日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 機械・資材・IT

    レンゴー、フレキソ印刷技術で金賞(2018.06.18)

     レンゴーはこのほど、フレキソ技術協会(本部=米国・ニューヨーク)が主催する「The 2018 Excellence in Flexography Awards」において、「黒烏龍茶350ml」水性フレキソ印刷ロールラベル(サントリー…

  • 調味

    健康感と地元密着の商品設計が受けている(「食のアウトレットモール北名古屋」の売場)

    食創研、食品工業技術センターとコラボ 乳酸発酵おから入りドレッシング発売(2018.06.18)

     【中部】中部地区の食品関連企業で構成される包装食品技術協会・食品創造研究会(食創研)はこのほど、あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センターの技術を活用した「乳酸発酵おから入りドレッシング」を商品化した。4月下旬から愛知県大府…

  • 小売

    表彰式にて(左から小池くるみUFDプロジェクト室担当部長、佐古則男社長、金光祐冶鮮魚部チーフバイヤー)

    ユニー、「JSH減塩食品アワード」4年連続金賞を受賞(2018.06.18)

     【中部】ユニーは、日本高血圧学会減塩委員会主催の「第4回JSH減塩食品アワード」で、プライベートブランド(PB)商品「スタイルワン おいしく減塩 旨みとコクの白菜キムチ」が金賞となり、第1回から4年連続金賞を受賞した。

  • 水産加工

    岐阜県寒天展示品評会・西尾幸久会長(左)と中嶋一昇前会長

    岐阜県寒天水産工業組合、品評会で8品表彰 TV波及効果も(2018.06.18)

     【中部】細寒天生産量の全国8割を占める岐阜県恵那市山岡町で寒天を製造する岐阜県寒天水産工業組合は5月25日、第63回「岐阜県寒天展示品評会」を同町内の山岡農村環境改善センターで開催した。

     当日は、出品された山岡細寒天1…

  • 農産加工

    パイミート、南山大と連携 ご飯にかける豆腐発売(2018.06.18)

     【中部】豆腐メーカーのパイミートはこのほど、南山大学経営学部上野ゼミと連携し、ご飯にかける豆腐「ぶっちゃん」(写真、税別300円、130g×2個)を新発売した。地元ローカルスーパーをはじめ、名古屋市内ホテルの朝食メニューなどに採用さ…

  • 小麦加工

    尾張製粉、ゆめあかり使用の「冷やし中華」発売(2018.06.18)

     【中部】愛知県半田市に本社を置く尾張製粉は、希少品種の愛知県産小麦「ゆめあかり」を使用した「冷やし中華」(写真、2人前・税別280円)を発売した。

     「ゆめあかり」は、県農業総合試験場が2014年に品種登録した小麦新品種…

  • 乳肉・油脂

    家庭用食用油 市場成長が過渡期に 情緒価値で生食追い風(2018.06.15)

     家庭用食用油の市場成長が、過渡期を迎えている。本来の加熱媒体としての用途に加え、“そのままかける(あえる)”などの「生食」消費が加速的に拡大、全体規模を大きく押し上げている。同傾向は15年からの健康的価値への見直しを契機とするものだ…

  • 卸・商社

    注目を集めた「アシストデリ」のブース

    惣菜課題をアシスト 伊藤忠食品、付加価値と機能提供(2018.06.15)

     伊藤忠食品はデリカ市場のさまざまな課題へ向け、“アシスト”を切り口にした提案を強化する。健康需要の取り込みを狙った機能性デリカのオリジナル商品開発に注力するほか、冷凍技術を活用したロス削減や人手不足対応など店舗運営の効率化をサポート…

  • 水産加工

    ヤマキ、世界展開を加速 米国で初の削り節工場(2018.06.15)

     ヤマキは9月から、業界初となる米国の削り節工場を稼働させる。オレゴン州にあるグループ工場内に削り・粉末ラインを設け、日本と同じ製造期間と商品力を実現し、4年後に売上げを50%増やす。鰹節・だし文化の世界展開という経営戦略を加速する。…

  • 飲料

    大塚匠課長(左)と「LINE FRIENDS」のブラウン

    サントリー食品インターナショナル、クラフトボスに新たな風 「ブラウン」19日登場(2018.06.15)

     「クラフトボス」に、この夏新たな風が吹く--。パーソナルPETコーヒー市場に風穴を開けた、サントリー食品インターナショナルが展開する「クラフトボス」は、新たなラインアップ「クラフトボス ブラウン」(500mlPET)を19日から投入…

