プレミックス特集

プレミックス特集:業務用=昭和産業 価値提案で拡大へ コスト削減に貢献

小麦加工 2021.11.26 12329号 09面

 昭和産業の業務用プレミックスの上半期(4~9月)の販売状況は、コロナ禍が続く中で回復基調に向かっている。無糖、加糖とも前年を上回って推移しているためだ。下期については復調の兆しがあったので、引き続き価値提案を図っていくことで、売上げの拡大に取り組んでいく構えだ。
 上半期実績のカテゴリー別で見ると無糖は前年比で1桁半ば程度の増加となった。バッターが同2桁増と最も成長し、続けて、唐揚げ粉、天ぷら粉と続いた。いずれも前年は上回っていることが順調な要因とな

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • プレミックス特集

    小麦加工

     プレミックス市場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による変化への対応が求められている。新型コロナウイルスの感染が広がった20年3月ごろから、外出自粛による巣ごもり需要などで、家庭用が大きく伸長する半面、業務用は店舗の […]

    詳細 >