたらいいな」アイデア実現 極小ロットで毎月ビール醸造(2018.10.26)

     サッポロビールは、「こんなビール、できたらいいな」というアイデアをネット上で募集し、極小ロットで毎月1種類のビールを醸造するサービス「HOPPIN'GARAGE(ホッピンガレージ)」を、22日スタートした。

     完成した…

  • 酒類

    代野照幸支部長

    甲類焼酎復調の兆し 2ヵ月連続前年プラス(2018.10.26)

     日本蒸留酒酒造組合東京支部の代野照幸支部長(メルシャン社長)は19、20日に開催した「焼酎甲類体験フェス2018in六本木」のあいさつで「近年酒類の消費が厳しい中、甲類焼酎の課税移出数量は2ヵ月連続で前年をクリアするなどよい動き」な…

  • 小売

    ヤオコーのイタリアパンを監修するエッツオ・マリナート氏

    ヤオコー、天然酵母パン「パネトーネ」展開 ベーカリー差別化図る(2018.10.26)

     ヤオコーは、ベーカリーの差別化策としてイタリアパンに取り組んでいる。17年9月に食事パンの「チャバタ」を商品化、現在4店舗で販売している。今年のクリスマスには予約限定品としてパン菓子「パネトーネ」を展開する。20日にはイタリアパンを…

  • 菓子

    日清シスコ、「焼きいもサブレ」発売 寒い季節に最適、温める食べ方提案(2018.10.26)

     日清シスコは11月4日、「ココナッツサブレ」シリーズの新商品として「焼きいもサブレ」(写真)を全国発売する。これからの寒い季節に最適な、香ばしい焼き芋の味わいを提供し、温めて食べる提案を行う。

     「ココナッツサブレ」シリ…