プレミックス特集

プレミックス特集:業務用=奥本製粉 課題解決への提案積極的に

小麦加工 2021.11.26 12329号 09面

 奥本製粉の上期(4~9月)の販売動向は、家庭用プレミックス(数量ベース)が前年を下回って推移する中で、業務用プレミックス(同)が前年を上回って折り返した。業務用プレミックスに関しては、加糖、無糖ともに前年を上回った。一方、家庭用プレミックスは、前年のコロナ禍による巣ごもり需要などの反動で前年実績には及ばなかった。
 下期の戦略として、顧客課題を迅速にとらえた新製品の提案に加え、メニュー提案など課題解決に向けた提案活動を積極的に行っていく。

  • プレミックス特集

    小麦加工

     プレミックス市場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による変化への対応が求められている。新型コロナウイルスの感染が広がった20年3月ごろから、外出自粛による巣ごもり需要などで、家庭用が大きく伸長する半面、業務用は店舗の […]

    詳細 >