  • その他

    「クノール たんぱく質がしっかり摂れるスープ〈コーンクリーム〉15袋入り箱」

    味の素社、タンパク質補給食品が好調(2018.06.15)

     味の素社のタンパク質補給食品が好調だ。栄養ケア「メディミルスープ」の後継製品としてスープ「クノール」のブランド資産を活用して17年8月21日から全国発売した「クノール たんぱく質がしっかり摂れるスープ」は、販売チャネルが当初のドラッ…

  • 乳肉・油脂

    ブルボン「ルマンドアイス」第2弾 甲信・東海へ販売地域拡大(2018.06.15)

     ブルボンは25日から、「ルマンドアイス」第2弾の「ロイヤルミルクティー」=写真=を甲信・東海地域に販売エリアを拡大して発売する。ルマンドアイスは、クレープクッキー「ルマンド」を丸ごとアイスモナカに入れて昨年ヒット商品となり、アイスク…

  • 乳肉・油脂

    三浦洋四郎理事長

    日本油脂検査協会、新評議会議長に八馬氏(2018.06.15)

     日本油脂検査協会は評議員会をこのほど開催、役員改選で今村隆郎氏(日清オイリオグループ会長)に代わり、八馬史尚氏(J-オイルミルズ社長)を新評議会議長に選任した。

     評議会後の懇親会で三浦洋四郎理事長(帝京大学名誉教授)は…

  • 飲料

    神奈川県庁で覚書を結び、握手する岸上克彦社長(左)と黒岩祐治神奈川県知事

    アサヒ飲料、神奈川県と覚書 十六茶で「未病」啓発へ(2018.06.15)

     アサヒ飲料は8日、健康と病気の間の状態「未病」の考え方を広める活動を神奈川県と協力していくことで覚書を交わした。健康ブレンド茶「十六茶」や同社の自動販売機などを活用し未病の認知と理解を県内に広げる。「当社が最重要視する健康領域で社会…

  • その他

    仏・ロケット、都内CTS規模1.5倍に 国内栄養食品需要対応(2018.06.15)

     健康食品向け植物由来原料を世界的に展開する仏・ロケットはこのほど、東京都内の食品カスタマーテクニカルサービスセンター(CTS)の規模を拡張することを発表した。日本国内の栄養食品の需要の多様化に対応するもので、施設規模を1.5倍に拡張…

  • 酒類

    ベルギーのギュンテル・スレーワーゲン駐日大使夫妻(右)と小西新太郎夫妻

    小西酒造・小西新太郎社長、ベルギー「王冠勲章コマンドール章」受章 ビール普及に尽力(2018.06.15)

     【関西】小西新太郎小西酒造社長は1日、ベルギーのフィリップ国王から「王冠勲章コマンドール章」を受章した。同社は清酒メーカーであるとともに、今年でベルギービールの輸入を開始して30周年を迎えた。日本でのベルギービールの輸入・販売におい…

  • 調味

    キユーピー、社会・環境報告書を公開(2018.06.15)

     キユーピーは17年度のグループCSR活動をまとめた「キユーピー 社会・環境報告書2018」をホームページ(http://www.kewpie.co.jp/csr/)で公開している。グループCSR活動を広く伝えステークホルダーとのコミ…

  • 酒類

    白鶴杜氏鑑

    白鶴酒造、3商品がiTQi優秀味覚賞(2018.06.15)

     【関西】白鶴酒造は「国際味覚審査機構(iTQi)」において、「上撰 白鶴」(3年連続)、「特撰 白鶴 特別純米酒 山田錦」(6年連続)、「白鶴 杜氏鑑」(4年連続)の3商品で最高位の「三ツ星」を受賞した(「上撰 白鶴」は、クリスタル…

  • 飲料

    黒木誠也マーケティング本部長

    アサヒビール、PETで高炭酸実現 ノンアル「ドライゼロ」飲用拡大へ(2018.06.15)

     アサヒビールは今夏、PETボトル(500ml)入りで高炭酸のノンアルコール飲料「ドライゼロスパークリング」を発売する。リキャップできる利便性を訴求し「アウトドアやスポーツ時の飲用シーンを広げたい」(黒木誠也マーケティング本部長)考え…

  • その他

    第2回高校生科学教育大賞最優秀校に広尾学園 バイテク情報普及会(2018.06.15)

     バイテク情報普及会(CBIJ)は第2回高校生科学教育大賞最優秀校に広尾学園高等学校を選出した。同校の研究テーマは「シロイヌナズナ感受性変異体を用いたカドミウム耐性機構の解析」。同校は活動資金として最大100万円の支援を受ける。