水産練り製品特集

◆水産練り製品特集:反動減も堅調維持 原料高で収益力課題に

水産加工 2021.09.27 12299号 06面

 新型コロナウイルス2年目の秋冬商戦を迎えた水産練り製品業界は、依然として家庭用・業務用の明暗二極化を抱えつつ、家庭用の堅調な需要に支えられて奮闘している。コロナ初年の特需から一巡し、売上げは反動減に見舞われているものの、コロナ前の19年と比較すれば1~8月累計の家庭用市場は約4%増で推移している。強まる健康志向と内食化シフトを背景に、高タンパク・低脂質の練り製品の価値は再認識されている。ただコスト環境は厳しさを増し、収益力の強化という難題に直面。上昇気流に乗り続けるか、各社

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 水産練り製品特集

    水産練り製品特集

    水産加工

     新型コロナウイルス2年目の秋冬商戦を迎えた水産練り製品業界は、依然として家庭用・業務用の明暗二極化を抱えつつ、家庭用の堅調な需要に支えられて奮闘している。コロナ初年の特需から一巡し、売上げは反動減に見舞われているものの […]

    詳細 >