プレミックス特集

プレミックス特集:業務用=千葉製粉 選択と集中で収益獲得 一般向けには慎重

小麦加工 2021.11.26 12329号 09面
経時変化への対応など品質は高まっている

経時変化への対応など品質は高まっている

 千葉製粉のプレミックスの上半期売上げは20億8100万円(前年比4.9%減)で折り返した。大手顧客の売上げが伸び悩んだことが影響しているものの、一般向け販売は同4%増と伸長した。
 一般向けについては1年ぐらいかけて、顧客開拓に注力を図ってきたことで、販売数量を増やすとともに、収益改善の成果が出てきている。特に市場で伸びてきている移動販売関連での売上げが順調に推移している。また、ベーカリー関連でも売上げを獲得した。
 下期の取

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • プレミックス特集

    小麦加工

     プレミックス市場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による変化への対応が求められている。新型コロナウイルスの感染が広がった20年3月ごろから、外出自粛による巣ごもり需要などで、家庭用が大きく伸長する半面、業務用は店舗の […]

    詳細 >