日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 乳肉・油脂

    岩下穣フードサービス営業本部長

    ベルジャポン、スイーツシリーズを一新 プレシアで発売(2018.03.30)

     ベルジャポンはプレシアから発売しているスイーツシリーズ「PREMIUM SWEETS WITH KIRI」を一新する。4月1日から「レアチーズボール」と「贅沢ベイクドチーズタルト」の2品を新発売。さらに人気の「贅沢レアチーズタルト」…

  • その他

    「飯島藤十郎賞」学術研究助成など決まる(2018.03.30)

     飯島藤十郎記念食品科学振興財団はこのほど、第20回定例理事会開き、平成29年度(30年度研究費充当)の学術研究助成などの助成102件1億8245万円および「飯島藤十郎食品科学賞」「同食品技術賞」を決定した。助成金ならびに飯島藤十郎賞…

  • 菓子

    フレシュール、自社ブランド第2弾「ショコりゃあて ホワイトチョコ&レモン」発売(2018.03.30)

     【中部】清田産業の子会社でスイーツや加工食品メーカーのフレシュール(岐阜県関市)は、「ショコりゃあて ホワイトチョコ&レモン」=写真=を3月26日に発売した。

     同商品は、昨年に愛知県限定の自社ブランドとして発売した「シ…

  • 小売

    アマゾン、食品PBの開発を加速(2018.03.30)

     アマゾンジャパンは、有料会員「アマゾンプライム」の拡大を重要施策と位置付け、宅配サービスや動画配信、生鮮宅配などの会員特典を充実させてきた。従来の特典はサービス面を中心としてきたが、昨年からプライム会員限定の食品PB(自主規格品)の…

  • 外食

    シックな色調でゆったりと落ち着いた空間のバルゾーン

    阪急三番街北館、フードコートに リニューアルオープン(2018.03.30)

     【関西】阪急電鉄と阪急阪神ビルマネジメントは28日、「UMEDA FOOD HALL」をオープンした。これは阪急梅田駅に併設の商業施設「阪急三番街」の北館地下2階をリニューアルして、エリア最大級の1000席を誇るフードコートに生まれ…

  • 農産加工

    JA全農、業務提携相次ぐ 園芸事業の直販強化(2018.03.30)

     全国農業協同組合連合会(JA全農)は、青果物を扱う園芸事業の直接販売強化策として、取引先有力企業と相次ぎ業務提携で合意した。22日のデリカフーズホールディングス(既報)に次ぐ、27日のカネマサ流通グループ(大阪)中核企業、金正青果と…

  • その他

    低糖質市場、ブームから定着へ 食品カテゴリー拡充も(2018.03.28)

     糖質オフ・ゼロなどの低糖質商品がブームから定着の様相を強めている。今春も製配販3層で販売戦略を強化する動きが顕著で、NBを含むメーカーの新規参入も増加。市場の成長課題だった「食品カテゴリーの少なさ」をカバーし、ビール系飲料やパン類ば…

  • 農産加工

    JA全農、デリカフーズと業務提携(2018.03.28)

     全国農業協同組合連合会(JA全農)は22日、業務用野菜卸国内最大手のデリカフーズホールディングス(デリカフーズ)と、青果物を中心とした国産農畜産物の集荷・加工・販売事業や物流機能、商品開発などに関する業務提携で合意した。

  • 農産加工

    全国豆腐連合会ら、公正競争規約20年に認定へ(2018.03.28)

     全国豆腐連合会(全豆連)と日本豆腐協会は23日、東京都内で「第23回豆腐公正競争規約設定委員会」を開催し、数値基準の根拠や事業者向けの表示マニュアル作成について確認と、原案の報告を行った。今後、Q&A作成に向けて詳細を審議していく。…

  • びん・缶詰

    はごろもフーズ、マルアイ商事をはごろも商事に(2018.03.28)

     はごろもフーズは4月1日から、連結子会社のマルアイ商事をはごろも商事に商号変更する。グループ会社としての認知度を高めるためで、23日の臨時株主総会で承認可決された。マルアイ商事は水産加工メーカーのマルアイのギフト販売会社として66年…

  • 飲料

    商品を手に、今後の戦略を語る星野智信ブランドマネジャー

    伊藤園「タリーズ」戦略 PETでの新たな楽しみ方「3温度帯」提案(2018.03.28)

     伊藤園が展開する「タリーズコーヒー」の18年ブランド戦略は、主力のボトル缶に注力しながら、PETコーヒーでの凍結ボトル投入による“3温度帯”での楽しみ方など、新たな提案軸でさらなる拡大を図る。

     まずは、凍結ボトルを採用…

  • 機械・資材・IT

    日本テトラパック、「TGA 1000リーフ」日本上陸 伊藤園とUCCが採用(2018.03.28)

     日本テトラパックはグローバルで実績のある高機能の屋根型キャップ付き紙容器「テトラ・ジェミーナ・アセプティック(TGA) 1000リーフ」=写真=を日本市場に初めて導入した。開けやすく注ぎやすい、衛生面に優れた1000mlサイズの大型…

  • 酒類

    三菱食品、セグラヴューダスを「ソラバル」でPR(2018.03.28)

     三菱食品は31日~4月1日に東京・代々木公園で開催される「パエリア・タパス祭り2018」(主催=日本パエリア協会/パエリア・タパス祭り実行委員会)に出店し、オリジナルのスペインワインによる「セグラヴューダス“ソラバル”」と題したブー…

  • 酒類

    授賞式の様子。ニッカウヰスキーの佐久間正チーフブレンダー(右から2人目)

    ニッカウヰスキー、「竹鶴」世界最高賞に(2018.03.28)

     ニッカウヰスキーが製造する「竹鶴17年ピュアモルト」がウイスキーの国際的コンテストで世界最高賞を獲得した。品質の高さが世界的に評価され、国内外で一層関心が集まりそうだ。

     英国のウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が開…

  • 調味

    味の素社、AIで献立提案(2018.03.28)

     味の素社は、AI(人工知能)を顧客一人一人のニーズに合った献立提案に活用する。26日に全面刷新したレシピサイト「AJINOMOTO PARK」(https://park.ajinomoto.co.jp/top/)の目玉コンテンツとし…

  • その他

    生団連、カジノ解禁へ反対声明(2018.03.28)

     国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)は26日、今国会で関連法案が審議される見込みの「カジノの解禁」に対して反対声明を出した。(1)わが国にふさわしい観光振興策なのか(2)本当に地域経済振興に資するのか(3)青少年の健全育成への悪…

  • 外食

    「イノプロム2017」では生の近大マグロ解体ショーも行われた

    健康寿命延ばす日本食の力 ロシアでも注目浴びる(2018.03.28)

     日本食で健康マネジメント「からだが喜ぶ日本食」をコンセプトに、日本食の機運の高まりがロシア・モスクワ、ウラジオストク、エカテリンブルクなどで見られる。

     昨年7月エカテリンブルクで開催された展示会「イノプロム2017」で…

  • 外食

    先進的な企業努力を進める16社を表彰

    農水省「第26回優良外食産業表彰」大臣賞11社、局長賞5社 先進的企業努力たたえる(2018.03.28)

     農林水産省は20日、第26回優良外食産業表彰式典を東京都千代田区の帝国ホテルで開催し、7部門で農林水産大臣賞を11社、食料産業局長賞を5社が受賞した。食品産業の発展の中で、安全・安心な商品作りはもとより、地元食材の積極活用や、将来を…

  • 酒類

    新商品を手に持つ、最高醸造責任者のマーク・ベリンジャー氏

    サッポロビール、高級ワイン強化 米国産商品を拡充(2018.03.28)

     サッポロビールは高級ワインを強化する。米国産ワイン「ベリンジャー」から4品を5月22日に売り出す。国内ワイン市場の消費が二極化する中、高価格帯の販売を加速させる。

     最高級の「アペラシオン」シリーズ3品と気軽に本格的な味…

  • 飲料

    共同で取り組むルートレック・ネットワークス社が開発したAIシステム「ゼロアグリ」

    サッポロホールディングス、国産レモン安定確保へ AIで試験栽培開始(2018.03.28)

     サッポロホールディングスは国産レモンの生産安定化に向け、情報通信技術(ICT)を活用した試験栽培を今春からスタートする。グループの基幹事業に位置付けるレモンの確保を安定させるとともに、国内栽培の面積と担い手を増やし、将来的なレモン生…